« April 2007 | Main | June 2007 »

≪情報や本舗≫≪マルチビタミンの過剰摂取≫≪国立ガン研究所≫≪前立腺がんのリスクを増大?≫

Baner02


米国立癌研究所のMichael F. Leitzmann博士らが、米国立癌研究所(NCI)発行の医学誌「Journal of the National Cancer Institute」5月16日号に発表した研究によれば、マルチビタミンを過剰に摂取すると男性の前立腺癌リスクが増大するという。

Images_36


今回の結果は、男性約50万人を18年間追跡した米国癌協会(ACS)が実施した2年前の大規模研究の結果とも一致する。月15回以上マルチビタミンを摂取する男性の前立腺癌による死亡率が、摂取しない男性よりわずかに高いことが示されている。

404not


週7回を超えてマルチビタミンを摂取すると、全く摂取しない男性に比べて進行前立腺癌のリスクが32%増大し、前立腺癌による死亡リスクは約2倍になるという。

この関係は、前立腺癌の家族歴のある男性や、セレン、ベータカロテン、亜鉛など微量栄養素のサプリメントを個別に摂っている男性に特に強くみられたというもの。

【こんな検査法も!・・・あるはず無い無い!】
Uncomfortable_bathroom1

同じ号に掲載された論説では、サプリメントの多くが強い抗酸化作用をもつことが指摘されており、今回の研究により抗酸化ビタミン剤の多用に対する疑問が深まったほか、抗酸化サプリメントが健康に予期せぬ結果をもたらす可能性も浮き彫りになったとされている。


Ca0hefgp

そんなことになったら、糖鎖の補完栄養素を摂ることを勧めます、ビタミン・ミネラル等は細胞のすべてに必要なわけではありませんか!しかし栄養補完は60兆個すべての細胞が必要としているのですね!


細胞一つ一つが元気で健康になれば、臓器そのものが正常な働きをして、臓器の集まり組織が機能を正常に働きだし、組織で出来ている身体そのものが正常で健康な状態を取り戻していくわけですから!

Photo_15

世界的にも有名な今年、伝記本の本まで出た、脳の分離手術で知られている、あのベンジャミンカーソン医師が命数ヶ月と言われた前立腺ガンからの現在のQOLを取り戻され、家族中で摂られていることは周知のことですが、


多くの医師・科学者・化学者たちが、この補完栄養素を家族なり本人なりが摂ることで様々な体験結果を認知されたことで、この栄養素のもつ、テクノロジーに興味を持ち研究に参加参入しているのですね
Pic1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪亡食の時代!≫≪食が食でなくなる時代!≫≪食源病!≫

Asea
     ≪知って!ガッテン≫ASEAの公開資料


ある栄養素の不足が、現代病の共通する原因となっていると考えられる【食源病!】この不足した栄養素が足りれば、私達は自己治癒力が向上し、健康を回復できる【自然治癒力をとりもどす!】ということが分っています

Imgbb08f669zikazj

「今日朝ごはんにガムを食べてきたよ」朝食にガムやチョコレートを食べる小学生がいる一方、朝食を食べない小学生、食べさせない母親・・・私立の学校では朝食の給食を始めたところもあるそうです。


日本の食卓がおかしい「飽食の時代」は、食文化、おふくろの味を破壊し、さらには食への感謝の気持ちを奪い去り、「食」が「食」でなくなる「亡食の時代」へ突入した!

356e5d00

さらには、「おコメや野菜をきれいに洗うために洗剤を使った」という女子大生・・/どんなケーキにもデコレーションケーキの生クリームのようにマヨネーズをかけるOL・・/何にでもマヨネーズや唐辛子をかけて食べる調味料依存の味覚破壊・・/一人で冷や飯に味噌汁をかけ、


猫飯(ねこまんま)にして食べる孤独なお年寄り・・/クッキー状の栄養食、ゼリー状のサプリメントしか食べないサラリーマン・・/「臭いぬか漬けなんて子供に食べさせないで」と先生に文句を言った母親・・/こうした母親かどうか?は不明ながら


「給食費を払っているのだから学校で『いただきます』と言う必要はない」と主張する保護者!大量に食べては捨て、食べ物へのありがたみも礼儀作法も忘れ、その食品本来の食べ方さえ分からなくなってきた日本人。


