≪情報や本舗≫≪アンビットエナジー社が日本に進出≫≪財経新聞に掲載の記事≫

6

世界最大のエネルギー供給サービスのダイレクト・セリング会社であり、米国で有数のエネルギー小売企業であるアンビット・エナジー社は、今日、日本進出としてアンビット・エナジー・ジャパン合同会社を正式にオープンさせました。

現在、北海道電力、東北電力、東京電力、中部電力、北陸電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力の9社が電力を供給する地域にお住まいの一般家庭または小規模事業者は、アンビット・エナジー・ジャパンのサービスに申し込むことができます。

Images_21

日本はアンビット・エナジーにとって初めての海外進出です。2006年にジェリー・トンプソン・ジュニア氏とクリス・チャンブレス氏が共同で創業したアンビット・エナジーは、アメリカで16の州とワシントンD.C.の電力自由市場で電気と天然ガスを供給しています。同社は全米で120万以上の顧客を抱え、2016年には12憶ドルを超える年商を記録しました。

共同創業者兼CEOのジェリー・トンプソン・ジュニア氏は、「日本への進出は、アンビットにとってこれまでにない成長の機会(オポチュニティ)だ。サービス品質の高い電気を数百万人の新しいお客さまに、魅力的な価格で提供できることに、とても興奮している」と述べました。


Images_27

【左側の人物がクリス・チャンブレス氏】【右側の人物がジェリー・トンプソン・ジュニア氏】

もう1人の共同創業者で、アンビット・エナジー・ジャパンのCMOでもあるクリス・チャンブレス氏は、「10年前にアンビットを立ち上げたとき、米国屈指のエネルギー小売企業として高い評価を受けることを決意した。今、日本で同じ決意を持ってお客さまに優れたサービスをお届けするために全力を尽くしたい」と述べました。

Photo

日本の電力市場は2016年4月1日に自由化され、同社にとって約7.8兆円以上の可能性があります。この自由化により、価格競争が起き、消費者により安い料金を提供できるようになりました。

Photo_3

アンビット・エナジー・ジャパンにご興味のある方は、同社のホームページ(AmbitEnergy.co.jp)をご覧ください。

Whyambit_2

【アンビット・エナジーとは 】


Sparky

アンビット・エナジーは全米および現在は日本で、電力が自由化された市場で電気と天然ガスを供給しています。ダイレクト・セリング企業として40万人を超える独立コンサルタントを抱えています。

同社が2006年に設立された時の目標はただ1つ、米国屈指のエネルギー小売企業として高い評価を受けることでした。そのために設立したカスタマーケアセンターは、受賞歴もあります。また、エネルギーパートナー、コンサルタント、そしてお客さまとも非常に良好な関係を築いています。

Images_23

アンビットの戦略は功を奏しています。「Inc.」誌では6年連続、最も急成長している企業として紹介され、2010年には第1位に輝きました。年商は12憶ドル、120万人以上のお客さまにご満足いただいているアンビットは、


「Direct Selling News」のランキング調査では4年連続世界最大のエネルギーのダイレクト・セリング企業に選出されています。

Imagesaaa_2

アンビット・エナジーの詳しい情報については、 アンビット・エナジー・ジャパン:AmbitEnergy.co.jp 下記にお問い合わせください。AmbitEnergy.co.jp

【ニュースソース】プレスリリース発表元企業:Ambit Energy・・・・プレスリリース情報提供元:ビジネスワイヤ


2011041810412704

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪アンビット登録方法≫≪You-Tubeで説明≫


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪偶然と言う名のもとに発見された偉業!≫

グリシンというアミノ酸をたまたま飲んで寝た社員がいたが、これを飲んだときに偶然にもぐっすり眠れることがわかった

1

 アレクサンダー・フレミングによる世界初の抗生物質であるペニシリンの発見は、偶然の産物であったといわれている。細菌を培養したシャーレを冷蔵庫にしまい忘れたために、カビが発生してしまった。

Images_13

そのとき、細菌のコロニーがカビの周囲だけ生育が阻止されていることを見つけ出した。これによってカビに抗菌作用があることが偶然発見され、そこから抗生物質が作られて世界中の人命を救ったのである。


 島津製作所の田中耕一氏は、たまたま間違えて配合した物質を捨てるのがもったいなくて、それを実験に使用した。それで出てきた一見平凡に見えるデータをさらにしつこく分析した結果として、偶然にもたんぱく質を解析する手法を発見。これがノーベル賞につながったそうだ。


Images_19

 また、ニュートンは林檎が木から落ちるのを偶然見ていて万有引力を発見したという説もある。

しかし私は偶然が発生することが世界の大発見になっていると素直に考えていない。例えば細菌の実験をしていて培養地にカビが生えてしまった人は、本当にフレミングが最初だったのだろうか。おそらくフレミングの前にも同じ失敗をした人はいただろう。

また凡人ならば間違えた配合物質で実験などしないだろうし、そのデータを詳しく分析などもしないであろう。少なくとも木の実が偶然地面に落ちる瞬間を世界で一番最初に見た人は、ニュートンではなかったはずである。

