« October 23, 2005 - October 29, 2005 | Main | November 6, 2005 - November 12, 2005 »

≪情報や本舗≫≪11月1日号ネーチャー・ジャパン≫≪不足している鳥インフルエンザ治療薬!≫

1s8bdb


今世界の注目度NO1の最新ニュースです!ネーチャーが引き続きの発表、「鳥インフルエンザ」不足している治療薬の力を第二次大戦時に使われた方法で倍増しようと・・・・


050901-cover

以下ネーチャーのメール記事より(11月1日ニュース):鳥インフルエンザ⇒『不足している鳥インフルエンザ治療薬の力を第二次大戦時に使われた方法で倍増』鳥インフルエンザの治療薬タミフルの供給量を実効上2倍にできる方法が見つかったようだ。

それは、タミフルと、タミフルが尿中に排出されるのを妨ぐもう1つ別の薬を一緒に投与すれば、必要なタミフルの量が半分で済むというわけである。

2e52be18


WHOはインフルエンザの世界的大流行を見越して、各国が少なくとも人口の4分の1にあたる投与量を備蓄しておくべきだと考えている。しかし、この薬を生産しているのはスイスの製薬会社ロッシュだけで、過去2年間にロッシュはタミフルの生産能力を4倍に増やしているが、現在の供給量では世界全体の人口のわずか2%をカバーできるだけだと考えられている。

「鳥インフルエンザ」ニュース 無料コンテンツはこちらから! http://www.nature.com/news/2005/051031/full/438006a.html


004

製薬会社「ロッシュ」という会社は凄い会社なのですね!そんな凄い会社に在籍していた方が、長年にわたり「免疫反応」を専門分野として研究されていた「堺晶子講師」の身体の「免疫を高める」ためには私たちは何をするのか?どうすれば良いのか?60兆個の細胞からなる身体の免疫機能のお話しを聴いてきたばかりでした(2006年11月)

Photo【2013年4月4日更新】こちらも最新の注目度NO1のお話しなのです!


理由は「免疫を高める」ために身体は何を?必要としているのか?身体に入り込んできたものが、何が有用で!何が不用か!を見極めるものが「大切」ですよ!その働きの一つが「糖鎖」で、いま一つが「レドックス・シグナリング・モレキュル(反応伝達物質)」=「ASEA」なんですね!

【≪ASEA≫≪インフルエンザ≫≪免疫機能≫≪レドックス・シグナリング分子≫≪ミトコンドリア≫】

Asea_4上記のサイトは ↑  ↑  ↑   2012年5月の書き込みですが「糖鎖」!そして特に「ASEA」!の働きが大切だということが・・・ASEAの科学者たちは、この働きを500%高めてくれるのがASEAだと!


Aseaworks1_2


ROS⇒免疫システムのコミュニケーション!(ウイルスやバクテリアを攻撃)】

RS⇒抗酸化の機能!(フリーラジカルと闘う)】


≪レドックス・シグナリング分子≫とは、細胞内のミトコンドリアで常時作られているもので、からだの免疫機能や自然治癒力にとっては、必須なもの物らしいが、年をとるとともに減っていく?

そこでアメリカのASEA(アセア)という会社が、研究開発に30億円の費用と17年の年月をかけて、人体がもともと持つ、体を修復する分子」(レドックス・シグナリング分子)を外から体に取り入れらるようにと【ASEA(アセア)】なるものが開発されたのです【もっと読む!】

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 23, 2005 - October 29, 2005 | Main | November 6, 2005 - November 12, 2005 »