« June 2007 | Main | August 2007 »

≪細胞のアンテナ≫≪糖鎖とは≫≪おもいっきりテレビ≫≪情報や本舗≫

Images_1

 

 

この細胞のアンテナ=糖鎖!そっれへの栄養素の不足が、現代病の共通する原因となっていると考えられる【食源病!】「糖質栄養」が足りれば、私達は自己治癒力が向上し、健康を回復でき、さらには老化を遅らせることが可能に【自然治癒力をとりもどす!】ということが判っています

 

 

                  
Default2午後は○○おもいっきりテレビ」(1905年5月)

 

世界の医学界が注目!ガンから肥満まで防ぐ【細胞のアンテナ!糖鎖とは?】・・・と紹介された画像をご覧になれます

 

Images_2

 

【細胞のアンテナ(糖鎖)】の感度を良くして病気を防ぐ!! 最大のポイントは・・・ある栄養素の摂り方と番組は始まります【ある栄養素というのは、番組内で会社名に言及していませんでしたが!多糖類による糖鎖の栄養素なのです】

 

Photo_16

 

「…人間の体は、それを構成している一つ一つの細胞が正常なバランスを取っていれば病気にならない。また、細胞を正常に働けるようにしてやれば、病気は治る。 細胞に栄養を与えることが、これからの新しい医学である。」

 

 

 

「…病気を治す根本は薬ではなく、体の持っている本来の修復能力である。それを のに最も大切なものは、食べ物に含まれる栄養素である…」

 

Images_22

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

●注目情報  近年のノーベル賞受賞研究の多くが関連し、今世界の医学会で注目されているのが・・・
  身体の細胞のアンテナ(糖鎖)の働き

 

●世界の医学会が注目!ガンから肥満まで防ぐ 細胞のアンテナ(糖鎖)は・・・

 

Cancer4a

 

ガン、肺炎、カゼ、インフルエンザ、アレルギー、リウマチ、肝炎、心筋梗塞、動脈硬化、脳卒中、高血圧、腎炎、胃かいよう、大腸炎、食道炎、糖尿病、認知症、うつ病、骨粗しょう症、肥満など

 

200種類以上の病気』を感知し対処するよう、様々な細胞に伝え病気を防ぐ Single_glycoform_thumb

 

大腸菌の菌の周りに「毛」のようなものがあります。あれが糖鎖なんです。その糖鎖が大腸菌がどこで悪さをするか等を決定するアンテナなんです。私たちの身体というのは、60兆の細胞でできてるって言いますけど、その細胞がうまく積み重なるためにも、細胞から出ている糖鎖がどこと結びつくか等決定しているんです。

 

No1_01

 

 

 

例えば、ウイルスが進入してきます。ウイルスも喉に働くものやお腹に働くウイルス。ウイルスにも糖鎖があるんです。私たちの細胞の持っている糖鎖を感知してその部分で悪さをしようとするんです。

 

8sugars

 

 

 

 ●細胞のアンテナ(糖鎖の材料になる糖質

 

8つの糖鎖

 

・グルコース(ブドウ糖)
   ・マンノース(アロエ・ベラ)
   ・フコース(タスマニア・ワカメ)
   ・ガラクトース(乳糖)
   ・キシロース(木糖)
   ・N-アセチルグルコサミン
   ・N-アセチルガラクトサミン
   ・N-アセチルノイラミン酸
             

 

Continue reading "≪細胞のアンテナ≫≪糖鎖とは≫≪おもいっきりテレビ≫≪情報や本舗≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪母乳の代わり≫≪”水あめ”≫を先人の知恵!≫≪情報や本舗≫

Agesburogu_3 【母乳代わりの水飴が静岡の掛川でも!】情報は⇒【コチラ!クリック!】

 

Images_7

 

 

 

 

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

「母乳」の代わりにと糖鎖の栄養素は研究開発されたのですがこの栄養素の不足によって、現代病の共通する原因となっていると考えられる【食源病!】

 

Photo_3

 

