« October 2, 2005 - October 8, 2005 | Main | October 30, 2005 - November 5, 2005 »

≪情報や本舗≫≪ネーチャー・ジャパンー10月号≫≪鳥インフルエンザ特集≫≪世界中に蔓延か?≫

Cover_natu


ネーチャー・ジャパンに10月20日号鳥インフルエンザがロシアでも発生 欧州でも流行の恐れが在ると発表されました!つい先日も1918年に約5000万人の命を奪ったインフルエンザは実はその原因がトリインフルエンザ!だったと書き込みをしましたがhttp://www.natureasia.com/japan/focus/1918flu/index.php

0507

今回は日本人が論文を発表しました「鳥インフルエンザのタミフル体制株」を確認したということです!今年2月にベトナム少女が感染した鳥インフルエンザウィルスH5N1株は、抗ウイルス薬オセルタミビル(商品名タミフル)に耐性を示す事が明らかにされた・・・・・

H5n1

おそらくロシアで発生した鳥インフルエンザがEUにも拡大する恐れがあるとし、EU、米国、世界中で感染の拡大を防止する方針を確認し、ワクチン開発など国際的な協調対応を緊急にとられている!そして、すでにヒトに適応したウイルス株とあらかじめ組換えを起こさなくても、重い感染を引き起こせる可能性があるということがわかった・・・・・・

cellcommunicate

≪アメリカニューヨーク「テロ」のあとに炭素菌のばら撒き封書テロ?が続きましたが、その時に「糖鎖の栄養素」(=糖質栄養素)の免疫性の効力で、ある会社の医学博士がアメリカの国会での公聴会に呼ばれて、コメントを求められた事実!があります

8sugars

一昨年マサチュウセッツ工科大学の年次会議でグライコニュートリエントが21世紀を変えうる10大テクノロジーの一つとして選ばれているという事実!、やはり免疫の低下からの感染を防ぐためには免疫を高めることが必須!しっかりとした三大栄養素を摂って、身体にとって不足しているものを補わなければ!


補うから補助食品というのですから・・・・・最近話題の「糖鎖の栄養素」(=糖質栄養素)⇒「糖鎖」の働きを活性するグライコニュートリエントの科学サイトは・・・下記!

Asea_b8


━▼━ 詳しくはこちらからどうぞ ━▼━

Earthtram1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2, 2005 - October 8, 2005 | Main | October 30, 2005 - November 5, 2005 »