« November 23, 2008 - November 29, 2008 | Main | December 7, 2008 - December 13, 2008 »

≪情報や本舗≫≪ガンの新治療法の臨床開始!≫≪がん・白血病の最先端医療!≫

Baner


アメリカで医学校としては名門中の名門で、医学教育では世界の頂点に立つと言っても過言ではないだろうと言うジョンホプキンス大学」の2000年の報告書に、こう記されていました!

Photo【ジョン・ホプキンス大学医学部

ガンに毎年数十億ドルがその研究に費やされているにもかかわらず2004年には140万人の人々が医師に「ガンですよ!」と聞かされると言う事態が予測されます【ジョンホプキンス大学:ブログにも度々出てくるベン・カーソン医師の所属する大学病院】

ベン・カーソン医師は、タイム誌とCNNが全米中の医師らが博士を、トップ20の一人に挙げ、又1987年、博士は世界で始めてのシャム双生児の頭部接着分離手術を成功させた

博士自身も前立腺がんに罹病してしまいました・・・≪前立腺がんに打ち勝つ”7つの鍵”≫【ジョンズ・ホプキンス大学】≪糖鎖のはたらき≫【ベン・カーソン医師】

一日に1500人がガンで命を失うことになるでしょう。今日3人の内の一人は一生「ガン」と関わって2010年には二人に一人が「ガンの宣告」を受けると予測!そして、それは死の主要原因となるでしょう・・・

Photo_14← 【T細胞】

2008年も”もういくつ♪、寝るとお正月・・・♪♪”ではないですが、2010年までは秒読み段階ですよ、10月に北海道大学の西村孝司薬学教授が免疫細胞の「ヘルパーT細胞」に着目して、ガン治療の開発研究を終了して、臨床試験に入ると発表したばかりでしたが!今回、がん・白血病に細胞治療という名目で最先端の医療の扉が開きました

Photo_8最新ニュース(読売新聞■がん攻撃細胞を活性化させるワクチン(2010年8月18日)


8645_1←【北楡病院が開設した細胞培養設備】

新エネルギー・産業技術総合開発機構【NEDOの事業に採択されて、3年間で毎年最高で3億円の委託費が支払われたこともあって早々と、札幌北楡病院には機器が導入され、同病院では免疫に関する細胞治療を展開、北大の西村教授【北大遺伝子病制御研究所】ガンの細胞治療について治験を担当するそうです


【東京大学・大学院医学系研究科のウェッブサイト

Photo_13

人が本来持つ免疫システム=(自己治癒力)そのものを強化することで、がんの増殖を抑えるのが狙いで、再発防止にもつながるし、抗ガン治療の一つ、医薬品(抗ガン剤)を使わず患者の細胞を増殖させる細胞療法であれば、極めて副作用も少ないと考えられますよね

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


        【食品には副作用は無いはず!】

≪下記サイト【Science Information 】には補完栄養食品を摂ることで血中の幹細胞が増えることが書かれています!深意!真意!は分かりません?のでお確かめください!≫
Glyco Nutrients & Stem Cell Production ←原文


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 23, 2008 - November 29, 2008 | Main | December 7, 2008 - December 13, 2008 »