« August 10, 2008 - August 16, 2008 | Main | August 24, 2008 - August 30, 2008 »

≪情報や本舗≫≪ヤムイモの薬効成分≫≪植物栄養素の若返りの成分作用≫

Baner_5

もっと続きを読む糖鎖情報や本舗←こちらをクリック!

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


Cnn200808210027

短距離の100M&200M、おまけに陸上の圧巻400Mリレーまでも、一等賞を世界記録で全てシメ括ったジャマイカの「ボルト選手」でしたが!この飛人の背景にはある食べ物があったと?それは今年の5月の情報や本舗でも記載していた【もっと続きを読む!】「ヤムイモ」=メキシカンヤマイモ」だったとは、驚きでしたね!驚きなのか?奇遇と言うのか?ボルト選手の100Mの世界記録「9秒69!」はすでに出ていた???参考記録【追い風&高地】ではあったのですがね。「オバデレ・トンプソン」と言う飛人で、1996年にエルパソ【テキサス州】での陸上競技会で【クロック=969】出していたのです

Photo_16

【奇跡のメキシカンヤム】メキシカンヤムイモはニューギニアのトロブリアンド島で豊富に取られていて、メキシカンヤム(日本の自然薯?とは少々違う)は若さ・健康増進・長年避妊薬、ステロイド、ホルモン剤とするために研究がなされてきました。結果、体内のホルモンバランスを取るのに非常に有効であることが判明しました。

Photo

2000年のシドニーオリンピックで銅メダリストになった「オバデレ・トンプソン」バルバドス国にはじめてメダルをもたらしたのですが、ここで私にとっては奇遇なことが?1996年に「ハーパー生化学」に8つの糖鎖が掲載されて、植物のアロエベラに含まれる、8つのうちの一つ「マンノース」が持つ薬効効果を長年に渡って研究していた二人の博士が製品化したわけですが、この研究のアロエが「バルバドス・アロエ」っだのですから奇遇?じゃないですか。

Photo

今回、ジャマイカ「ボルト選手」以下参加51人中39人が陸上の短距離アスリートなのですが!覚えています「馬軍団」1993年にドイツで開かれた世界陸上選手権で、下馬評でも浮上していなかった、馬コーチ率いる中国選手たちが世界の強豪相手1500mで金、3000mで金銀銅、10000mで金銀独占と言う快挙に、当時陸上王国のアメリカがこの中国の強さは何処からきているのか?

徹底調査をかけたところ「何か!中国5千年の歴史にある植物?で冬は虫、夏は草と言うキノコの種類を食しているらしい?」との調査結果で、且つ秦の始皇帝楊貴妃が長寿・延命の薬として愛飲し、現代でも滋養強壮・心肺機能を高め活力の元になると馬コーチが選手に摂らせたことで活躍ぶりが発揮されトレーニングの中に栄養補完として取り組んだ結果だったと!その名は「冬虫夏草」と言うものでアメリカは合衆国海軍の特殊部隊【ネービーシールズ】が取り入れたとの事です!
Photo_2 ←メキシカンヤムの葉っぱと実

【メキシカンヤムの成分】ジオスゲニンとして知られるダイオスコレアが成分で、化学的に分析すると、人体で作り出されるDHEAとほとんど同じ形状ですから、体内で自然に有効に働きます。これはファイトケミカルと同様、体内に必要なホルモンを作りだし、免疫バランスを整えるのに有効です。
*日本のヤマイモにジオスゲニンが含まれているのか?こたえは、「NO」でした!(似たような成分が含まれてはいるらしい?のですが)

【マザーホルモン=DHEA】身体の中で合成するための成分(ダイオスコレア)が豊富に含まれています。DHEAは、80以上の各種ホルモンの原料になる成分なので、ホルモンのバランスを保つためにこのDHEAがとても大切なのです!DHEAのレベルが高い人は歳より若く見えるということはリサーチデータで証明されてもいますし、DHEAの少ない人は乳癌や子宮癌にかかりやすいと言うデータも出ているそうです

Photo_3

【メキシカンヤムはホルモン剤ではない】ホルモン剤は科学的にできていて必ず副作用があります。そこで補完栄養素の供給会社はホルモンの前駆体=Precursorsである100%自然のダイオスコレアを取り入れた”メキシカン・ヤムイモと大豆を主成分にした製品”を開発しています!前駆体=Precursorsとは物質が体内に入り全く別の成分に変わると言う意味ですから(製品名は⇒クリック)「」がDHEAに変わると言う認識ですよね!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪糖鎖&糖質栄養素で検索≫≪マクダニエル博士≪再生医療記事≫

Healthycellsbodies

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Photo

古代人は多くの天然食品を調理無しで食していた、そして自転車もバイクも車も汽車も船も無く、運動量からも細胞のアンテナ「糖鎖」を、現代人の3倍から4倍も多く持っていたことが解明されてきているのですが!

