≪情報や本舗≫≪仮想通貨・・ビットコイン≫≪現代貨幣論≫)

3

「現代貨幣論」の著者””金子邦彦””明大教授から出版前のこの本が送られてきた。早速にも読み始めたといっても経済音痴の私ゆえ、タイトルは「現代貨幣論」!副題にこうある・・・電子マネーや仮想通貨葉貨幣よべるか・・・仮想通貨は興味を惹く、よく分かっていない人々から電話でSNSでお誘いがあるからだ


Photo≪追記≫・・・出版されて間もない昨日、仮想通過(代表的なビットコイン)の取引所がハッキングされて580億という破格な数字の額の仮想通貨が流出というビックリなニュース!が、仮想通貨をガッチリと把握している人間に乏しいなかの仰天ニュースだったかも?

金子邦彦くんにお礼の電話と音痴ゆえ全部は読めないかも?とおことわりを入れたところ、最終章?で書いているから”うしろ”読むのも読書の一手?と

仮想通貨はあとの楽しみ(函館の同窓会で当時幹事役の清水幸雄くんの企画で、ゲスト講演で金子くんの「誰にも分かる経済論」だったかな?彼は難しい話をとても分かりやすくお話する・・・分かったような気になるから不思議)

Images_2

【そのはしがきの冒頭はこう始まる】・・・・以下に

かつて、約半世紀頃までは、経済系学部(経済学部・政治経済学部・商学部)のカリキュラムには「金融論』と並んで「貨幣論」がおおむね設置されていた、

貨幣論は貨幣をどのように理解し、取り扱うかを解明すために、貨幣とは何かに始まり、貨幣の存在理由・有用性を問い、貨幣生産・交換経済が物々交換経済より優れた経済システムであるための理論的必然性を明らかにしようとする、

4

金融が貨幣の貸借【売買)であることから容易に理解されるように、貨幣をどのように理解し、取り扱うかを解明するために、貨幣論は金融論の根幹をなすものであり、金融論にとって貨幣論にとって貨幣論は必要不可欠である、

現代社会においても、貨幣は必須のよういんであるといえよう

しかし今日では・・・・・・・はしがきの続き&本論は下記の要領にて

とさらにお読みになる方は15日に書店にて発売開始とのことですから・・・金子くん!難しくも、易しくも、書ける!話せる!と、もともと才覚をお持ちのようで、話し言葉で書かれているので、分かりやすい言葉で話されている(書かれている)

Images_6

著者は明治大学で昨年「 貨幣と金融の基本を学ぶ」というお題目で明治大学リバティアカデミーなる生涯学習塾も開催していた

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪ペイージー(Pay easy)≫≪支払い方法≫≪画像で解説≫

Photo_5Images_8

口座振替を選択した場合、最初の1・2回は銀行との手続きが間に合わない場合があります。そこで近年公共料金などのお支払いに「Pay easy(ペイジー)」というATM対応の手数料なしのお支払い方法があります


Images_12_2
≪ここでは公共料金”電気料金を自由化によって「アンビットエナジージャパン」という会社から届く「請求書件電気使用料のお知らせ」に限って解説しています・・・お支払い方法は請求書がペイジー対応なら同じですよ

Payeasy1800x480


手続きが間に合うまでは、「お知らせが届いたら、金融機関に出向いて支払う必要があります。ATM対応支払いですのでATMにペイジーのロゴが表示してあります

Images_10


支払い可能な金融機関は、Pay easyのホームページで簡単に調べることができる。それも面倒なら郵便局へ。郵便局のATMならトップ画面でPay easy支払いを選択できる

2


アンビットエナジージャパンの請求書の下部にATMでの支払い手順についての記載がありますので、まずは

① ATMのメニュー画面で「ペイジー」を選択、タッチしてください(メニューの名称についてはATMの機械によって若干違いも!)

