« January 2009 | Main | March 2009 »

≪情報や本舗≫≪発芽玄米≫≪母乳の免疫増≫≪産径新聞≫≪つくば大学≫≪日経新聞≫≪母乳保育か?≫≪粉ミルク保育か?≫パート①

Banerantiaginglonglife


筑波大学名誉教授、村上和雄先生が2008年の産経新聞「正論」に寄稿され、食品はできるだけ、あるがままの状態で食べることが栄養と生命力を同時に受け取ることができるのではないか!」

Photo_12

そして「授乳期の女性に発芽玄米をとらせたところ、母乳中の免疫成分が摂取前に比べ13%増えた」とこの事は2007年に日本経済新聞に「発芽玄米、母乳の免疫増進」という記事「国際科学振興財団と筑波大学、東京家政大学が授乳期の女性41人を発芽玄米を主食とする・・」があっての「正論」の書き込み⇒【詳細記事はコチラ

「浅田真央」さん”玄米”を好んで食べている!


新しい生命の誕生とともに一番に母親が赤ちゃんに与える母乳【出産後3日以内の母乳=これを初乳と言い免疫性物質を最も含んでいる】には栄養だけでなく、限りない秘密があるのですね!生まれたての赤ちゃんにはまだ免疫システムが完成していないのです!

Photo_2

産声を上げた瞬間から多くのバイ菌やウイルス、病原体にさらされることになります。しかし、生まれてから約半年くらいまで、つまり、お母さんの母乳を飲んでいる間はほとんど病気をしません。その秘密は母乳に母親の持つ免疫性物質が含まれていて、それにより外からの様々な危険因子から守られているのです。


母乳には赤ちゃんが発育に必要な栄養素が完璧に含まれているのです、母体が絶妙に調合しているので、赤ちゃんが、その時期に必要な多くの微量栄養素=糖質栄養・植物栄養・・・等々が過不足なく含まれているわけなんですね!

Teturyu

札幌医大の再生医療で多く関心を持たれている「幹細胞」この「幹細胞」を劇的に増やす幼児期の栄養成分!ある時期、栄養学はこの重要な営養素を軽視し、見落としてきていたのですね?限りなき大切な秘密があるにも拘らず

「母乳保育か粉ミルク保育か」の是非を問われてから久しいのですが、粉ミルクの中に含まれる大雑把さは、「生化学的」な常識に当てはめると唖然とするくらいお粗末な組成なのですと、コメントがありました!栄養素の基本的に微量栄養素が欠落しているため母乳保育の子どもに比べて、さまざまな幼少期における疾病の要因となっているのも事実ということから、母乳の何が?大切で!重要なのか!・・・・・・


Photo_3

近年解明された糖鎖栄養学から鑑みて、細胞間コミュニケーションを司るいくつかの「単糖類」のうち8種類の「栄養素」の基本は[母乳](=5種類が母乳に含まれていることがわかってきています)にあります。ですから赤ちゃんは免疫力が強く病気にかかり難いと言われる所以なのか

Photo_3

この補完栄養素が、大袈裟ではなく生命活性維持に於いて、とても大切で重要で不可欠な栄養素だという事を、いまだ多くの人の知らないところだという点です。粉ミルクを例にとっても こうした栄養は、まったく入っていません!疑問視する方は、薬局で粉ミルクの含有成分を調べてみてください・・・。それくらい「生化学的常識」から見れば遅れているというわけです!

Mil05077s1


話を戻して、母乳にも含まれている、これらの補完栄養は我々の体にとても大切なので、母なるしぜんは我々の人生の早期に摂取することが出来るよう準備してくれている。母乳には不可欠とされる8つの単糖のうち5つの単糖を含んでいるのです。最近の研究では、母乳を与えることはその期間が短くても長くても人間の成長にいかに大切な事であるか!特に母乳の栄養に影響されることとして最も注目されるのは免疫作用と脳の発達である。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Books1


≪上記の原文≫⇒http://sev.prnewswire.com/health-care-hospitals/20080317/LAM53217032008-1.html

| | Comments (1) | TrackBack (1)

≪情報や本舗≫≪ミクロの決死圏≫≪からだの中を探索!≫≪目で見て!耳で聞く!≫ 

Photo_2

ミクロの決死圏とは、1966年に公開された、SF映画史上不滅の最高傑作で、奇抜なアイデアと卓越した技術の抜群の特撮技術で体内の神秘へ挑戦するミクロの世界を描いた映画でした!

Photo_5


脳内出血を起こした要人の命を救う為ミクロ・サイズに縮小された科特殊潜航艇に乗り込みその体内に入って炎症箇所を取り除くという内容でした!

