« December 7, 2008 - December 13, 2008 | Main | December 21, 2008 - December 27, 2008 »

≪情報や本舗≫≪若い女性の多発性硬化症 !≫≪難病も正しい栄養で・・≫【報告事例】パート④

Baner

Photo_11

12月8日のGooのヘルスケアー「健康と医療」に東京女子医科大学医学部の清水優子先生の下記取材協力記事が・・・以下抜粋


Brain2


若い女性に多発性硬化症≪神経疾患≫が増えてきているそうです!多発性硬化症(MS:Multiple Sclerosis)という病気、原因不明で、脳や脊髄の神経系が障害を受け、体のさまざまな部位に影響を及ぼすらしく、また次第に症状が進行する慢性疾患病ということです

適切な情報がなく、病気への認知度が低い、周囲の理解が得られない上に根治薬もなく早期診断・早期治療と言われています!しかし、患者数は確実に増え続けている。   【もっと読む】!

Photo

この病気のはっきりした原因はまだわかっていません、おそらくウイルスや細菌から体を守るリンパ球などの免疫系が、何らかのきっかけで、脳や脊髄の中枢神経系や視神経を攻撃するようになるのではないかと考えられていて、このように、本来、体を守ってくれる免疫系の異常による病気を「自己免疫疾患」といいます。

免疫を高めてくれるという、ある栄養素を摂った事でこの多発性硬化症それも突発性の症状から数ヵ月後に回復したニュースがネバダのウーマン=WOMAN」と言う雑誌に報じられ、そしてテレビニュースでも報じられたのです!ジャクリン・パーマーさんという24歳で結婚したばかりだと言うのに・・・・

Photo

その模様がYou Tube で見ることが!

【動画と写真を見る前のプレゼンテーションです!】

2月ごろに結婚を控えていたパーマーさんは突然体の至るところに変化が生じたのです、右手が内出血でも起こしたように紫色に成って腫れあがり、冷たくなって痺れてもきました。右足が動かず歩くことが出来ません。最初は杖を使い、その後は歩行器を最終的には車椅子に乗ることにもなりました!

Thumbnailserver2


主治医のブレイン・パーセル医師はパーマさんの症状からして多発性硬化症(MS)と診断しました。その5ヶ月の間には、症状の改善もままならず、友人とも家族であっても会いたくないと鬱状態にもなっていた時に、パーマーさんは依然聞いたことのあるテキサスにある

Photo_3

人から奨められたある栄養素というものを、パーセル医師に見せました!医師は最初見たとき「それは何なのですか?」と尋ねましたが、ボトルのラベルを読んで決断をしました。医師はパーマーさんに、その栄養素を摂らせることにしたのです!そして

Jaclyn1123x167

7月12日:朝8時、元気なパーマーさんは目覚めたときに足が伸ばせることに驚きを感じました【映像で字幕12日の日付が】

7月14日:昼12時55分、レストランの身体者障害パーキングスペースからは杖を使って食卓テーブルにつくことが出来たのです!記念すべき日かもしれませんね!

7月16日:杖も誰の支えもなく、歩くことが出来ます【画像でもしっかりと歩いています】

Jaclyn2110x165

7月20日:なんと!なんと!パーマーさんはジムに行ってウォーキングマシーンでトレーニングに励んでいます【写真で見てください】       

【5年ほど前にダラスで起きた実話】

フィッシャー医科学研究所の出版誌「プロセーディング」と「Sugars That heel」にパーマーさんの回復のことが掲載されています!

P_vol2no1big
P_vol1no1big


字幕で、この栄養素がこうしたことの可能性を持っていることを、他にも4つの病名をあげてコメントしています!「自己免疫性疾患」「キャンサー=ガン」「心臓疾患」「不妊症」に対して

≪如何です?なくてはならない栄養が奇跡を起こしているのではありません!奇跡は正しい栄養に支えられた人間のからだの中にあるのです≫

Fda

* これらの声明は、決してFDA【アメリカ食品医薬品局】によって評価されているものではなくまた、この製品は、少しの病気も診断するとか、治療するとか、治療するとか、防止することを目的としているものでもありません

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 7, 2008 - December 13, 2008 | Main | December 21, 2008 - December 27, 2008 »