次の画面が出てきたら・・・払い込み情報で「手入力を選択して②に進んでください

Images_12

2、赤枠内に書かれている番号(収納機関番号、お客様番号、確認番号)の3つを順番に入力してください。

Photo_4

③ 内容を確認し、払込方法として現金を選択してください。④ 現金を投入し、明細票をお受け取りください。

P_20171025_130652_vhdr_on800x450

⑤電話番号入力画面が出てきますので入力してください・・・これが最後です

Photo_2

お疲れ様でした!


42431_18

Photo_32月1日からコンビニでのお支払いが可能になるようですが、コンビニは必ず手数料がかかります!せっかく電気代をお安くしたのですから、手数料なしのペイジーになれることも節約ではないでしょうか?


1

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪老後の試算≫≪郵貯銀行≫≪フィナンシャルプランナー≫

Images_1

総務省が65歳以上の高齢者の推計人口を公表しました。推計で、3514万人となり、総人口に占める割合が27.7%と、初めて200万人を超たそうです。数年前から郵便局などには長寿時代に備えての準備は出来ていますか?とリーフレットなどが・・・


大手保険会社もSNSで100歳まで生きたとしたら?今の収入で足りますかと、各社のフィナンシャルプランナーが試算を公開している

100


100歳までの寿命は、分からずとはいえ、65歳を超えてからの生活費用はどのくらいかかるのか?・・・総務省の2016年「家計調査報告によると、高齢夫婦の平均生活費は月額267,546円(税金等含む)です

Images_3

ほかに夫婦で「ゆとりある生活」を送る上で日常の生活費以外に月額12.8万円が必要では?と考えられていますよ


ではでは,老後資金の不足分はいくらかを・・・総務省の調査によると、無職(収入が公的年金)の高齢夫婦の平均収入は、月額212,835円となっています(郵貯のリーフレットでも22万円となっていました)

Images_2

平均生活費から差し引くと、毎月54,711円の赤字ということに、これもアンケートなどで、この差額どう埋め合わせますかの問いに60%前後の人が⇒貯蓄を取り崩しての生活ということが分かったそうです

Httpsimgixproxyn8sjpcontentpic20180
フィナンシャルプランナーの試算によると・・・仮に、65歳でリタイアして90歳まで生活を送るとすると、約1641万円準備しておかなければならない(差額での「赤字分」=54,711円×12か月×25年)、「ゆとりある生活」を送るには、単純計算で、さらに、3,840万円(12.8万円×12か月×25年)の上乗せが必要ですよと警鐘でしょうか?

Photo

間違いなく,わずかですが、今の生活のままで収入を毎月増やすことが可能な提案を昨年からお知らせしてきました!この情報や本舗のブログでですよ

毎月の電気代が10%前後お安くなる(電力の自由化による特典)ことでつきの電気代使用量にもよりますが、つきに2・3万円も使う人なら、年間で24.000円から36,000円の収入増と同じことでしょう

同意された方は ⇒ ⇒ ⇒

9233_n

Photo


お問い合わせ】⇒ 【コチラ】

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪道庁赤レンガ≫≪プロジェクトマッピング≫≪北海道150年記念≫≪加森観光主催≫

1_2
D17046137481790

北海道150年を記念して(北海道と命名されて今年で150年目)道庁赤レンガにプロジェクトマッピングが始まった・・・スクリーンとして使うのは道庁赤レンガ庁舎で、国の重要文化財だよ

4

シマふくろう・キタキツネたちが自由気ままに、赤レンガのスクーリーンに飛び、駆け巡っている・・・ファンタスティック!ワンダフル!