数年前に病院の検査で内視鏡検査で大腸の中を、光ファイバーカメラで胃の中をモニターで見せられた時、思わず「こりゃー~!ミクロの決死圏だ!」と叫んでいました【もちろん無言でしたが!】 映画は「血管内を血液と一緒に潜航艇が進んでいくのですが!いまや血管内で起きている事が実写で見られることで、43年ぶりに「これぞ!ミクロの決死圏」と

Photo_6

ネット検索中に”株アイカム”という会社が公開している数十秒の実写動画、そして動画アニメは将に映画の「ミクロの決死圏」?60兆個の細胞で出来ている人間の体は小宇宙とよく言われますが、「糖鎖」の働きと推定できる動画もあって”なるほど!”と頷ける!≪いくつか,動画の様子を書き込みしましたので参考までに≫

■ミクロの決死圏!【動画(実写)&動画アニメ】 ←クリック!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

≪血管編≫

Photo  【血管の収縮】

血圧が上がったり下がったりで一喜一憂している方はこの働きをご覧になって下さい!血管の内壁にはビッシリと「糖鎖」が付いている事が電子顕微鏡での画像で公開されているそうです

【肝臓の血管、膵臓の血管 】

膵臓を流れる血液壁にも糖鎖がビッシリと付いていてランゲルハンス島から分泌されるインスリン(ホルモン)を細胞内に取り込めと糖鎖の働きが作用して、トランスポーターという取り込み口からブドウ糖を取り込む!

Photo_2  【白血球が接着する】

赤血球はご存知のように栄養や酸素を体内に運んでいますが、白血球は免疫細胞で血管中を警察官や軍隊に例えれるようにパトロールしているのですが、炎症箇所や病原菌などが発生しているとブログ「・・・」で観られるように糖鎖がその箇所に白血球に知らせるべく突起して出てくると、白血球はゆっくりとクルクルと回りながら炎症を抑えるために、また病原菌を攻撃するために向かっていくのです!この事を”白血球のローリング”と言われる所以です!

【血栓】

の動画ではとても分かりやすく梗塞の原因が見られる、国民的英雄の「長嶋茂雄」氏の心臓の動脈でおきていた血栓が溶けないで、脳に届いてしまったのですね!

Photo_3  【動脈硬化】

その箇所で血管変化が起きれば梗塞が起きて仕舞うということなんですよね? 

≪CGデモ編≫

Photo_4

【CG デモ Vol.1】

何万もの受容体というのが「糖鎖」です!走査電子顕微鏡の開発で細胞生物学(含む糖鎖研究)の分野がドンドンと解明されてきているのです。ここにきて「糖鎖」の事を糖鎖研究のいくつかの大学でも「細胞のアンテナのような・・・」と言う表現をとり始めました!我々の細胞の大きさって、どれぐらか想像つきます?イメージしてください針の先に1万個!分かりにくいでしょうから一万円札が一万枚で一億円、そうです針の先に一億円が広がっているとお考え下さい
その一個一個の細胞の周りに何万もの「糖鎖」が付いているのですから”身体は小宇宙”と言われるのもよく分かります


【デモVol.2】

は【白血球が接着する】の赤血球を除いてのコンピューターグラフィックの画像

【CG デモVol.3】

腸管の内壁粘膜のじゅう毛の先にも「糖鎖=細胞のアンテナ」がビッシリと付いているのです、そこで身体にとって必要か、不必要か(栄養か、毒か)といった働きをしているのですね!毒素排泄に関わる”グルタチオン”も糖質栄養素を摂取する事で増えるという事も立証されているのですから

Single_glycoform_thumb_2

【CGデモ Vol.4】

稲の若苗のようなのが「糖鎖」でしょう!

■【ミクロの決死圏】 You-Tube  ←で見ることが出来ます

■【インナースペース】=リメイク版は「スピルバーグ」が製作総指揮を執っています
 You-Tube 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪糖鎖とは?≫≪4分の動画で・・・! ≫ ≪目で見て!耳で聞く!≫

Photo

■【さてその4分間】・・・あなたの体の中の細胞で日常何が起きているのかを!


【この動画の説明を下記に!≪写真⇒クリックで拡大!≫】


Photo

新星の発見?新種のウィルス?まさか惑星を攻撃しているの・・・否!違いますあなたの体の中で今起きている、細胞のグラフィック映像なんです!まるで雑木林のようですが、細胞にとって必要なものを取り入れ口【トランスポーター】からドンドンと摂り込んでいる正常(健康)一方、左上の細胞では、身体にとって不要なもの・不要になったものをドンドンと吐き出しています【いずれも生命維持の活性細胞ですよね!】


Photo_4

オレンジ色の細菌・バクテリアが近づいてきますが、取り入れ口が開くどころか雑木林の枝先で撥ね付けられています!うしろから黒い突起を持ったウィルスが近づきますが、これも同じく受け付けません【身体に不要なものは受け付けないように設計されているのですね=正常細胞は!】