食源病から免疫低下の子どもにとっても、この栄養補完が足りれば、私達は自己治癒力が向上し、健康を回復でき、さらには老化を遅らせることが可能に【自然治癒力をとりもどす!】ということが分かってきました

 

Photo_4

 

 

 

米国では、この糖鎖の栄養補完が、多くの健康回復、維持向上の役に立っています【事実!】知見に基づく最新の糖質栄養学なのです

 

≪もっと続きを読む≫糖鎖情報や本舗

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

8sugars

 

ディスカバリージャパンというTV番組で小京都といわれる金沢の特集をしていました、地元で昔から人々に人気の「水飴」のとても興味深い特集を組んでいました!8つの糖鎖に関わる話でもあって

 

Baby

 

前にこのブログでも紹介の「母乳には5つの糖鎖が!その配合は」と同様のお話が飛び出しました?

 

 

Redoxsignalingfrontiernutrition

 

 

”その内容は、「乳飲み子を抱えながらも母乳が出ず困り果てていた母親が多く入るのを見て、何とか母乳のかわりになる栄養価の高い食品はないかと考えた末に作り上げたのがはじめといわれております。

 

原料は良質の米と大麦!それを糖化するために発酵させることで砂糖がわたしたちの生活に入ってくる以前に、穀物の甘味を得たのですね、将に先人の知恵!果てさて?それは何でしょうか・・・・・・

 

Ages_2

 

 

 

「水あめ」なんですよ!近年炭水化物の摂取が少なくなってきているとそれは現代では砂糖という食文化が入ってきたため炭水化物の摂取で50%以上がこの「甘い糖」を摂ることになってきたいるからで、「甘くない糖」を摂る事が必須といっても過言でないことが判明してきているわけですが!

 

Komeno 

 

先人の知恵は既に知っていたことに、驚きだったため番組の内容を見ながら聴きながら、ふとある栄養開発会社の基幹製品の成分内容の筆頭に「米デンプン」とあります

 

また以前大麦も使っていたことが、金沢の老舗の水あめも補完栄養素を赤ちゃん【母子共に】栄養補給摂り入れる事を・・・・人間が人間のことを考えると、知識と知恵とで知らず知らずにでも、体に良い結果をもたらすものを、考えつくものなのだと!

 

Photo_16

 

 

 

かつて、現在のような良質の代用乳が得られない時代に、母乳が出ないこと、母乳の出の悪さは乳児の成育に直接悪影響を及ぼし、その命にも関わる事に重大さを感じ、知恵を絞り母乳代用を考え出した古人の凄さに感服しました!

 

A0113065200■「ひとのために造られ、人にとって一番の食糧は母乳だ。他のものとの大きな違いはこれらの糖だ!

 

Photo_5

 

 

 

神(天?・自然界?)が母乳を造った、それも完璧な食料として造ったのです!乳飲み子が<脳の発達に、免疫作用の発達に確実に必要なものとなるように!

 

また神はあなた方にそれと同じ物を与えた。それは子供たちが、母乳をやめたあとも同じように良いものを食べ続けることができるようにだ!

 

 

 

 

体内で細胞と細胞がコミュニケーションをする上に必須な8つの「甘くない糖」糖を摂りいれていたのですから

 

他の甘くない糖質栄養は当時の食料事情を鑑みても豊富に摂れていたのでしょうから?現代は十分な栄養が食材から摂れなくなっている為、当然糖質補完栄養を補足することを考えなくては・・・・!

 

Ages

 

 

 

補足:水あめの俵屋とは、百万石の城下町金沢の歴史とともに生き続けてきた、この食文化をしっかりと守り抜き、それが俵屋のあめづくりに込める想いなのです。金沢で一番古いあめ屋。それは創業天保元年、連綿百七十余年の伝統を誇る俵屋

 

Ages8

 

「めのと」と言って、母親に代わって乳を与える乳母を召し使った皇族、貴族、武家、あるいは豊かな家 は代用母乳が本物の母乳そのもので賄えたわけですが!