シマふくろうはアイヌの神の使いと言われている。そのシマふくろうが誘う大自然のマッピングを15台のプロジェクターが映し出す大自然の醍醐味はその場にいなくとも想像してみて・・・・

D17046135382263

このマッピングを主催したのはつい昨年末に大型リゾート「留寿都リゾートに800億円という大規模投資をしたばかりの「加森観光(株)」の加森公人社長、そして企画・演出・製作を手がけたのは(株)ランドスキップ社だ・・・・

D17046137035191

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪いい部屋でんき≫≪電気切り替えのお客さまは≫≪アンビットがお手伝いします≫

Photo

2


ご存知!「いい部屋ネット」でも電力の自由化から電気の小売販売を2016年から開始していましたが昨年の暮れ2017年にこの新規事業から撤退を決め、「いい部屋でんき」大東建託から「いい部屋ネット」で賃貸をして、さらに電気も切り替えていた顧客全員に対し、別な新電力の会社に切り替えるよう通知書を送付したそうです

そこで、ここ情報や本舗からの提案があります、新電力のことは情報や本舗のブログに多くの書き込みがあります!

1

前置きは後に書き込みしました!すでに電力の小売をするという申請許可が2017年4月25日に経済産業省から認可され、準備を数ヶ月かけ、8月から新電力に切り替えて各家庭・店舗・小規模事業に新電力としての電力の供給(今まで通りのことが起きているだけなんですよ


、あなたがお住まいの大手電力会社から電気の供給はなされます!変わるのは請求が大手電力会社に替わって「アンビットエナジーJAPAN社から、低価格で請求が届く)

Drtrqfjueaagmww
【この請求書は一般家庭に多い「従量電灯B」プラントは違いますので、驚きの割引率になっています】

■日経エネルギーの記事によると「いい部屋でんき」の割引率(低価格)は「5パーセント」となっていました!ここ情報や本舗が関わるアンビット社は、なんと現在3万人近くの顧客のところに届く請求書を見ると「10パーセント前後」の数値が見られます

【こちら10%の請求書はスキャナーして顧客から頂いたままスキャナーして公開予定!】


如何でしょうか?さまざまなサービスで新電力に切り替えを薦めている会社は多くありますが、簡単明瞭、さらに明確に電力の割引だけでお薦めしている極わずかな会社の一つです・・・割引の数値は私が知る限り類を見ません

Images_7

この新電力の販売会社に興味を惹かれましたら


カテゴリーにある記載記事を充分にお読みいただき、ご納得の上、是非是非ご連絡ください・・・新電力のコンシェルジェ

9233_n


Images_15

お問い合わせ】⇒ 【コチラ】


大東建託(大家さん)に言われたから良いものだと切り替えに応じた方も多いことと推察します・・・東証一部で名証一部の大企業ですものね

■こうしたことが起きることも想定して「経済産業省ー資源エネルギー庁がQ&Aでお応えしています


すぐに電気が止まることはありません、新電力の会社と契約が実行されるまで、今まで通り既存の大手電力会社が供給してくれますので、こちらはご安心してください・・・上記のリンク先のQ&Aにはっきり記載があります!ということはお国が保証してくれていることですよね

2016年に電力の自由化にとても興味を持っていたのですが、何せ一般個人のこと選べる新電力と!経済産業省が申請許可を取った会社に電力の小売販売を認めるという画期的な国の指導の下はじまった新電力なんです


5

2017年の3月にアメリカのダイレクトセーリングに詳しい御仁から、すでに10数年前から自由化の始まっているアメリカの電力とガスの販売会社が急遽日本に参入すると言う情報をいち早くつかみ、調べてみると・・・遭遇しました


Images_8_2


【インターネットから電力の切り替えが簡単に出来ます】

こちらのサイトからご自身が求められる情報を入力するだけです・・・郵便番号・住所・氏名・生年月日・連絡がとれる電話・検針票にか請求書に記載の「供給地点特定番号(22桁)・お客様番号が分かればすぐに登録が出来ます

【こちら「お客様になる」】 ←クリックして申し込み!  私のパーソナルウェッブです

お客様の代理人を一人立てることが出来ます≪配偶者または親か子≫・・・トライしてみてください順調に書き込みが出来て最後にフルネームで署名をしなければそれ以上進みません  ※ メルアドも必須ではありません


当ブログのサブ・タイトル「未知との遭遇」です

Images

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«≪情報や本舗≫≪供給地点特定番号≫≪お客様番号≫