Images_6

 私はこう考える。偶然が発生したことが世界の大発見になったのではなくて、偶然が発生したことに気がつく人がいたことが世界の大発見につながったのだと。そしてその偶然に気がつく能力があるかどうかこそが、ノーベル賞をとるような才人と凡人を分けていると。

凡人は同じ偶然が発生していてもその重大さに気がつくことができない。林檎農家はニュートンより早くまたその何倍も自然落下する林檎を見ていたことであろう。でも一番最初に引力の存在に気がついたのはニュートンなのである。 

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪小林真央!みまかる≫≪市川海老蔵の最愛の妻!最良の連れ添い!≫

Images_14

私にとって、夏目雅子!大原麗子以来の寂寞感がここ数日、こころに突き刺さる・・・とても残念で仕方がない、ガンとの闘病に奇跡が起こるようにと念じていた多くの人たちの願いもむなしくみまかれてしまった!

昨年、イギリスのBBCニュースで「世界中に、影響力を持ち、人の心を動かす女性」の1人に!それも日本人として初めて選ばれた麻央さんでした

3

そしてそのBBCニュースに彼女が寄稿した手記は、英訳までされ、世界中の人々の目に触れ、耳に聞こえ多くの人々の感銘を誘い、特に同じ病におかされ闘っている人に力と勇気と生きる信念を与えたことでしょう

≪その手記≫

Images_15


人の死は、病気であるかにかかわらず、いつ訪れるか分かりません。

例えば、私が今死んだら、人はどう思うでしょうか。

「まだ34歳の若さで、可哀想に」「小さな子供を残して、可哀想に」でしょうか??

私は、そんなふうには思われたくありません。

なぜなら、病気になったことが、私の人生を代表する出来事ではないからです。

私の人生は、夢を叶え、時に苦しみもがき、愛する人に出会い、2人の宝物を授かり、
家族に愛され、愛した、色どり豊かな人生だからです。


                  (BBCニュースより)
5

市川海老蔵さんは、報道番組のシリーズ「私の座右の書」で”成功の実現”をモットーとすると挙げられていました、この中に「・・・たとえ病になっても心まで病ますまい!・・・たとえ運命に非なるものがあってもこころまで悩ますまい・・・」

きっと、二人だけの夫婦の会話の中に、出てきたことであろうと推察するばかりなのでありますが、手記での「病気になったことが、私の人生を代表する出来事ではないから・・・」と述べられています、いつも前向きで、気丈に振舞っていた麻央さん!でしたよね


Images_16

海老蔵さんに最後にこころから振り絞って伝えた言葉が死をむかえた言葉にしては、あの海老蔵さんからは思いも寄らない号泣会見を察すると、二人のいちファンとしても胸がつまされる・・・・

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪空飛ぶ車ーAero Mobil(エアロモービル)≫≪2020年に向け!予約販売開始≫≪その価格@180.000.000≫

Images_11

4月のニュースだったので、エイプリルフールの世界中を驚かせ騙しの人騒がせ騒動かと思いきや事実の話でしたよ・・・

【先ずはこの動画を!】

誰しもが一度は考える”運転中のくるまが、いきなり飛行機に変身して空を飛ぶ!渋滞に巻き込まれたとき、空で求んでいけたら間に合うのに…と思ったことがありませんか?

”そんな車がなんと発売になる、それも2020東京オリンピックの年に向け?数年のうちに量産体制を計画しての、先行予約を開始した


Images_12

ダブル0セブンの映画の中なら納得できるこの事も、急に開発されての発売ではない、今回発売を広告したスロバキアのエアロモービル者はすでに何度か空とぶ自動車の開発での途中経過を発表しているのだ

1990年ースロバキアでAero Mobil(エアロモービル)社創立
1993年ー初のプロトタイプの空飛ぶ車Aero Mobil1.0を完成(主翼を折り畳み式に改良)
2014年ーAero Mobil3.0では、初のテスト飛行に成功!

Images_6

2人乗りで、機体後部のプロペラを回転させて飛行、地上では翼をたたみ、電気モーターで走行する

ここまで書き込みしていたら、むかしむかし、その昔、小学生向けの月刊誌に未来の夢と題して空とぶ車の画像pページを切り抜いてどこぞのファイルに残っているような紀がして只今創作中である・・・見つかったらアップしましょう


Money100_bills


最初は最多で500機/台が生産され、売り出し価格は、1200万~1500万ユーロ(1億4000万~1億8000万円)だそうです・・・アラブの王様とかゴルフの調子はかなり後退のタイガーウッズ(今でも年収50億円!)なら即決でしょうが、


【自動車としての性能】
航続距離:700km、最高速度:160km/h・・・700キロというのは東京から岡山の距離とか

【飛行機としての性能】
飛行距離750km、巡航速度は259km/h

【燃料タンク容量】
90リットル

【有効搭載重量】
240kg(乗員と荷物の他、燃料やオイルなどを含む)

【離陸に必要な滑走距離】
397m、高度50ft(30m)までは595mの距離が必要で最大離陸重量は960kg

Images_8

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«≪情報や本舗≫≪5月24日プレローンチの最新情報≫≪正式オープンは7月23日≫≪その前の事前登録トレーニング?≫