« ≪60兆個の細胞≫≪情報や本舗≫(パート②) | Main | ≪世界時計とは?≫≪地球環境!≫≪蔓延する疾病!≫≪情報や本舗≫ »

≪脳梗塞≫≪骨髄幹細胞で治療≫≪国立の施設が臨床試験へ≫≪情報や本舗≫

02

 

 

NHK教育のサイエンスZEROで驚きの再生力! と題して骨髄幹細胞を自分の骨髄幹細胞を増殖培養して注射することにより脳梗塞や心筋梗塞で傷ついた組織を修復すると言う

 

Photo

 

画期的な治療法が札幌市立札幌医科大学での臨床の場で応用されて結果を出された梗塞患者の追跡番組を紹介していましたが!

 

【臨床試験とはいえ治療法として国立の施設が昨年11月に年内にも始めると朝日新聞に掲載されていたそうです】

 

Aaaaa【その全貌!】2007年11月「NHKスペシャル」

 

 

 

 

Photo_3

 

「脳梗塞、骨髄幹細胞で治療 国立の施設が臨床試験へ」と見出しで、始めるのは大阪府吹田市の国立循環器病センターで骨髄中の幹細胞を注射して脳の血管を再生させ、組織の再生を促すことで脳梗塞(こうそく)による後遺症の治療を目指す臨床試験!重い後遺症が残る重症患者を対象とし、治療効果の検証を目指す幹細胞治療は国内初となる。すでに国の承認を得ており、センター内の最終調整を進めている。【補足:国内初は一昨年から開始した札幌大学医学部脳神経外科が初だと思いますが?】

 

Photo_5

 

同センターの成冨博章部長(脳内科)を統括責任者とする臨床試験は、心臓にできた血栓が血流で移動して脳の血管を詰まらせる、心原性脳梗塞の重症患者を対象とする

 

 

長嶋茂雄・元巨人監督も発症した病気だ。
20~75歳で、入院から7日の間に改善がほとんど見られない患者12人に対し、本人か家族の同意を得て実施する。

 

 

Photo_4

 

発症後7~10日の間に腰の骨から骨髄を採取。その日のうちに、骨髄単核球細胞と言われる幹細胞を分離して注射する。【札幌医科大学での骨髄幹細胞による再生医療は抽出してから培養していましたが、国立循環器病センターでは抽出してその日のうちにと言うことは培養なしでと言うことなのですね?】

 

【1カ月後、臨床試験を直接担当しない部署が安全性・効果を評価!】

 

 

Photo_2

 

骨髄採取を発症後7~10日としたのは、マウスの実験や人間の研究で、この時期に神経幹細胞が損傷部位に集まるとわかったため。
【補足:このことはサイエンスゼロで実際画像で見せていました,北の国立大学”北海道大学医学部”では骨髄幹細胞が梗塞箇所に向かう映像撮影に成功してそのメカニックも解明した!とこちらもサイエンスZEROで紹介していましたよ】

 

Img_797324_52870652_0_2

 

こうした幹細胞は血管がないと死んでしまう。骨髄単核球細胞には血管再生を促す働きがあるので、それによって神経幹細胞がうまく定着すれば、症状の改善が見込めるという。 同センター研究所の田口明彦・脳循環研究室長は「脳出血が一番こわい副作用だが、骨髄に元々ある細胞を使うだけに安全性は高い」と話す。

 

■札幌医科大学の2007年からの臨床試験一年=2008年1月6日,北海道新聞

|

« ≪60兆個の細胞≫≪情報や本舗≫(パート②) | Main | ≪世界時計とは?≫≪地球環境!≫≪蔓延する疾病!≫≪情報や本舗≫ »

【再生医療・幹細胞】」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ≪脳梗塞≫≪骨髄幹細胞で治療≫≪国立の施設が臨床試験へ≫≪情報や本舗≫:

« ≪60兆個の細胞≫≪情報や本舗≫(パート②) | Main | ≪世界時計とは?≫≪地球環境!≫≪蔓延する疾病!≫≪情報や本舗≫ »