« August 12, 2007 - August 18, 2007 | Main | August 26, 2007 - September 1, 2007 »

≪情報や本舗≫≪ダビンチコード≫≪パスワード≫≪フィボナッチの数列≫≪ダン・ブラウン長編小説≫

Lastsupper

                 
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

地獄の釜も開くという、お盆に撮り於いていた映画「ダビンチ・コード」を観た!・・・・2011年「数学ブーム」で新しい書き込み⇒≪フェルマーの最終定理≫≪数学ブーム≫≪クローズアップ現代≫


Ages_2

昨年の11月に書き込みをした”フィボナッチの数列【黄金比率】が前半部分の重要なキーワードになっていたのには驚いた!

レオナルドダビンチの画を解析していくうちにフィボナッチの法則【黄金比】が字幕に出てきて、ダビンチの人体は完全という
Photo

ウィトゥルウィウス的人体図」通りに殺人事件現場(ヒロインの叔父)から手に入れたスイス銀行の貸金庫のキー!この銀行のセキュリティから一度たりともパスワード(暗証番号)を間違えると永久に開けられなくなるという、それも10桁の数列!

Ages_3


緊迫したなかで主人公は、ある数列の数字を入れていく!それがフィボナッチの数だったく「1・1・2・3・5・8・13・21」と果たして・・・・・この数列は自然界に多く見られるもので、ダビンチは黄金比だとかフィボナッチだとか知らずして適用して画に生かしていたのですね!


Photo_6

”植物の葉の付き方”はフィボナッチ数と関連している”蜜蜂の家系”を辿っていくとフィボナッチ数列が現れる。 この数列を考え出した人のファーストネームが、なんとですねレオナルドというのも何か因縁めいたものでも感じられませんか?レオナルド・フィボナッチと云う数学者【元々は商人】なんです

Monalisamake■【メイクアップアーティストで大変身】←クリック!

ところで、レオナルド・ダビンチは女性の肖像画にも多くこの黄金比率【フィボナッチの数列】を取り入れているのですね!”無論モナリザの微笑み”もそうですよね。

私たちをひきつける美しいものには、ある決まった定理や比率が隠されているようです。このようなことを頭の片隅に置いて芸術作品は勿論!様々なものを見ると、また新しい目線で美しい世界を発見できるかもしれませんね。

27

ダビンチが「人体は完全」と言及した、すなわち黄金尾比率で、人体の構造も同様に認められるならば先に述べた1996年にハーパー生化学に始めて記述された糖たんぱく質の先に8つの糖鎖というものがついていて、この組み合わせが人体での細胞間の会話【情報伝達】をしている


8sugars

この比率でいくと以前からエネルギー源でもある「グルコース」が【1】もう一つ食事からとれると云われている「ガラクトース」が【1】食事からはなかなか摂る事が難しいとされる


残りの6つの糖のうちでも、単糖で細胞内で単独行動?で糖鎖形成をすることに近年解明された「マンノース」を入れて【3】残りの単糖が【5】合わせて【8】の糖鎖が!


Photo_4


近年、重要な糖たんぱく質すべてに8つの糖鎖がついていることが解明されてきました、そして食事から摂取することが【昔から比較して少量である】難しいことはビタミンやミネラルと同様なんです!


そのことに1996年に8つの糖の働きを栄養補完する栄養素なるものを20世紀に早々と世に提供したためか?多くの人が知りえないお話なんです

Photo_16

「…人間の体は、それを構成している一つ一つの細胞が正常なバランスを取っていれば病気にならない。また、細胞を正常に働けるようにしてやれば、病気は治る。 細胞に栄養を与えることが、これからの新しい医学である。」

「…病気を治す根本は薬ではなく、体の持っている本来の修復能力である。それを のに最も大切なものは、食べ物に含まれる栄養素である…」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 12, 2007 - August 18, 2007 | Main | August 26, 2007 - September 1, 2007 »