Photo

ブログに幹細胞の話の書き込みに及んでいるのは、この頃「再生医療」の記事が多く、未知に近い糖鎖の栄養素を調べ、学びながら摂りはじめた「糖質栄養素」なる物でしたが!ある情報が飛び込んできての書き込みだったのです。

この「糖鎖の栄養」はアロエベラの研究を「キャーリントン・ラボ」において重ね、そこでの特許は「161」にも及ぶという「ビルマカナリー博士」と今では「ビッグ8=8つの糖鎖」と呼んでいる


8sugars

8つの糖鎖のうちの”マンノース”(アロエ・ベラ)の研究開発を1981年から共にしていた「レジ・マクダニエル博士」のお二人の共同開発だったのですね!マクダニエル博士もアメリカでは、それこそ、よく知られている「お医者さん」なのです。

Photo_2

世界中の人々、特にアメリカ合衆国の国民全員が震撼した、あのアメリカ同時多発テロ事件【2001年9月11日】!その後に起きた炭素菌入りの郵便物配信事件!で米議会は11月にこれら生物兵器を懸念して「バイオテロとその対応」ということでの聴聞会が下院で開かれ、全米からわずか8人の専門家≪軍事・保安・危機管理・医学・化学・・・≫が招かれて専門的見解を述べたのですが!

Ages

そのうちのお一人が「レジ・マクダニエル博士」でした!その上、ほかの専門家の全ては国防省・国立微生物研究所・国立予防衛生研究所・反テロ食品医薬品局・健康科学大学准教授・タフツ医学大学教授と民間からは「マクダニエル博士」=糖質栄養のリーダーカンパニーである開発会社のメディカル・ドクターだったと言うことに博士の医師としてだけの見識以外に国家が求めたことがあったのでしょうね!

C070808_2


グーグル検索「レジ・マクダニエル」では、わずか【9,190件】ですが、同じく「グーグル検索「Reg McDaniel」では【262,000件】とヒットします!「再生医療」「幹細胞」「糖質栄養素」などのサイトが多く見つかります【グーグル配信の動画でこれらのことで50分からのインタビューが!見つかりました】

Fda

医薬品としてFDAに申請した、この新しい「糖鎖の栄養素」は「LD-50」ではなく、もちろん「LD-100」ではありえなく、薬品ではなく、単に食品であると!そこで糖質栄養の開発者たちは、特にマクダニエル博士を筆頭に医師らが在籍するフィシャー・インスティチュート研究所」=Fisher Instituteは世界中の多くの人々に「糖鎖の栄養素」を摂ってもらい臨床を求めたのでした!

1qnz

数年の間に、アルツハイマーやパーキンソン、脳梗塞の患者たちが顕著な回復を示す事例が飛び込み医師らは当惑させられました!他にも糖尿病の患者たちではインシュリンの生成が始まり、臓器移植した患者の場合は、移植に対応する薬を必要としな<なったリと言った事例にも驚きました


Doctors

2003年2月19日、アメリカ医師会(JAMA)の雑誌に注目に値する記事が掲載されました。全米人気ナンバー1のジョンズ・ホプキンス大学医学部では、初めて、ドナー幹細胞が血液脳関門を通って移植者の神経細砲になったと!神経細胞は人体の中でもっとも高度に発達した細胞【体内のすぺての脳や筋肉の機能をコントロールしている】で、これまでは脳細胞も含め神経細胞は再生できないと云うのが、通説だったわけですから、この事実は人間の脳を修復したり再生したリする可能性に関する革命的な発見なのです!

Jama

マクダニエル博士らの研究メンバーは、1994年から様々な事例【アルツハイマー病・パーキンソン病・ハンチントン病・脳性小児麻痺・大脳白質萎縮症・ダウン症・自閉症・胎児期アルコール症侯群など】が糖鎖栄養素やそのほかの微量栄養素を摂ることで、脳梗塞や外傷性障害や神経変性障害の人たちが、医師・科学者の判断で回復不能と言われていたにもかかわらず失われた中枢神経系の機能を回復したり取リ戻したリすることに関する理解できる科学的な説明をアメリカ医師会のJAMAの記事が掲載されるまで出来なかったのでしょう!

Fda_2


* 【これらの声明は、決してFDA【アメリカ食品医薬品局】によって評価されているものではなくまた、この製品は、少しの病気も診断するとか、治療するとか、癒すとか、防止することを目的としているものでもありません】


Side_ttl_3この栄養素!摂ってみますか】⇒【コチラ


Esstemcell

これまでにも、研究スタッフは糖質栄養を一週間摂る事で、血液中のおよそ5.000~10.000の白血球で1マイクロリットルの血中に200-400個の幹細胞の数を測定したと言うことがウェッブサイト【グーグル米国サイト】にありました!このデータから推定すると糖鎖栄養素を我々の身体に摂り入れることで、幹細胞が一週間以内に1兆個以上の幹細胞が発見されるのではと推察されるのではないかと???ということも書かれてありました!

Photo_2


このことが時としてダウン症の子等に劇的な変化が起こる要因になっているのでは?と!「糖鎖」が遺伝子のスイッチON/OFFに関わることからも 「糖鎖の栄養素」が人間の骨髄幹細胞の生成を促すということからを理解することにより、

Photo_3

なぜこのような前代未聞の脳機能の回復が起きるのかを科学的に理解することは難しい事でしょうか。幹細胞は人間の体が必要とする細胞に進化する能カを持っているのですから。


幹細胞は、体内であらゆる組胞の再生をする能カを持つ細胞で、神経細胞や肝臓細胞、脳細胞、指のつめ細胞、などになることが出来るトランプで言う「ジョーカー細胞」なのです

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


Photo_3 ←≪神経幹細胞の実写真≫

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« August 10, 2008 - August 16, 2008 | Main | August 24, 2008 - August 30, 2008 »