« July 2006 | Main | September 2006 »

≪「糖鎖」が総理官邸で論議≫≪この事をご存知でしたか?≫≪閣僚に配布の資料あり≫≪本舗≫

                 
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
Main_long
ハイパーリンクしている上の2001年1月31日の”読売新聞”【ガン・アトピー・じん不全・・・発病に関与】を今一度クリックして読まれてください!ポストゲノムといわれている「糖鎖」―細胞の身分証明書―といわれその解明と研究に国家予算27億円を投じて、官民共同開発が進み、「糖鎖」の生体に関わる様々な働きが解析され解明されてきた!
C6c9c7e4bfb7cab91


2006年、今年からは国家予算【文部科学省】が今後10年間、年間100億円の予算を組んで「糖鎖」の働きを新薬の開発に取り組むという国家プロジェクトが開始と!新聞に昨年発表されたのも真新しいニュースでしたが!

Subimg01


ネット検索で偶然にも読売新聞の一年前の2002年の1月30日に”総理大臣官邸”にて「糖鎖」についての案件が小泉純一郎総理大臣をはじめ国家中枢の国務大臣が集合して話し合いが行なわれました!

Photo
【その際に出席大臣に配布された資料が手に入りました】
議事録■とその時の■配布資料■が!
Photo■【糖鎖って・・・】


Photo_16

「…人間の体は、それを構成している一つ一つの細胞が正常なバランスを取っていれば病気にならない。また、細胞を正常に働けるようにしてやれば、病気は治る。 細胞に栄養を与えることが、これからの新しい医学である。」


Fig_1_1s

_news■この図表資料は2006年にネット検索で遭遇!したものですが、2010年になって「成松久」氏がセンター長を努める≪糖鎖医工学研究センター≫のウェッブサイトに公表されていたので更新しました!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
03048162
日頃国会中継とか予算委員会とかでしか見聞きしていない、我々ですが?当時尾身幸次科学技術庁政策担当大臣の議事進行で始まる、この議事録を読んで配布資料を読むと、このブログの冒頭でご紹介の「糖鎖」」が重きをなしてきましたよ!
興味のある方は下記サイトをクリックして読まれて下さい!
Data1


 今すぐクリック!

公開配布資料”資料5”の尾身大臣の進行詳細がPDF!↓  ↓
8d5d8ccbthumbnail2


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪糖鎖の栄養素を摂る≫≪1週間以内に幹細胞の生成が促進≫≪その事で多くの疾患が改善?≫≪本舗≫

Zouki

科学雑誌「ネーチャー」の表紙にある細胞分裂にも、「糖鎖」は細胞のコミュニケーションのスキル!gとして関わっていると・・・もっと分かりやすく言いますと、糖鎖とはいわば「言葉」のようなもので、人体の細胞同士がお互いにさまざまな形(構造)の糖鎖を使ってお話しているんですよ。
Cover_nature1
その「糖鎖」を適正に構築、働かせるためにも「糖質栄養素」「糖鎖構築栄養素」「糖鎖構造栄養素」呼び方はどうあれ現在、生体には必要なのです!なぜなら「糖鎖の栄養素」なのでから


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


5

CBSのキャスター『ダンラーザー』氏が本日キャスターを降板!その最終レポートで幹細胞(胚幹細胞)をラットに使って脊髄損傷が修復されたニュースを流していました
この実験をしたジョンホプキンス大学医学部が発表したのは、「後ろ足の上がらなかったラットの脚の神経が繋がり修復されると,さらに細胞再生もおきたという事!」
(ジョン・ホプキンス病院は、看護、研究、職員教育などのあらゆる面で常に全米で一位に選ばれている)
2003年3月にカリフォルニア大学医学部で行われた実験では脊髄損傷を受けたために、両足を引きずり、しっぽを立てることができなくなったマウスがしっぽをぴんと立て、自分の体を支え、ぎこちないながらも動き回った発表!(映像で見せたようです)
Data1
2002年6月ミネソタ大学幹細胞研究所で注入された幹細胞がマウスの血液や骨髄、脾臓、肺、肝臓、腸の一部になっていることが確認された。
2005年になってはマウス以外にウマの屈腱炎や靭帯損傷、骨折などの治療に、そのウマの脂肪組織から採取した幹細胞を利用して、短期間で回復し、傷跡も残りにくいと発表した


