≪情報や本舗≫≪新電力が安いカラクリは?≫≪低圧電力≫

Images_5

既存の電力会社から新電力に乗り換えるだけで、電気料金が安くなります。新電力に切り替えると言っても、発電・送送電は今まで通り、なんら変わりません!乗り換えても停になったり、増えたりすることはありません、今までと変わりなく電気を使うことができます。さてでは、どんなカラクリがあるのでしょうか?


Images_5_2

新電力の電気料金が安い理由は、ひとつには「総括原価方式」ではないということです、今までの電力会社は、かかった費用を積み重ねて電気料金を決める「総括原価方式」という方法を取っています。

かかったコストはそっくり電力使用者に負担させることが出来ますし、地域独占で守られているため、電気料金が高くなっても顧客を他社に奪われることはありません・・・・。


Images

そんなことで、電力会社の社員の給料が高いというイメージがありますが、厚生労働省の統計によると業種別で最も平均年収が高いのが電力会社を含む「電気・ガス・熱供給・水道業」です・・・ライフラインに関わる業種。人件費一つとっても、今までの電力会社は高コスト体質が染み付いていたとの指摘も・・・・

新電力は違います。品質が全て同じなら、勝負出来るのは価格くらいです。0.01円でも電気料金を安くするために、血の滲むような努力をしてコスト低減に努めているのです。

≪3段階制料金プラン≫

日本の電気料金プランは、使う量に応じて単価が上がっていく「3段階制」を採用していました。たくさん使えばお得になっていきそうですが、実はその逆でたくさん使うと割高になるように設定されています(オイルショックがきっかけ)

3steps

使えば、使うほど高くなる電気料金?・・・・新電力各社はここに注目しています。

 これまで割高だった、3段階制の一番上の料金単価を大きく引き下げることで、使用量の多い家庭の電気料金がこれまでよりお得になるようなプラン設定をしています。元々の料金単価がかなり高く設定されていたので、値下げをするのは難しい話ではありません。

 自由化前の電力各社は、3段階制料金の3段階目で利益の大部分を確保していたと言われています。逆に、1段階目は割安であるため利益はほぼ出ません(もしくは赤字)


その証拠に、新電力各社も1段階目の料金の値下げにはなかなか踏み込めていません。

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪新電力が安いカラクリとは?≫≪高圧電力≫

Images_5_3

厚生労働省の統計によると業種別で最も平均年収が高いのが電力会社を含む「電気・ガス・熱供給・水道業」だと!人件費一つとっても、今までの電力会社は高コスト体質でした。 電力会社と言うと社員の給料が高いというイメージ通りのことが起きていたのですね

さて、規制緩和による新電力の小売販売会社は違います。品質が全て同じなら、勝負出来るのは価格くらいです。0.01円でも電気料金を安くするために、血の滲むような努力をしてコスト低減に努めているのです。

Photo

≪アンビットエナジーはその価格だけにフォーカスして割引電力で他の小売販売業者と一線を画している数少ない会社です≫

新電力のもう一つの価格面でのコスト低減!それは、日本の電気料金プランは、使う量に応じて単価が上がっていく「3段階制」を採用していました。たくさん使えばお得になっていきそうですが、実はその逆でたくさん使うと割高になるように設定されています

それが、既存の電力会社の3段階制料金プランで、オイルショックが、きっかけとなってのことだったようです・・・・新電力の値下げの鍵は、ここら辺りで、新電力各社はここに注目しています。

これまで割高だった、3段階制の一番上の料金単価を大きく引き下げることで、使用量の多い家庭の電気料金がこれまでよりお得になるようなプラン設定をしています。元々の料金単価がかなり高く設定されていたので、値下げをするのは難しい話ではありません。

 自由化前の電力各社は、3段階制料金の3段階目で利益の大部分を確保していたと言われています。逆に、1段階目は割安であるため利益はほぼ出ません(もしくは赤字) その証拠に、新電力各社も1段階目の料金の値下げにはなかなか踏み込めていません。

≪アンビットも一般家庭・店舗・小規模事業の使用量を3段階(バンド1・2・3と)に分けていますが、すべて一律での割引率を適用していますので、一歩も二歩も踏み込んでいますよ!≫

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪アンビット創業当時の節約のお話!≫

Images_9


ZOOM会議で、チョッと寄り道をして、アンビットの創業当時のお話をさせて頂きました、薄利多売の電力販売、節約!節約!の2文字を二人の創業者は今でも徹底して、社員にもこの2文字が行き渡っているというお話!


