« August 13, 2006 - August 19, 2006 | Main | September 3, 2006 - September 9, 2006 »

≪情報や本舗≫≪「糖鎖」が総理官邸で論議≫≪この事をご存知でしたか?≫≪閣僚に配布の資料あり≫

                 
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Main_long

ハイパーリンクしている上の2001年1月31日の”読売新聞”【ガン・アトピー・じん不全・・・発病に関与】を今一度クリックして読まれてください!ポストゲノムといわれている「糖鎖」―細胞の身分証明書―といわれその解明と研究に国家予算27億円を投じて、官民共同開発が進み、「糖鎖」の生体に関わる様々な働きが解析され解明されてきた!

C6c9c7e4bfb7cab91


2006年、今年からは国家予算【文部科学省】が今後10年間、年間100億円の予算を組んで「糖鎖」の働きを新薬の開発に取り組むという国家プロジェクトが開始と!新聞に昨年発表されたのも真新しいニュースでしたが!

Subimg01


ネット検索で偶然にも読売新聞の一年前の2002年の1月30日に”総理大臣官邸”にて「糖鎖」についての案件が小泉純一郎総理大臣をはじめ国家中枢の国務大臣が集合して話し合いが行なわれました!

Photo

【その際に出席大臣に配布された資料が手に入りました】

議事録■とその時の■配布資料■が!

Photo■【糖鎖って・・・】


Photo_16

「…人間の体は、それを構成している一つ一つの細胞が正常なバランスを取っていれば病気にならない。また、細胞を正常に働けるようにしてやれば、病気は治る。 細胞に栄養を与えることが、これからの新しい医学である。」

Side_ttl_3この栄養素!摂ってみますか】⇒ 【コチラ】

「…病気を治す根本は薬ではなく、体の持っている本来の修復能力である。それを のに最も大切なものは、食べ物に含まれる栄養素である…」


Fig_1_1s

_news■この図表資料は2006年にネット検索で遭遇!したものですが、2010年になって「成松久」氏がセンター長を努める≪糖鎖医工学研究センター≫のウェッブサイトに公表されていたので更新しました!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

03048162

日頃国会中継とか予算委員会とかでしか見聞きしていない、我々ですが?当時尾身幸次科学技術庁政策担当大臣の議事進行で始まる、この議事録を読んで配布資料を読むと、このブログの冒頭でご紹介の「糖鎖」「糖質栄養素」が重きをなしてきましたよ!

興味のある方は下記サイトをクリックして読まれて下さい!
Data1


 今すぐクリック!

公開配布資料”資料5”の尾身大臣の進行詳細がPDF!↓  ↓

http://www8.cao.go.jp/cstp/siryo/haihu14/siryo4.pdf 

8d5d8ccbthumbnail2


↑手直ししました!ウェッブサイトが未公開になっていたのですが?今朝になって戻っていました?それにしても?なぜ公開をクローズしたのか・・・・・「真夏の夜の出来事」にしてはアンビリーバブル!です
甲子園も再試合になったのも前兆だったのかな!不思議・不思議・・・・・・・・・情報や本舗

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 13, 2006 - August 19, 2006 | Main | September 3, 2006 - September 9, 2006 »