« July 8, 2007 - July 14, 2007 | Main | July 22, 2007 - July 28, 2007 »

≪情報や本舗≫≪母乳の代わり≫≪”水あめ”≫を先人の知恵!≫

Agesburogu_3
【母乳代わりの水飴が静岡の掛川でも!】情報は⇒【コチラ!クリック!】

Images_7

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

「母乳」の代わりにと糖鎖の栄養素は研究開発されたのですがこの栄養素の不足によって、現代病の共通する原因となっていると考えられる【食源病!】

Photo_3

食源病から免疫低下の子どもにとっても、この栄養補完が足りれば、私達は自己治癒力が向上し、健康を回復でき、さらには老化を遅らせることが可能に【自然治癒力をとりもどす!】ということが分かってきました

Photo_4

米国では、この糖鎖の栄養補完が、多くの健康回復、維持向上の役に立っています【事実!】知見に基づく最新の糖質栄養学なのです

≪もっと続きを読む≫糖鎖情報や本舗

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

8sugars

ディスカバリージャパンというTV番組で小京都といわれる金沢の特集をしていました、地元で昔から人々に人気の「水飴」のとても興味深い特集を組んでいました!8つの糖鎖に関わる話でもあって

Baby

前にこのブログでも紹介の「母乳には5つの糖鎖が!その配合は」と同様のお話が飛び出しました?


Redoxsignalingfrontiernutrition


”その内容は、「乳飲み子を抱えながらも母乳が出ず困り果てていた母親が多く入るのを見て、何とか母乳のかわりになる栄養価の高い食品はないかと考えた末に作り上げたのがはじめといわれております。

原料は良質の米と大麦!それを糖化するために発酵させることで砂糖がわたしたちの生活に入ってくる以前に、穀物の甘味を得たのですね、将に先人の知恵!果てさて?それは何でしょうか・・・・・・

Ages_2

「水あめ」なんですよ!近年炭水化物の摂取が少なくなってきているとそれは現代では砂糖という食文化が入ってきたため炭水化物の摂取で50%以上がこの「甘い糖」を摂ることになってきたいるからで、「甘くない糖」を摂る事が必須といっても過言でないことが判明してきているわけですが!

Komeno 

先人の知恵は既に知っていたことに、驚きだったため番組の内容を見ながら聴きながら、ふとある栄養開発会社の基幹製品の成分内容の筆頭に「米デンプン」とあります

また以前大麦も使っていたことが、金沢の老舗の水あめも補完栄養素を赤ちゃん【母子共に】栄養補給摂り入れる事を・・・・人間が人間のことを考えると、知識と知恵とで知らず知らずにでも、体に良い結果をもたらすものを、考えつくものなのだと!

Photo_16

かつて、現在のような良質の代用乳が得られない時代に、母乳が出ないこと、母乳の出の悪さは乳児の成育に直接悪影響を及ぼし、その命にも関わる事に重大さを感じ、知恵を絞り母乳代用を考え出した古人の凄さに感服しました!

A0113065200■「ひとのために造られ、人にとって一番の食糧は母乳だ。他のものとの大きな違いはこれらの糖だ!

Photo_5

神(天?・自然界?)が母乳を造った、それも完璧な食料として造ったのです!乳飲み子が<脳の発達に、免疫作用の発達に確実に必要なものとなるように!

また神はあなた方にそれと同じ物を与えた。それは子供たちが、母乳をやめたあとも同じように良いものを食べ続けることができるようにだ!


体内で細胞と細胞がコミュニケーションをする上に必須な8つの「甘くない糖」糖を摂りいれていたのですから

他の甘くない糖質栄養は当時の食料事情を鑑みても豊富に摂れていたのでしょうから?現代は十分な栄養が食材から摂れなくなっている為、当然糖質補完栄養を補足することを考えなくては・・・・!

Ages

補足:水あめの俵屋とは、百万石の城下町金沢の歴史とともに生き続けてきた、この食文化をしっかりと守り抜き、それが俵屋のあめづくりに込める想いなのです。金沢で一番古いあめ屋。それは創業天保元年、連綿百七十余年の伝統を誇る俵屋

Ages8

「めのと」と言って、母親に代わって乳を与える乳母を召し使った皇族、貴族、武家、あるいは豊かな家 は代用母乳が本物の母乳そのもので賄えたわけですが!


そうではない人々にとっては、この「水あめ」がどれほど救いの女神になっていたことでしょう!また、身分の高い人間は子育てのような雑事を自分ですべきではないという考えや、他のしっかりとした女性に任せたほうが教育上も良いとの考えから、乳離れした後、母親に代わって子育てを行う人も乳母という。

Photo_17

【英語では】乳を与えるのを≪Wet Nurse≫、子育てをするのを≪Dry Nurse≫(Nanny)と区別する。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« July 8, 2007 - July 14, 2007 | Main | July 22, 2007 - July 28, 2007 »