 

 

そうではない人々にとっては、この「水あめ」がどれほど救いの女神になっていたことでしょう!また、身分の高い人間は子育てのような雑事を自分ですべきではないという考えや、他のしっかりとした女性に任せたほうが教育上も良いとの考えから、乳離れした後、母親に代わって子育てを行う人も乳母という。

 

Photo_17

 

【英語では】乳を与えるのを≪Wet Nurse≫、子育てをするのを≪Dry Nurse≫(Nanny)と区別する。

 

 

 

 

| | Comments (1) | TrackBack (0)

≪チームマナテック≫≪プロゴルファー猿?≫≪丸山茂樹≫≪ブラッド・ファクソン≫≪スチュアート・アップルビー≫≪情報や本舗≫

Images_6

 

 

 

 

Josh Olsen - ジョッシュ・オルソンと言うプロゴルファーを知っていますか?Josh Olsen<ジョッシュ・オルソン>ページの中央下から2番目!

 

 

Olsen

 

はアメリカPGAのロングドライブ・チャンピオン(ドライバーでの飛距離を争う競技のチャンピオン)で、驚くことに、なんとパターで320ヤードの記録を持っている、そしてスィングスピード(ヘッドスピード)は145mph! 

 

 

この数字は信じがたく、耳を疑いたくなる数値です。飛ばし屋と言われる男性でも60mphから90mphだからです
ロングドライブ・コンテストで8回も500ヤードを超ええるドライブを達成しているのですから、さらにその上ホールインワンを6回!そのうち3回はミドルホールのパー4での達成と言うからには、開いた口がなんとやら・・・

 

Photo_18

 

マルちゃんこと「丸山茂樹選手」にアドバイスをして親交の深い「ブラッド・ファクソン選手」メルセデス・ベンツ選手権連覇の「スチュアート・アップルビー選手」

 

そして、あのタイガーウッズ選手とマッチレースとなった全米オープンのメジャータイトルを奪取した「マイク・キャンベル選手」いずれもオルソン選手同様、チームマナテックの一員なのです!

 

肉体を極限まで高め、過酷なスポーツの世界で戦うトップ・アスリート達は、トレーニングによる疲労をコントロールしながら、さらなる高いレベルの鍛錬が求められます。

 

そのためには常に十分な栄養補給が必要となり、スポーツジムでの激しいトレーニングであれ、近所を歩く程度の運動であれ、個々の運動レベルにおいてもそれは同じです。

 

Photo

 

植物ステロールやサポニン類を豊富に含む栄養補完の糖質栄養の製品はGMPと言う医薬品での検査基準に照合しての製品開発をしています!

 

 

チーム・マナテックは「世界アンチ・ドーピング機構」を積極的に支援しています。 (世界アンチ・ドーピング機構:スポーツ競技の健全とアスリートの健康を推進する機関)

 

 

Photo_20

 

チームマナテックのメンバーボードには世界中のアスリートから選びに選ばれた170名を超える面々が名を連ねていますそして身体パフォーマンスをあげてくれることを信じる、70名を超えてのアメリカ・オリンピック選手らが「メキシカン・ヤムイモを主成分を摂りいれているのです!

 

チームマナテックのウェッブサイトには日本語バージョン【右上の日本をクリックすると】がありますが

 

http://www.teammannatech.com/

 

ここではアメリカウェッブサイトに面白い(特にゴルフ好きな方必見)の情報のお知らせです!サイトの日本国旗の下に「Mannatech Win Win program」learn More とありますが!ここをクリックページの左中ほどに、赤色で"Team mannatech action"を見つけてくださいJosh Olsen - Drive The Distanceの↓にビデオが5本観る事が出来ます

 

ゴルフの妙技(将に誰しもがしないし出来ない奇妙な技?)まずはビデオをご覧あれ!漫画の”プロゴルファー猿”をご存知の方も?そう”猿”なのかも
Photo_19

 

 

 

 

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪植物ってえらい!植物って凄い!≫≪情報や本舗≫

Baner_2

 

 

 

「…人間の体は、それを構成している一つ一つの細胞が正常なバランスを取っていれば病気にならない。また、細胞を正常に働けるようにしてやれば、病気は治る。 細胞に栄養を与えることが、これからの新しい医学である。」

