« October 7, 2007 - October 13, 2007 | Main | October 28, 2007 - November 3, 2007 »

≪情報や本舗≫≪医学部と製薬会社の結び付きが判明!≫(パート①)

Baner02


Inochinokusari_1

何度か紹介のニュージェント博士の「いのちの鎖」にこのことは言及されていました!それにしてもこの時期に?とは日本でも厚生労働省・防衛省&大蔵の主計局の不祥事と!雨後の竹の子でもあるまいものを、博士はこうしたことが自然栄養療法・・

Photo_4

本来自然界にあるものを身体に取り入れることで健康を維持していくといったことにブレーキが掛かっていると、「誰かがその善悪を判断する必要がある」世に”必要悪”ありクスリは必要悪!でも薬は必要!草≪草冠≫を食べて楽になる・・・・将に食育

Moneybss


米国の医科大学や医学部、および教育病院の学科長の半数以上が製薬会社と金銭的に結びついていることが判明し、米国医師会誌「JAMA」10月17日号で報告された。


この報告を行ったマサチューセッツ総合病院およびハーバード大学医学部医療政策研究所(ボストン)のEric Campbell氏は「製薬会社は医学界のあらゆる側面と結びついている。誰かがその善悪を判断する必要がある」と述べている。

Photo_5

医学界と企業の結びつきは最近話題に上っている。ある調査では、医学部の3年生では製薬会社からの贈答品、あるいは援助を受けての活動参加が平均して週1件あるという。


医療教育機関の医師が製薬会社から食事の接待や物品などを受け取ることを禁じるべきとの声も上がっているが、このような関係がどの範囲まで及んでいるのかを示す全国的なデータは存在していなかった。

20071025hjaap000_25


 今回の研究では、125の医科大学・医学部および15の大規模教育病院の学科長688人を対象に調査を実施し、459人(67%)が回答。

その結果、60%が企業と個人的な関係をもち、有給で顧問を務める(27%)、科学諮問委員会の一員である(27%)、企業の創設者である(9%)、役員ないし幹部を務める(7%)、役員会のメンバーである(11%)、有給で講演を行う(14%)などの回答がみられた。

以下本文はサイトから   http://health.nikkei.co.jp/hsn/news.cfmPhoto_3

 
[2007年10月16日/HealthDay News] Copyright (c)2007 ScoutNews, LLC. All rights reserved.


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 7, 2007 - October 13, 2007 | Main | October 28, 2007 - November 3, 2007 »