4個の細胞がお互いにミサイル発射をして攻撃しあっているCGではありません!互いの細胞同士が情報を持ち寄り、光通信?をしているのです【これが”細胞間コミュニケーション!】そ~うなんです、集まって互いに情報交換で”井戸端会議?”をしているのです・・・・【生命維持のためのね】


Photo_5

【ESSENTIAL NUTRIENTS=重要な栄養分と字幕が!】

● 26 Vitamins=26のビタミン

● 72 Trace Minerals=基準値を超えないミネラル

● Fatty Acids=脂肪酸

● Amino Acids=アミノ酸 

上記の重要な又必須な栄養分を全て摂り入れることが健康増進のために必要な事なのですから、正常な働きを持った細胞はシッカリとその役割をしているのです!その為にも下記のことが必要となってくるのです


Photo_2

8個の光り輝く”ダイヤモンドが現れます!実はこれが「細胞間コミュニケーション」を司る8つの単糖=糖鎖なのです!

【MONOSACCHARIDE】=≪生化学≫単糖(類)が細胞内に入り込んでいきます、細胞の内部に入り込みました、沢山の酵素【=糖転移酵素】が出てきて単糖と情報交換しながら【15工程からの糖転換を繰り返し、糖鎖を形成している】タンパク質と結びついて細胞の外にアンテナのように張り出させている

Photo_6

雑木林を作り上げる最初の木が生まれ、ドンドンと増えていきます(まるでアデランスやアートネーチャーのように?)ですから必要で正確な情報のやり取りが出来るのです!黒い色の突起を持ったウィルスがやって来て、細胞に入り込もうとしていますが、細胞のアンテナ”糖鎖”が「これは、不要で害である!」と取り込み口を開こうとはしません、そこにいつも外敵を排除して廻っている「マクロファージ」が、突然表れて飲み込んでしまいました【大食細胞と云われる所以ですね】

赤血球が安心して身体に栄養分と酸素を運んでいます、血管内で健全な生命維持活動が行われることによって、臓器(五臓六腑・血管など)が健康で組織が健康故に、60兆個の細胞で出来ている体が健康を維持していけるのですよね

Photo_3

ところが、一方通行の出入り口のようにお互い交信することなく、情報が行き交わなければ雑木林はドンドンと枯れて行ってしまいます!健康増進に必要な大切な働きが損なわれてしまっては下記の機能が遅れをとってしまいます

● immune system response=免疫系システム

● tissue regeneration=≪生物≫組織再生

● cell replication=細胞複製

● growth=増殖

● structural stability=構造的安全性

● foster fertilization=受精促進


Photo_8

8つのダイヤモンド【糖鎖】が出てきます、そして2つの糖鎖が画面に、一つはGlucose=ブドウ糖で、一つはGalactose=乳糖です!私たちが普段の食事から摂れる単糖はこの二つで、前述の「糖転移酵素転換」による糖鎖の構築によって必要なる物を採りこんで60兆個の細胞が元気で健全で健康なんです

Photo_7

糖鎖の構成をしていくための栄養素が取れないと細胞のアンテナ”糖鎖”は要!不要?の認識が不能になり取り込み口【トランスポーター】を大きく開けて不要物を採り入れてしまい、不健全で、不健康な細胞と化して画像のようにバクテリア・細菌そしてウィルスなどから無防備にも攻撃をうけていしまいます

通信機能が全くと言って、働かず細胞はまるでニュージェント博士曰く「毒の惑星」の様相です!既に生命維持機能を持たない細胞は外敵を防ぐ事もできず細胞内に進入を許してしまう訳です!見廻りの【必殺仕事人】マクロファージも取り逃がしてしまいます!


Photo_9

最後には細胞がドンドンと「毒の惑星」から「死の惑星」と化していく画像で終わっていきますが!実はこの動画はアメリカの医師「ウィレン」博士が作成の糖鎖プレゼンビデオ(本編45分)を4分間に省略したものです

【本編を観る方は!クリック】⇒【パート1】 

パート2

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

Photo_6


≪補足:ウィルスとは生物学上は非生物である≫

他の生物の細胞を利用して、自己を複製させることのできる微小な構造体!ウイルスは非細胞性で細胞質などは持たない。ウイルスは単独では増殖できない。他の細胞に寄生したときのみ増殖できる。ウイルスは自分自身でエネルギーを産生しない。宿主細胞の作るエネルギーを利用する・・・・・ウィキペディアより

2009

             【これがウイルス!】⇒


| | Comments (1) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪再生医療≫≪新たなる挑戦!≫≪脳梗塞≫≪胎児期アルコール症候群≫