Images_12


それはスタート時に用意したデスクでパイプの折りたたみの机をお二人はもちろん創業社員にも用意したそうです
今でも新入社員にも同じような折りたたみの机で、嫌がる社員がいたらきれいなビルの事務調度品の整ったオフィスで働ける会社をお探しくださいと、


Images_4


11年たった現在でも折りたたみのデスクを使い続ける創業者のこの信念の貫き続ける姿勢に、おもわずリスペクトです,創業の年の売り上げは1億円、そして7年後には1000倍の売り上げを計上したのに,


今でも当時のビルに社員もオフィスも増えたとはいえ、もともとが、倉庫ビルです・・・なかなかこのようには行きませんよ・・・その折たたみの椅子とすっきり間仕切りのないオフィスをご覧ください・・・大好きですよ!こうした話は


Img2001_orig

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪新電力会社(1.000社)の販売量のランキングサイトでは?≫≪一躍ランキングを跳ね上げると言う突飛なお話!≫

Images_2


昨年4月に始まった規制緩和による電力の自由化で、一番多く新電力への切り替えを果たしたのが、東京ガスで9万軒?と思いもよらない数字だったようですよ


Photo_1

最新の情報によると、東京ガスに切り替えた件数が、現在90万軒!・・・・まだまだ群雄割拠しての関が原の戦いは始まったばかりです!


【ランキングサイト】https://pps-net.org/ppscompany/page/18


新電力ネット1000社ランキングと言うサイトがあります、既存電力会社(東電・関電・中部電・北電・・・・他5社)の電力販売量を足し算してみました⇒現時点での総販売量62.723.037(千KWH)でした!

新電力で参戦の「東京ガス」といえども⇒302.228(千KWH)とよちよち歩きの域です、既存電力会社の数値を、参戦会社が争奪しあうわけですよね、もちろん我がアンビットエナジーも争奪、真っ盛り!


6

ただ「アンビットエナジー」は東京ガスより一年と数ヶ月遅れての参戦です、今時点でも「0」に近いわけです・・・ただしダイレクトセーリングによる販売方式をとっているため、野球で言う規定打席不足のバッター(=アンビット)が突然、首位打者争いに出て来て、注目されるようなもの!

2


ちなみにZOOM会議での発表がありました!プリローンチ終了後のコンサルタント登録が、13.000人でカスタマー登録が16.000人(これは少々もどかしい数ですがね)


当初の5月にZOOMで「アモエドNC」が日本の平均家庭の電力使用量が330kwhと言っていました!そこで掛け算を⇒16.000×330=5.280.000kwh =5.280(千kwh)ですが、東京電力の販売量に比してみてください

46d1959f44dd1f1cef082df308916345


新電力ネットのランキングに当てはめてみました!アンビットのランキング順位は⇒なんと"105"位ではないですか・・・新電力の関が原はこれからなんです


Photo


ちなみに、アンビットは経済産業省の申請認可は「401」番目ですから,ここから押しても新電力ビジネスに手を上げては見たものの,何せ60年近く既存の電力会社が独占的に行なってきた物,その知識も乏しく,当然ノウハウもあまりないことでしょう

アンビットエナジーはアメリカで11年間の実績とノウハウを持っている会社です!・・・新電力で割引した電力を得るのは、あなたですから,その選択は、あなた自身が、お決めになることですから


算数・数学に弱い私のこと。間違っていたら「ごめんなさい!」

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪話題のアンビットエナジー≫≪11年の実績をもって日本に・・・≫


Whyambit


ここに来て急速に全国的に話題騒然となりつつある、電力の規制緩和による電気の小売事業ですが、一足早くアメリカでは開始されていました!日本ではつい昨年⇒2016年4月1日(エイプリルフール)から始まりました

すでに一年経過した現在(2017年5月)自由化による電力の参入会社(数百社)に切り替えた一般家庭はパーセンテージで言うと僅か5.5%だということです

話題になっているのはアメリカの≪アンビット・エナジー≫という会社が10年前(2006年)に自由化とともに一般ユーザーが参入できる方法で参入して、一年目にして1億ドル(日本円にして100億円)の売り上げを計上したのです!その最初の年にこのビジネスをとらえて、お仕事を始め、現在計り知れない収入を得ている本人のビデオコメントです

Photoお問い合わせ】⇒ 【コチラ】

9233_n

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«≪情報や本舗≫≪アンビットエナジー社が日本に進出≫≪財経新聞に掲載の記事≫