食文化は、家庭や社会で人から人へと受け継がれるものだが、それが機能不全に陥っている現状はまさに深刻ではないだろうかと、紹介の本が産経新聞の取材を源に扶桑社から出版されています

22266

食品の裏側」という本でも、わずか三分で「とんこつ味」ができる食品添加物、赤身肉に脂肪を注入して霜降り肉を作り出す技術・・・・!そして「はし」をきちんと持てず(多くの子供達がにぎり箸しかできない)、ごはんとおかずを交互に食べることができなくなった日本人……食育は本来は家庭でするものだと思います

Housyoku

【子供の運命は常にその母が創る(ナポレオン)】

それにしても「飽食の時代」と言われ、コンビニで賞味期限になったり、食料品が大量に廃棄される一方、わが国の食糧事情が戦後とほとんど変わらないという事実には驚かされる。


もし何らかの事情で日本への輸入がストップした場合、毎日食べられるのはコメだけで、みそ汁は二日に一杯、牛乳は六日に一杯、卵は七日に一個、肉は九日に一回しか取れないそうです


Photo_13

大量に食べては捨て、食べ物へのありがたみも礼儀作法も忘れ、その食品本来の食べ方さえ分からなくなってきた日本人。それが機能不全に陥っている現状はまさに深刻ではないでしょうか???


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪地球環境サミット≫≪伝説のスピーチ≫≪セヴァン・スズキ≫≪200万キロの旅!≫

Event

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


Anataga

2008年の夏に日本で主要国首脳会議(G8サミット)の首脳会合が、標高625メートルのポロモイ山の頂上に立ち、東に洞爺湖、西に内浦湾を見下ろすという北海道の「ザ・ウィンザーホテル洞爺」で開かれることになり、今年6月上旬に開く主要国首脳会議(ハイリゲンダム・サミット)の主要議題は温暖化策など、また2012年で期限切れとなる「京都議定書」代わる新しい策定。

C070808_2

世界中の国々の人々が10年ごとに一同に会して地球の環境問題を討議する「地球サミット」!思い出してください、15年前1992年ブラジルリオでの一人の12歳の女の子”セヴァン・スズキ”(カナダ)の6分間のスピーチが人々の強い感動を呼び、世界中をかけめぐり、いつしか「リオの伝説のスピーチ」と呼ばれるようになった。

BSevern_youngcantwait


Photo_2_2

このスピーチの全容が動画で見て聞ける!近年のITのウェッブ進化によるユーチューブによっていまだ知らない人にも、このスピーチが見て聞くことが出来るように【無論本の出版は既刊されています】


A0104434_11205329

ところで「素敵な宇宙船地球号」(2009年に何故か打ち切り)のTV番組でタスマニアの自然環境の変化での日本のワカメが現地の海に生息し始めて、その糖質の薬効効果をオーストラリアの薬品会社がそのワカメを独占契約で・・・・この少女”セヴァン・スズキ”の「誰でも世界を変えられる」も番組紹介されていました!

Sev20with20iremaohp

この女の子も今や27歳?彼女は変わっているというのに、環境問題提起を並み居る大人たちに向かって提言したのに、当時となんら変わっていないどころか良くない意味で負の進化の行進をし続けているのでは?

≪スピーチの中にはとても胸打つ、今でも心に残る印象深い言葉が 「どうやって直すのかわからないものを、こわしつづけるのはもうやめてください」  ≫

Severn_riospeach

コチラで全文読むことが!】http://www.sloth.gr.jp/relation/kaiin/severn_riospeach.html
「どうやって直す・・治す・・のかわからないものを、こわしつづけるのは・・・・知らないことをむやみに否定することをもうやめてください」

Howto


環境問題が体内でも異常な問題を起こし始めていると提起して世界中を飛び回っている、ある一人の自然療法医学博士がいます!昨年「いのちの鎖」という本を出版されたドクター・ニュージェントです。

博士は30年以上に及ぶ研究生活において、6、000種類以上の栄養補助食品を研究して、奇跡は人間の身体の中に存在することを知ッたのです!「どうやって・・・」もちろんその奇跡は、必要な栄養成分を供給されなければ実現しところがないということに、21世紀の地球環境では、その供給が十分にできないのが実情で

