« July 20, 2008 - July 26, 2008 | Main | August 3, 2008 - August 9, 2008 »

≪情報や本舗≫≪糖質栄養素≫≪驚きのニュース!≫≪最新糖鎖情報≫≪スポーツ≫

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

もっと続きを読む糖鎖情報や本舗←こちらをクリック!

Btn_play_movie新作上映中!「糖鎖の働きをアニメで!」
今すぐ観る!ここをクリック!【4分44秒】                                    
Photo
【メルアド】ここをクリック!


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Newsstand

2008年7月29日のHOTな最新情報です、チョット信じられないことが?アスリート必読のニュースです。
Market Watch【株式市場のニュース配信先】から


Photo_8

北京オリンピックの話題も含めて、アメリカでも前例のない元オリンピックメダリストの驚きの・凄いニュースなんです!その人は「ナンシー・リバーマン=Nancy Lieberman」という現在50歳になる元WNBAのバスケットボールのスター選手なのです!男子で「マジックジョンソン」はご承知のことと?リバーマン選手(Nancy Lieberman)は大学時代には「レディ・マジック」と言われるほどの突出したアスリートなのです、


Photo_6その背景には38歳でプロのバスケットリーグWNBAでの復帰を目指した際に糖質栄養素を紹介され【NBAでスタ選手だったバードソンが伝えた!】糖質栄養療法があったとリバーマン自身がコメントしています!驚きのニュースは・・・・・

【グーグル検索で300.000近くヒットします=Goooooogle←30万ヒットの検索サイト

Nancyliebermanナンシー・リバーマン

【リバーマン選手は1997年【ハーパー生化学に糖タンパク質が掲載された翌年】に38歳の若さ?で現役復帰をしようと試みようとしました!それもバスケットボール界では一番競争の激しいWNBAにです、リバーマン選手は前NBAの代表選手でチームマナッテクのメンバーの「オーティス・バードソン」氏にアドバイスを求めマナテック製品をトレーニング療法の中に取り入れるように推奨され、その通り実践しました!そしてなんと見事WNBAで大活躍を成し遂げたのですから凄い!

Wnba

誰しもできるとは考えてもいなかったことをやり遂げた「Mannatech製品を使用して、私のパフォーマンスを向上させて、WNBAの成功したプレーヤーになることができました。今日、私は50歳でプロバスケットボールをしているWNBAのただ一人の女性です、そして、私は私がMannatech製品によってもたらせられた成功について同僚プレーヤー、友人、そして家族と一緒に喜びを感じています」と


■【チームマナテック】Mannaproducts

世界中の他のチームマナテックのメンバー同様アスリートとしての最適のパーフォーマンスを得ることで維持をしていくお手伝いをしてくれる旗艦製品のパウダーを始めとして糖質栄養製品をリバーマンが支持するのも当然ながら!


Photo_5チームマナのキャプテン「ブッチジョンソン」

元ダラスカーボーイズの花形選手でもあったブッチ・ジョンソン氏は「リバーマン選手は女性のバスケットボール界の伝説の人であり、多くのスポーツマンを健康と栄養で教育していくことに人生を捧げています」と言い「50歳でプロバスケットボールをWBNAで現役最年長の記録と共に主力選手としての活躍を誇りにも思っています」とコメントしています!
≪北京オリンピックには世界中の国から19人のチームマナテックのメンバーが参加しています≫


■【プロフィール】Photo

リバーマン選手はオリンピックの歴史の中でもメダルを獲得したバスケットボール選手の18歳での最年少記録の持ち主として良く知られていて、彼女の大学時代には「レディ・マジック」とも呼ばれ、全米大学最優秀選手【オールアメリカン】に3度も輝き、バスケットボール栄養の殿堂入りの選考委員会の一員でもあります!勿論マナテックが誇る「チームンマナテックのメンバーで」(=世界中で今日の健康増進のアスリート達のモデルとして糖質栄養素製品を摂ってパフォーマンスを高める163人のスポーツマンの集まり)

■【功績】

また、リバーマンは25年前から子供達を援助する為に育英資金を募り組織活動を続けていて、毎年リバーマンは何千人もの子供達が参加するバスケットボールキャンプを主催しています!
彼女はチームマナテックのメンバーです。マナテック社は、5000ドルの寄付金と参加した何千人もの子供達のために栄養補助食品【糖質栄養製品】を大量に寄贈してきています!今年、25周年を迎えダラスでのバスケットボール・キャンプには多くの家族が参加しています!25年前に子供であった親御さんが第2世代の子供らを引き連れての参加だったからです。
Photo_4

主宰のリバーマンは「25年のキャンプ記念を祝い!糖質栄養素の開発会社の天国からの贈り物はバスケットを通じて子供達に自尊心と信頼とそして健康について教えるツールとして使わして頂きます、25年間の間に30.000人以上の家族とバスケットボールの素晴らしさ!健康の素晴らしさ!を深めてきたと自負しています。


Photo_3

チームマナテックのアスリートが最先端のトレーニング技術と適切な栄養療法を通してのオプティマルな健康を得られ、維持をしていけるとチームマナテックの供給される製品を選んでいるのには、この製品は世界アンチドーピング機関によってリストされている禁止物質の何一つとして含んではいないからです!そしてチームのメンバーによってドーピングとの戦いを促進して、モニターしているのですね!


| | Comments (3) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪がんワクチン効果あり≫≪朝日新聞( 2007年)記事全文≫

【がんワクチン「効果あり」 34人中22人、安定か改善】=東京大学医科学研究所

進行した膵臓(すいぞう)がんや食道がんなどを対象にしたがんワクチンの臨床研究で、患者34人のうち22人に病状の悪化を防ぐ効果が確認されていることがわかった。横浜市で5日まで開かれている日本癌(がん)学会総会で、東大医科学研究所ヒトゲノム解析センターの中村祐輔教授が発表した。目立った副作用は出ていないという。新薬として開発を進める方針だ。

がんワクチンは、がん細胞に狙いを絞って免疫反応を高め、がんをやっつけようという手法。中村教授らが、正常細胞ではほとんど働かないのに、それぞれのがん細胞で特徴的に活発に働いている遺伝子を特定。その中から強い免疫反応を導くものを選び出し、複数のワクチンを作った。 膵臓、食道のほか、肺、肝臓、膀胱(ぼうこう)、大腸の各がんを対象に、岩手医大や福島県立医大、山梨大、和歌山県立医大、九州大などが昨秋から順次、臨床研究を始めた。

今はワクチン自体に毒性がないかどうかを確認している段階で、標準的な治療法がないと判断された患者らに説明し、同意を得て研究に参加してもらっている。 9月末までに投与した患者は67人おり、このうち、計画通り投与し、3カ月以上過ぎた34人について分析した。がんが縮小したと評価された人は膵臓、膀胱、大腸の各がんだった5人。がんが大きくならずに安定していた人が17人で、計22人で効果があったと判断した。

がんに対する免疫反応が高まっていることも確認され、特に比較的若い人で顕著だった。また、投与の結果、半年以上、病状が安定している患者がいた一方、効果のみられないケースもあった。 グループが、がんワクチンに期待するのは、手術後の再発予防。実用化にはさらに研究を重ねる必要があるが、新薬の承認申請を目指し、臨床試験(治験)を担当する厚生労働省の関連組織と相談に入りたい考えだ。

[朝日新聞 / 2007年10月05日]↓ ↓ ↓ ↓  既に閉じられていました

http://www.asahi.com/science/update/1005/TKY200710050196.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 20, 2008 - July 26, 2008 | Main | August 3, 2008 - August 9, 2008 »