« May 27, 2007 - June 2, 2007 | Main | June 10, 2007 - June 16, 2007 »

≪情報や本舗≫≪母乳には5つの糖鎖が!≫≪8つの糖鎖≫≪大切な脳の栄養素≫

Mayo_s


Photo_2
「ひとのために造られ、人にとって一番の食糧は母乳だ。他のものとの大きな違いはこれらの糖だ!神(天?・自然界?)が母乳を造った、それも完璧な食料として造ったのです!

Photo_2

乳飲み子が脳の発達に、免疫作用の発達に確実に必要なものとなるように!また神はあなた方にそれと同じ物を与えた。

それは子供たちが、母乳をやめたあとも同じように良いものを食べ続けること>ができるようにだ!それが”糖鎖の補完栄養素と言う糖”だ」と述べています


                                □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Photo_3

8種類の<糖鎖の栄養素の基本は[母乳]にあります。ですから母乳で育つ、赤ちゃんは免疫力が強く病気にかかり難いのです。母乳には、5種類の糖鎖栄養が含まれています、

その5つとはFus・Gal・GlcNAc・GalNac・NANAで微量ですが容易に食事から摂ることが出来ないのですが、特にNANA(N-アセチルノイラミン)は母乳に多く含まれていて脳の機能と成長に大変影響があり、

これもまた免疫作用を引き起こし、抗ウイルス活動があることが立証されているのです。(母乳には上の糖の内5種類を含むのですが、糖鎖の栄養素のテクノロジーはその母乳の5つの糖鎖の配分に合せて6つの糖鎖を配合している)

Photo_10

ある種の病気の状態ではこの糖を消化する能力が損なわれていることがある。これらの糖は我々の体にとても大切なので、母なるしぜんは【母乳には上の糖の内5種類を含む!】我々の人生の早期に摂取することが出来るよう準備してくれている。

最近の研究は、母乳を与えることはその期間が短くても長くても人間の成長にいかに大切かと訴えられている。特に母乳の栄養に影響されることとして最も注目されるのは、免疫作用と脳の発達である。
         出典:Rita Elkins M.H 著 「Miracle Sugar」

Photo_4

【2009年に、糖質補完栄養素に含まれる糖鎖は5種類なのか6種類なのかいろいろ議論があり、明確な答えがなかったのですが!母乳を飲むのと同じようなものと、世界中に特許を申請して、≪The Science Behind Aloe≫ の中に明確な記載が!


● グルコース
● ガラクトース 
● Nアセチルグルコサミン
● フコース
● Nアセチルノイラミンサン
● マンノース

Photo_11

ADHDを持つ子のおやは白糖と行動との間に関係があることを良く知っている。ADHD の子供は甘いものを食べた後に異常な行動をとることが多く、それは正しく糖を代謝する能力に問題があることを示唆している。


その上、糖鎖間のミスコミュ二ケーションが問題の核心である可能性がある。ADHDの子供が白糖の消化を適切に出来ないならば、8つ全ての不可欠な糖をグルコースから生成するのに必要な酵素が欠けている可能性がある。
Photo

  【その検証①】
1998年1-3月のIntergrative and Physiological and Behavioral ScienceでADHDと診断された17人の子供を検査した。3週間、8つの必須糖類を含んだ糖鎖栄養素のサプリメントを与えた。

その期間を終えてから、他の植物から出来たサプリメントを追加した。

研究の著者は、「一番大事なのは、今回使った栄養補助食品が、子供達がリタリンをとったかどうかにかかわらず、注意欠陥多動症の数と重症度を顕著に減らしたことである。」と結論づけた。

  【その検証②】
多動性症侯群、ADHA(ハイパーアクティビティ〉*=集中力欠如、突発牲の感情障害、情緒不安定、きれる子   

臨床例:19例で5歳~15歳の子供に、6週閲から8週間〈糖質栄養のパウダー一日小匙1杯と熊さんのグミ〉グミを体重別にして、

23kgまで1日1個、34kgまで1日2個  34kg以上は1日3個と食べてもらった!集中カ欠如、突発性の感情障害、情緒不安定、等において、改善カが見られた。

       [1998年ダイクマン博士のCellTalkより]
4114981072

| | Comments (3) | TrackBack (1)

« May 27, 2007 - June 2, 2007 | Main | June 10, 2007 - June 16, 2007 »