Photo

2003年3月にはヒトの損傷した16才の男子の心臓に幹細胞治療が!4日間にわたり骨髄の幹細胞生産を活性化させる薬剤を投与し、21日、ボンビルくんの血液中から幹細胞を採取した。
2006081104640045jijpsociview001
その幹細胞を、心臓カテーテルを使って、【事実ですよ!写真の公表】心臓の前部に血液を供給する動脈内に移植した(写真)
結果は「興奮を抑えきれない。患者の心臓機能がすでに著しく回復したと判断できるからだ」この治療を行ったのは、ミシガン州ロイヤルオークにあるウィリアム・ボーモント病院のチーム
Jama
2003年2月19日、アメリカ医師会(JAMA)の雑誌に注目に値する記事が掲載されました。ジョンズ・ホプキンス大学医学部では、初めて、ドナー幹細胞が血液脳関門を通って移植者の神経細砲になったことを報告したのです。
このことは神経細胞が人体の中でもっとも高度に発達した細胞であることからとても重要な報告でした。


そして神経細胞は体内の全ての脳や筋肉の機能をコントロールしているのです。この事実は人間の脳を修復して再生したリする可能性に関する革命的な発見なのです。糖鎖栄養素に関する初期の研究によると食事に糖鎖栄養索を加えることによって骨髄での幹細胞の生成を増加させることが出来るのです。

Noimage_01


アメリカ医師会(JAMA)の記事が掲載されるまでは、糖鎖の補完栄養素の研究チームは成人のアルツハイマーやパーキンソン、ハンチントン舞踏病や子供の脳性〈小児〉麻痺、大脳白質萎縮症、ダウン症、自閉症、胎児期アルコール症侯群などが

Images_21
糖鎖栄養素やそのほかの微量栄養素を与えることによって脳の機能の回復することがあることに関して、説明をすることが出来ませんでした。
また、脳梗塞や外傷性障害や神経変性障害の人たちが医師や科学者の判断では回復不能と言われていたにもかかわらず失われた中枢神経系の機能は、回復したり取リ戻したリすることに関する理解できる科学的な説明が出来ませんでした。
Photo_6
糖鎖の補完栄養素が人間の骨髄幹細胞の生成を促すということを理解することによって、なぜこのような前代未聞の脳機能の回復が起きるのかを科学的に理解することが出来るのです。


幹細胞は人間の体が必要とする細胞に進化する能カを持っているのでしょうか、重要で科学的な幹細胞から生成された脳の神経細胞は正しく機能するだろうか?


まだまだ不確実な段階とはいえ、昏睡状態から目覚めた事例は報告されています。脳波検査の結果も糖鎖の補完栄養素をとり始めて、脳のいろいろな不分で顕著な活動の増大が認められています。


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

Photo_16
人間の体60兆個の細胞一つ一つについている糖鎖【昔は10万個!現在は糖質栄養の不足で3~4万個】を適正に働かせる為に必要な「糖鎖]の「栄養素」!この栄養を補完すると
「幹細胞」が白血球5000個から1万個の一マイクロリットル中に400から500増えたと推定発表されたというインターネット検索情報に観られました


≪微量栄養秦の健康回復に役立つ可能性については想像の域を超えているのです≫

004_2

そしてこの胚芽細胞の注入はわずかで良いと言う発表でした、どこやらの売名症候群?に罹病した?「黄教授」が発表したお話とは『雲泥の・・・・何とやら」ですね!


今日のニュースなので、検索して内容の詳細と・・・見つかりませんでしたが新聞を各紙検索すれば見つかるのでは!

Aaigtrmages_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2006 | Main | September 2006 »