 

Photo_16

 

「…病気を治す根本は薬ではなく、体の持っている本来の修復能力である。それを のに最も大切なものは、食べ物に含まれる栄養素である…」

 

 

 

Komekome

 

植物たちは、太陽の光エネルギー、大気に含まれる二酸化炭素(CO2)、大地から水を吸って彼らのエネルギー、車で言えばガソリンに相当するデンプンを作っているんです。

 

そのデンプンを人間は口からとってそれを身体の中の細胞にブドウ糖という形にして取り込み、全ての細胞質、細胞の中にあるミトコンドリアという所で、鼻から吸った酸素を使って燃焼させて私たちが生きる全てのエネルギーを生み出しているんですよ。

 

 

私たちの主食のお米も植物ですよね!そのお米の構成している最小単位がブドウ糖、グルコース(glucose)っていう化合物なんです。グルコースは細胞間コミュニケーションに不可欠の「8つの糖鎖」のうちの一つでしたよね!

 

 

とても水に溶けやすい物質で、ブドウ糖が炭素結合で繋がり、お米のデンプンになるんです。

 

8

 

ただ、この結合の仕方がちょっと違うと、紙(セルロース)になるんです。ブドウ糖が結合の仕方が少しだけ違うだけで方やお米、方や紙になるなんて・・・ね。

 

 

糖鎖の栄養素にもコメでんぷん由来で複合糖質として、取り入れているのです

 

Photo_2

 

 

 

ヤギや牛や馬などの草食動物ってのは紙も食べちゃいますよね。(我が家の愛犬”クッキー”君もティッシュを引きちぎっては食べているみたいです)草食動物ってのはこの紙をブドウ糖に分解してしまうすごいヤツを身体の中に持ってます。

 

 

だから、紙だって彼らのエネルギーになっちゃうんですよ。人はやっかいな動物で、草食動物とは違って、紙をブドウ糖に分解しちゃうヤツを身体の中に持っていないので、紙を食べてもそのまま消化されずにお尻から出てきちゃうんです。

 

519181363

 

 

 

ちなみに、全ての植物たちの細胞壁はこの紙と同じ物質、セルロースで出来てます。なので、生野菜を食べると、ほとんどがそのまま出て来るので、お通じ、腸内清掃に良いということになります。

 

 

なんか、全ては地球の大地と繋がっていると思いませんか?

 

Photo_3

 

食べたお米(デンプン)は消化されブドウ糖に分解されて最終的には全ての細胞の中に入ってしまいます。【この機能が正常で無くなることが糖尿病に繋がるのです】

 

 

さらに、細胞に取り込まれた炭素数6個のブドウ糖はミトコンドリアという所へ運ばれ、2つの炭素原子が二酸化炭素になって、私たちのはく息となって大気中に放出されるのです。

 

Photo_14

 

この間にATPという物質が産生されるそうで、車のエンジンルームではガソリンを空気中の酸素を使って一気に酸化(燃焼)させて熱エネルギーを産生させ、車に例えるなら、車を動かす駆動力に変わります。

 

 

人の場合は熱エネルギー(火)ではなく、ATPという化学エネルギーが産生され、私たちのエネルギー源となるのです!

 

車のガゾリン(炭素原子と水素原子だけからなる液体)がエンジンルームで酸素で燃やされ、二酸化炭素になって大気中に放出されるのと全く同じ原理なんですね。

 

 

2336404233   私たちの身体を構成する1つ1つの細胞全てが、車のエンジンルームと同じような機能を持っているってことです。そして、そのエネルギー源となるものは・・・

 

やっぱり植物たちが、太陽の光、大気中の二酸化炭素、地球の水から作ってくれる、デンプン、それを構成するブドウ糖ってことです。本当に「植物ってえらい!植物ってすごい!」ですよね

 

そうそう、車を走らせるガソリンだって・・・長い年月をかけて植物たちが変化したものですよね。だから、化石燃料って言うんです。
B21f75783a2c35da30b9fc33d3045f10_2

 

 

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2007 | Main | August 2007 »