« November 2006 | Main | January 2007 »

≪病気リスク、血液型で差!≫≪血液型は糖鎖で違う?≫≪すい臓がん・血栓症・潰瘍性大腸炎・感染症・ノロウイルスなどへの抵抗力≫≪本舗≫

_news333_2厚生労働省が「ノロウイルス」の「Q&A」を公開!⇒【コチラ!】


Bdoctors

                                  


長崎大学大学院病態分子疫学「中込 治」教授の【ノロウィルス感染症と血液型】をリンク

180pxnorwalk
メディアで毎日報道されているノロウイルスは汚染された手や食品を介して人体に入り、下痢、吐き気、嘔吐などをきたすRNA型ウイルスだそうです!
認知症(痴呆症)の患者が、自分の排泄物を手で触れたあと、歩行時にドアや廊下の手すりを触り、同じ場所を触った他の患者に感染…などという事例もあるそうです!
004

命に関わるほど重症化することも少ないため、マスメディアの注目を集めることは稀であったのですが?最近の研究によると、ノロウイルスによる急性胃腸炎の感受性(やられ易さ)には個人差があり、血液型が重要な因子らしいということです。
Img_04

血液型は「糖鎖」で決まっているのですが!ABO式と呼ばれる血液型物質は「糖のつながったもの」でできています。このときO型の糖鎖が基本形となりそれに8つのうちのある「糖鎖」がくっついたものがA型糖鎖。A型とは違う別な「糖鎖」がくっついたものがB型糖鎖となるのです。
Istock_000000380962_l2150x150


また最近分かってきたことですが、血液型によってノロウィルスにかかるかどうかは違うのだということです!30以上あるうちのいくつかのタイプは、AとO型に感染しやすく、あるタイプはAとBとOどれにも感染しやすいということで、こういうひとはノロウィルスに感染しにくいらしい。

日本人の15%がこのタイプで、「ノロウィルスにかかったことがない」というひとはもしかしたらこれに当てはまるのかもしれない。
Photo_5


「カキにあたる人とあたらない人がいるのは血液型が関係している?」というものです。カキにあたるのは「ノロウィルス」が原因で、このノロウィルスは血液型物質【糖鎖】を足がかりとして発症するのだそう。

Photo_2

そして、ノロウィルスはその種類によって足がかりとして利用する血液型物質【糖鎖】と利用しないものがあるのだとか。というわけで、「同じカキを食べたのにあたる人とあたらない人がいるのは血液型に関連が??」ということなのです。


Osk200612150103

ノロウイルスに限らず、多くのウイルスはヒトなどの細胞に付着、付着する際、細胞表面の【糖鎖】を足がかりにして侵入し、その内部で自らの遺伝子を増やす【ノロウイルスは感染力が強く
健常成人でもわずか10個のウイルス粒子で症状を起こし得る】細胞に付着するにはそれ相応の「とっかかりとなる足場」が必要である。
Aaaaaages

ロッククライミングをする際に、岩の出っ張りがポイントになるのと似ている。好みの足場がロッククライマーによって違うように、ウイルスによって好みの糖鎖抗原が異なるという訳みたいです


対策の基本は、手洗いと、適切な糞便の処理、さらに接触場所の消毒を中心とした接触感染予防策です!

(一部三菱化学メディエンスのコラムより引用)


糖鎖には自己と非自己の区別をする働きがあり、糖鎖の働きが正常であれば免疫機能が生体防御システムでバクテリア・ウィルス等を攻撃してくれるからです

Aaaaimg_05_2


Aaigtrmages

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪いのちの鎖≫≪世界的な臨床医が本を出版!≫≪本舗≫

Barner


Inochinokusari_1「糖鎖」「糖質栄養素」についての解りやすく書かれている「いのちの鎖」【細胞間のコミュニケーションをコントロールする糖鎖と糖質栄養素のはたらきを、世界的な臨床医が解説】


糖鎖は細胞の「言葉」 もっと分かりやすく言いますと、糖鎖とはいわば「言葉」のようなもので、人体の細胞同士がお互いにさまざまな形(構造)の糖鎖を使ってお話しているんですよ。

その「糖鎖」を適正に構築、働かせるためにも「糖質栄養素」「糖鎖構築栄養素」「糖鎖構造栄養素」呼び方はどうあれ現在、生体には必要なのです!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


Photo_16
「…人間の体は、それを構成している一つ一つの細胞が正常なバランスを取っていれば病気にならない。また、細胞を正常に働けるようにしてやれば、病気は治る。 細胞に栄養を与えることが、これからの新しい医学である。」

「…病気を治す根本は薬ではなく、体の持っている本来の修復能力である。それを のに最も大切なものは、食べ物に含まれる栄養素である…」


                 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


この本が糖質栄養素の?に答えます。糖鎖と糖質栄養素それは細胞間の情報伝達を正しく滞りなく行いながら生命再生のカギを握る無類の栄養素。この本であなたの体に革命が起こる!


過酷な食の現実=失われた栄養素!これまでどうしても解けなかった健康というパズルを解く最後の暗号解明に世界的な臨床医ドクター・ニュージェントが専門家でもない方でも理解できるよう、わかりやすく解説しています!


Cmnnugent2


目次

第1章 食物の栄養素を育てる土壌が枯れてしまった
第2章 いのちの鎖―生命の暗号としての糖鎖と細胞
第3章 ガンに勝つためにも糖質栄養素は欠かせない
第4章 博士の提言―糖質栄養補助食品をどう摂るか
最後にニュージェント博士が「私たちが住むこの世界は、あらゆる面で高密度になり、体に押し寄せるストレスは年々重く、かつ悪化しています!私たちはその攻撃に手をこまねいていてはいけません。体が自らに備わっている仕事をこなすために欠かせないものを常に摂りいれていなければ、あなたがやっとの思いで獲得した”最良の健康”を失ってしまうことになります!【欠かせないものが何かをこの本は・・・!】004

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2006 | Main | January 2007 »