『毒の惑星で生き抜くための方法』という本が既刊されています「いのちの鎖」はその原本の一部なのです!必要な栄養素とは「糖鎖の栄養素」だと、博士が講演を通じての、世界中の旅は200万キロに及んでいるそうです

Earthtram


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪野菜や果物が「ガン」を撃退≫

1964928_786527048037663_1899917080_

野菜や果物の摂取により、さまざまな癌(がん)のリスクが減少することを,ロサンゼルスで開催された米国癌学会で報告された。米国立癌研究所による研究は、成人49万802人を対象に、果物および野菜の摂取量と頭頸部癌の発生率を比較したもの。

20070427hja4r001_27

頭頸部癌と診断されたのは787人(5年間で)であった。喫煙およびアルコール摂取などの危険因子を調整後、1日1,000カロリー摂取につき果物または野菜を6皿分摂取する人は、1.5皿しか摂取しない人に比べ頭頸部癌リスクが29%低く、1皿分追加するだけでも6%のリスク低下が認められた。単独では果物よりも野菜の方が高い予防効果がみられたという。

Cancer

米カリフォルニア大学(UCLA)の研究グループは、ブロッコリーと大豆(ダイズ)蛋白(たんぱく)による乳癌および卵巣癌に対する予防効果のメカニズムについて、実験室レベルでの研究成果を報告した。

ブロッコリーが消化されるとジインドリルメタン(DIM)という物質が、大豆が消化されるとゲニステインという物質が形成される。


今回、これらの物質が、乳癌および卵巣癌の細胞の運動性に作用し、癌の拡散を抑制することがわかった。しかし、大豆にはエストロゲン様の作用があるため、エストロゲンにより促進される癌のある人は注意が必要だという。


3377049265

 米ハワイ癌研究センターの研究グループは、カリフォルニアおよびハワイ在住の18万3,518人を対象にフラボノール摂取量と膵癌リスクを比較した。フラボノールは、タマネギ、リンゴ、ベリー類、ケールおよびブロッコリーなどに含まれる物質。フラボノール摂取量が最も高い人では膵癌リスクが23%低いことがわかったほか、喫煙者ではさらに効果が大きく、フラボノール摂取量が高い人は膵癌リスクが59%低いことが判明した。

Photo_10

これらの研究から、さまざまな種類の植物性食品を摂取することが癌予防には最良であるといえると、米国癌研究協会(AICR)のMelanie Polk氏は述べている。農家の直売所へ行ったり、食料品店で時間をかけて野菜を吟味したりするほか、野菜をおいしく食べられる料理法を見つけるなどの工夫も必要だとPolk氏はいう。[2007年4月16日/HealthDay News]

10534

"美味しく食べられることはもちろん、言わずもがな!ですが!肝心の栄養分が損なわれる料理法であっては「元の木阿弥」上記ヘルスデイニュースにもブロッコリーが頻繁に出てきています!


ブロッコリーは抗酸化が強い植物ではありますが、調理をしてしまっては残念ながら・・・・でも生では食べられませんね、生と言えば日ごろ食している「ニンジン」ですが!ニンジンは本来生で食べるものだと言うことを、ご存知ですか?三大栄養素の一つ糖質が加工【調理など】によって、ほとんど消失してしまうと言う事実が証明されています!

Inochinokusari_1

昨年暮れに出版された「いのちの鎖」と言うスティーブ・ニュージェント博士が著述の本の87ページ~92ページに書かれています
やはり十分な栄養は現代の食生活からは摂ることが難しいようですね?

ならば、補足することを考えなくてはなりませんね、身体にとって害の無い良質のサプリメントを摂ることを考える21世紀に入ったのではないでしょうか!


前述の「ポールゼイン・ピルツァー」も述べていますし、出来うる限り三大栄養素から摂ることを第一に、過酷な食の現実を見据えて、失われた栄養素を摂ることを!ピルツァーは"健康増進革命”ニュージェントは"失われた栄養素【糖鎖の栄素素】で体内革命”・・・・

健康を手にする最後の暗号


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2007 | Main | June 2007 »