« September 25, 2005 - October 1, 2005 | Main | October 23, 2005 - October 29, 2005 »

≪情報や本舗≫≪約5000万人の命を奪ったインフルエンザ≫≪その正体がついに・・・≫

Baner_2


Nature 10月6日特集号≫の記事です、 1918年に約5000万人の命を奪ったインフルエンザは実はその原因がトリインフルエンザ!だったということです

cover20030206

今後もこうしたウィルスが蔓延したときにまた感染菌を使ってのテロ行動が起きたときの対策をどうするか?無いとは云えない話しですね!この時期、いつもの如く道路工事が目立ちますが、その工事の立て看板に「テロに気をつけましょう・・・」の文字が!

Ages

1918年に大流行したインフルエンザの犠牲者の遺体標品から単離された1918年ウイルスの完全なタンパク質コード配列を組み立てる作業を1995年に開始して、この程最後の3つの遺伝子について塩基配列が解読され1995年に開始した研究が、このほど終了したという事!

H5n1_2

それによると、このウイルスは当時のヒトにとってまったく新しい要素をもっており、そのために非常に毒性が強くなったらしく、1918年ウイルスも、現在極東地域で広がりつつあるH5N1トリ・インフルエンザウイルス株に見られるのと同じ変異をいくつか持つウイルスで、すでにヒトに適応したウイルス株とあらかじめ組換えを起こさなくても、重い感染を引き起こせる可能性があることがわかった・・・・・・

【続けて読む!】http://www.natureasia.com/japan/focus/1918flu/index.php
1918flu

≪やはり免疫の低下からの感染を防ぐためには免疫を高めることが必須!しっかりとした三大栄養素を摂って、身体にとって不足しているものを補わなければ!・・・・補うから補助食品というのですから・・・・・最近話題の糖質栄養素―「糖鎖」の働きを活性する栄養素―アメリカニューヨーク「テロ」のあとに炭素菌のばら撒き封書テロ?が続きましたが、その時に糖質栄養素の免疫性の効力で、ある会社の医学博士がアメリカの国会での公聴会に呼ばれて、コメントを求められたそうです≫

Photo_16

「…人間の体は、それを構成している一つ一つの細胞が正常なバランスを取っていれば病気にならない。また、細胞を正常に働けるようにしてやれば、病気は治る。 細胞に栄養を与えることが、これからの新しい医学である。」

「…病気を治す根本は薬ではなく、体の持っている本来の修復能力である。それを のに最も大切なものは、食べ物に含まれる栄養素である…」


                                    

Earthtram1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪音楽好きの方!≫≪映画ファン≫≪「ブラビ」の好きな方は≫

banner_logo


昨年「ライブエイド」―20数年前あの「ウィアーザw―ルド・・♪・・♪」のコンサートのDVDが発売され将にあっという間に「売り切れご免」状態だった訳ですが

このコンサートを「ライブエイド」を製作総指揮したことで知られている、アップリンガー氏は今回HIVエイズの孤児たちに質の良い栄養素を摂ってもらう事で罹病した子供らの質の向上を高めると言うことで・・・当時は世界の恵まれない栄養不足で困窮している子供達の質を高めるということで、130カ国の億という単位の人々がキャンペーンに賛同をしたお話しを思い出していただけましたか?

今回は20数年経った現在、HIV/エイズに罹病した人の子供らを救いましょうとハルアップリンガー氏がエイズの子供達の質を高めようと企画立案したものです
今回は名づけて"One Day, One World." ーある日、一つの世界に!―とグローバルなロックグループの「U2」を筆頭に多くのミュージシアンが集まり一大イベントを開催します

≪このプログラムに、あの「ブラビ・・ブラッドピッド」がパートナー参加しています≫
b0006d

糖質栄養素の開発供給会社の会長である「サム・キャスター夫妻」が数年前に私財を投じてマナリリーフという慈善団体会社を創設して世界中の困窮している子供達に糖質栄養素を摂ってもらって、質の改善をという趣旨で難民を抱えている
ルーマニアの子供達が,最近ではアフリカのウガンダ共和国のHIV/エイズの子供らに供与した糖鎖の栄養素が多くの罹病した子供らが元気を取り戻しまた質の向上を計れたことで、今年ウガンダの<(this.href, '_blank', 'width=180,height=192,scrollbars=no,resizable=no,toolbar=no,directories=no,location=no,menubar=no,status=no,left=0,top=0'); return false">180px-Bill-Clinton-with-Nelson-Mandela

耳慣れない「糖鎖」「糖質栄養素」「糖鎖構築栄養素」「糖鎖構造栄養素」は21世紀の将に新栄養素になりうる実証ではないかと?

                             情報や本舗
以下訳文の要約です
―――――――――
マナリリーフのプログラム

インド・イギリス・アフリカ・ロシア・中国およびアメリカでの6つのコンサートを通じてHIV/エイズキャンペーンでの世界に注意勧告&エイズ孤児を救う資金の喚起をと、まずはインド10月2日の予定≪今日ではないですか!MORY≫―ムンバイと言うところで幕開け?

10月15日にはアメリカ・カリフォルニアのロスのロサンジェルス・コロシアムでいよいよ始まります

マナリリーフ社はこのプログラムに「1,000人の天使?」とパートナーシップを組んでいます、この中には「ネルソンマンデラ」「ノール(Queen Noor)女王」ブラッドピット≪あの「ブラピ」!ーMORY≫・リチャード・ブランソン卿・そしてジョン・ポールデジャリア氏と他にもこのプログラムには「ポールミッチェル財団」のマインシーカーズ氏・ディーバック・チョープラ財団、そして数人の国連大使もパートナーシップを組んでいます
――――――――――――――
「ライブエイド」は20数年前あの「ウィアーザw―ルド・・♪・・♪」のコンサートの事でその仕掛け人の「ハルアップリンガー」氏が多くの世界中のいまやHIV/エイズで孤児になっている子供たちの心&健康の質を高めるために一昨年マナテック社を訪れて、糖質栄養素が子供たちのために、特にエイズの子らに必要性があるとこのプログラムを通じてイベントが開催されるのです                  以下原文です

Other MannaRelief Programs
In addition to the MannaWalk program, MannaRelief has joined with HalUplinger, executive producer of the well-known LiveAID and SportAIDconcerts, to produce a series of concerts benefiting the Global AIDS
Awareness program and called, "One Day, One World."
A total of six concerts in India, Great Britain, Africa Russia, China andthe United States will be held to raise awareness and funds worldwide forHIV/AIDS causes.The first concert is scheduled for October 2, 2005 at theGate of India in Mumbai, India and the second for October 15, 2005 at theLos Angeles Coliseum in Los Angeles, California, USA.

MannaRelief is partnering in this program with 1,000 Angels, includingNelson Mandela, Queen Noor,
Brad Pitt, Sir Richard Branson and John PaulDeJoria.Other partners include Mineseekers (Paul Mitchell Foundation), theDeepak Chopra Foundation, and several United Nations Ambassadors.
 --        
Δ-Δ   マナリリーフのサイト
(=Θ_Θ=)  http://www.mannarelief.org/mr/html/index.html   
( )ξ
υ υ moridonya http://morrich.cocolog-nifty.com/blog/

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« September 25, 2005 - October 1, 2005 | Main | October 23, 2005 - October 29, 2005 »