« September 28, 2008 - October 4, 2008 | Main | October 12, 2008 - October 18, 2008 »

≪情報や本舗≫≪自閉症の子供等10万人調査≫≪米国立衛生研究所(NIH)が開始≫

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Saibou_denntatu_1免疫細胞が会話をしている貴重な写真です!(日経サイエンスー2006年より)                               


⇒【この画像の解説
クリック!・・・日経サイエンスの本には左にもう一個の細胞が・・・・


もっと続きを読む糖鎖情報や本舗←こちらをクリック!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Photo

2006年12月19日、アメリカで Combating Autism Act of 2006 【自閉症対策法】が成立していました!この法律は自閉症に対する社会の認知を高め、自閉症児・者への支援と研究を促進させると言うことで、連邦議会を承認通過して、ブッシュ大統領が署名した自閉症対策の法律でした。

翌2007年11月30日には米国小児科学会(AAP)が自閉症スペクトラム障害をもつ小児の発見および対処法について2つの勧告を発表しました。


Photo_2

【第1の報告】は、自閉症スペクトラム障害の発見方法を詳細に示したもの【詳細はコチラ!】 ←クリック

【第2の報告】は、自閉症と診断された後の対応に焦点を当てたもので、早期介入の重要性を強調。自閉症が疑われる場合は、診断が確定するのを待たずに、できる限り早く介入治療を開始するよう推奨している。少なくとも週25時間、1年間の治療が必要だという。

Photo_3

2006 年成立の自閉症対策法に対して2007年予算では一億ドル (120億円)を計上【ホワイトハウスの発表による】そしてこの法律は、全米規模で2011年まで、自閉症やそれに近い症候群に関する予算を計上し、各地に拠点を設けることなどが盛り込まれていたわけで、

Photo_14

この以下のニュースは、生活環境や遺伝によって、自閉症や肥満・学習障害・小児糖尿・小児ぜんそく・出生異常など対策をしているにも関わらず近年増えていく現況を危惧してのアメリカ政府の対応でしょうか?10万人を出生前から21歳まで追跡する「全米子ども調査」を来年から始めると発表したのです!

総費用は、なんと32億ドル(約3370億円)に上るという。大学や病院、政府機関など全米約40カ所の拠点施設で、妊娠中や妊娠予定の参加希望女性を募り、生まれた子どもの健康診断データや遺伝子のほか、住居内のごみや飲料水といった環境試料も収集、発症した病気などとの関連を解析するという!
Gmp


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 28, 2008 - October 4, 2008 | Main | October 12, 2008 - October 18, 2008 »