« June 25, 2006 - July 1, 2006 | Main | July 23, 2006 - July 29, 2006 »

≪情報や本舗≫≪わずか3セント(約3円50銭)≫≪エイズ孤児を救えるなら!≫・・・パートⅡ

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
A3sennto

Side_ttl_3お問い合わせ・資料請求】⇒ 【コチラ】

                   □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


子ども1人に必要な費用は1日わずか3セント(約3円50銭)なのに・・・・と

39455

昨年誰しも知っているシャローンストーン【女優】さんが世界経済フォーラムの年次総会「ダボス会議」の会議場で、傍聴席から立ち上がり、壇上で政府開発の増額を訴えていたタンザニアのムカパ大統領と聴衆にこう呼び掛けた。

3syaroaklsahf9vn
Sharon_stones

                                                                  「シャロン・ストーンと申します。この場でムカパ大統領に1万ドル(約103万円)寄付します!私に賛同する人は立ってください」司会者に制止されても、「今日寄付をしてくださる人が必要です。今日から子供達を死なせない為に。他に今日寄付をしてくださる方、この場でご起立下さい」!!

_100_bills112x180

そう訴え続けました、1人たち、5人立ち10人立ち・・・・5分足らずの間に呼び掛けに応じ、多くの人々がスタンディングをして、100万ドル(約1億300万円)が集まった のです!寄付金はエイズ拡大防止のためのグローバル基金に拠出されることに!

Photoよく話題提供してくれる「シャロン・ストーン」ですが51歳になってヌードのご披露です≪1992年の官能的なスリラー「氷の微笑」では、それはそれは眩しすぎる身体を!≫今回は動画ではないとはいえ、「お見事!」・・・・その奇跡とも言えるヌードは

Aronstonenudo

Newslogo

Fox newsによると、フランスのファッション雑誌「PARIS MATCH」の最新号で、女優シャロン・ストーンが表紙と巻頭インタビュー特集の中で、ヌードを披露している!51歳で3児の母親の身体と信じられます!

その他の大胆ポーズはこちらから⇒【コチラ】 

今年51歳になった彼女は、自分のボディにこれ以上ない自信を持っているようで、同時に年齢をまったく気にしていない様子だ。「私は今51歳だけど、だからなんなのよ? もし、誰かがこれらの写真を見てショックを受けたというなら、それはその人の年齢というものに対する考え方の反映にすぎないわ・・・・・・・」

  ≪この書き込みはボランティア活動とは、まったく無縁!≫


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

つい最近のビッグニュース、マイクロソフト会長のビルゲイツ氏も世界の子供を救うための子供財団を設立!その後すぐに、追いかけニュースで投資家として有名で世界で2番目の資産家ウォレンバフェット氏が自身で財団を設立せずにゲイツ氏の財団に、なんと資産のうちの370億ドル(4兆3000億円)の大半の300億ドルを贈与・譲渡したと云う(バフェト氏の子供たちの財団には無し?)
Im20060627as2m2700r2706200613

テキサスのコッフェルという所に、非営利ボランティア団体「マナリリーフ」を運営し、発展途上国の後援をしている会社があります!世界中の孤児やHIV感染の子供達に糖鎖の栄養素を無償で 提供しているのです。

Photo■【この活動の最新動画

Photo_5

この耳慣れない「糖鎖の栄養素」とは、革新的な科学技術を利用して、これまでに誰も想像しなかった特殊な栄養補助食品(世界各国で特許取得済み)を開発しています。マナリリーフの『糖鎖の補完栄養素』は、科学者や医療・健康の専門家の間でもまだ一般には知られていないほどのまったく新しい栄養素です。アフリカの一 部の国では、「糖鎖」がエイズ孤児の子供たちの質を高めることで、このマナリリーフの活動 が国家プロジェクトとなっているそうです!

Aaigtrmages_3

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 25, 2006 - July 1, 2006 | Main | July 23, 2006 - July 29, 2006 »