« August 28, 2005 - September 3, 2005 | Main | September 25, 2005 - October 1, 2005 »

≪情報や本舗≫≪定期健康診断(健診)は意味がない?≫≪厚生労働省≫≪診断で効果が疑われた≫ 

BPhoto


厚生労働省研究班は会社の定期健康診断(健診)は意味がない!?このほど、一部の健診の項目は根拠が薄いという驚くべき報告をまとめた。健診の24項目のうち、効果があるとされるのは「血圧測定」「飲酒と喫煙に関する問診」だけ。

Aaaaa■厚生科学研究班が一般向けに作成したガイドラインが!・・・(ウィッキペディアより)

【受診すべき健診5項目と対象疾患について解説】

1.喫煙に関する問診(対象疾患:喫煙行為)
2.身長・体重(対象疾患:肥満、その結果として生じる疾患)
3.血中脂質(対象疾患:脂質異常症)
4.血圧(対象疾患:高血圧症、高血圧症に続発する疾患)
5.空腹時血糖・グリコヘモグロビンHbA1c(対象疾患:糖尿病)


Doctors

指導の充実を条件に、「身長、体重の測定」、糖尿病検査の「糖負荷試験」「鬱病(うつびょう)を調べる問診」が有効とされた。このほかには、B型肝炎、C型肝炎の検査が判定保留となった。


Photo_2


これ以外の16項目については、いずれも「勧めるだけの根拠はない」「病気予防や悪化防止の根拠はない」とされ、健診でおなじみの検査(表)はほぼ“無意味”と一刀両断された。

報告書によると、血液検査でGOTとGPT、γGTPの値を調べる肝機能検査で分かるのは、主に飲みすぎなどからくる脂肪肝だが、この大半は放置しても大事には至らない。

Photo_3


それ以上に意味がないと“指弾”されたのが心電図測定。心筋梗塞(こうそく)の予防に役立つという証拠はなく、「要再検査」とされた人も異常がないことがあり、再検査費用が無駄になる場合が多いという。

≪私も数年前、狭心症の疑いありと心電図測定を2回も、その後24時間心電図測定・・・・1週間の検査入院を勧められるも「現在まで何事も無かったということでこの検査はお断り!現在のところ心臓の動きはどこと言って問題は抱えていません!しかし健康でいるjことにチェックはしておかなければ?簡単なチェックサイトを下記に≫

S_data1


◆健康診断で効果が疑われた主な項目◆
一般的な問診    明確な証拠なし
視力検査      勧めるだけの証拠なし
聴力検査      勧めるだけの証拠なし
身体診察      明確な証拠なし
聴診        明確な証拠なし
腹部診察      ほとんど証拠なし
心電図測定     虚血性心疾患の発見には無意味
コレステロール検査 コレステロール低下には役立つが心筋梗塞予防に有効との証拠なし
肝機能検査     実施の意義を再検討すべき
尿検査       糖尿病発見に不適切。腎不全などを防ぐ証拠なし
血球数       有効性を示唆する十分な証拠なし


0507

しかし、気になる健康チェック!ならば自分で健康の管理をしていかなければ、再来年2007年人にはベビーブーマー≪1946年生まれから1964年生まれまでの人々≫世代最先端の定年職を迎える700万人の人々老後の経済と健康を気にかけて還暦を迎えるわけですよね!そこで自分の管理は自分自身で「健康チェック」をそのサイトを→特に生活習慣病!気になる項目を「検索」してください

【糖尿病】

【高血圧】

【高脂血症】

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« August 28, 2005 - September 3, 2005 | Main | September 25, 2005 - October 1, 2005 »