Asea
     ≪知って!ガッテン≫ASEAの公開資料



札幌医科大学脳神経外科の宝金清博教授
らは、脳梗塞患者の骨髄液を採取して静脈内に注入し、神経再生能力で脳梗塞の症状改善を目指す世界で初めての治療法を始めたのが2004年の2月の事でした!【宝金清博教授は2010年出身校の北海道大学医学部に戻られたそうです】

Photo_9

2006年の8月、医学部の倫理委員会の承認を得られた事で、ラットではなく脳梗塞で傷ついた患者に適用することで始まりました

Cover_nature

2006年の10月に患者本人の骨髄の幹細胞を使っての国内初の脳梗塞の治療を行う予定が、医学的な条件(患者の)が整わないとして、延期していたのですが、11月になって脳梗塞を発症した半身が不自由になった50代の女性に実施すると発表しました。

骨盤から12月下旬に骨髄液を採取し、幹細胞を抽出し約2週間かけて培養して、細菌やウイルスに感染していないか検査した上で、12日午前に腕に点滴で投与したところ、その時点では拒絶反応は見られなかった事が2007年1月に言及されていますこの詳細を読む

2007年の2月まで50代の女性を皮切りに、数人(12名?)の例の実施!50代の男性【登口さん】例が明らかに効果が表れた事から【詳細を読む!】11月5日NHKスペシャル「眠れる再生力を呼びさませの~脳梗塞・心筋梗塞治療への挑戦~」で放映されたのです
ブログの書き込み!】

Photo 齋藤利和教授(左)と研究者たち(札幌医大提供

治療効果に関する科学的な検証は、まだまだとは言え札医大の脳神経外科の「宝金清博教授」らの脳神経細胞の再生を促す国内初の脳梗塞の治療に同大学医学部の「神経精神科」の「斉藤利和教授が、神経細胞の元になる神経幹細胞が、うつ病やアルコール依存症・胎児期アルコール症候群などの病にも有効ではないかと?ラットを使った動物実験で、可能性が今後あるのではという研究結果を出したと!

札幌医科大学のウェッブが刷新され、医科大に関わるニュースが紹介されていて【asahi.com 】の"知に挑む”脳研究「再生医療」の記事に遭遇しての書き込みです!

Photo_2 コレが神経幹細胞!

以下上記記事の続き・・
最初に試みたのは、赤ちゃんが母胎にいる間に引き起こされる胎児性アルコール症候群の実験だ。母ネズミにアルコールを与え、この障害のモデルネズミをつくる。外見は正常だが、非常に多動で恐れを知らない行動を示す子ネズミになる。生後1カ月のとき、シャーレの中で増やした子ネズミの神経幹細胞をしっぽの静脈から注入してみた。


Brainfunction

その結果、子ネズミの多動などがなくなった。神経幹細胞の移植によって治療ができる可能性が、動物実験で示されたわけだ。ほかに統合失調症のモデルネズミでも、神経幹細胞を入れてやると、脳のネットワークが復活していることも突き止めたという

齋藤利和教授は小樽の病院で断酒会をつくり、アルコール依存症の患者と格闘を重ねてきた。その中で「アルコールの病気は人格障害などではなく、脳で何かが起きている」との確信をもった。教授は、アルコール依存症、統合失調症やうつ病、さらには「キレる」といわれる子どもたちにも脳内神経回路の障害があり、幹細胞移植法が考えられるとみる。


Photo_3

難治性のうつ病は抗うつ剤でかなり治せるが、1割くらいは治りづらい人もいるという。神経幹細胞の移植はこうした難治性のうつ病をはじめ、統合失調症などさまざまな精神の病気の治療に使える可能性もありそうだ。「次はサル。成功したら、精神科でも幹細胞を治療に使える時代が来るかもしれない」と斉藤利和教授は話す。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Chek

このニュース記事に以前書き込みをした補完栄養素を摂る事で胎児期アルコール症候群からの回復改善の報告事例がありました、サラという胎児期アルコール症侯群のため心臓陣害を持ち、脳性小児麻痺を持って生まれた少女のお話です!

サラの義母はサラに補完栄養を与えるとともに、栄養素のゲルを全身にすリ込むことを始めました。 サラがものが飲み込めるようになると微量の栄養補完と野菜&果物の栄養を加えました。

Babysignalingfrontiernutrition_2

4歳の時に小児科の専門医の診断を受けたところ胎児期アルコール症候群についても脳性小児麻痺に関しても全くその疸跡はなく、心臓も正常に発育し手術の必要もなくなっていました。生まれた時のサラの写真を見るとひどい胎児期アルコール症候群独特の特徴が頗つきにあリましたが、いまでは全く正常です。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

Aaaaa■こうした報告は、勿論科学的な証明を示しているわけではあリません!あるアメリカの医科学研究所のバルバドスアロエの研究では権威者のある博士と研究チームが栄養臨床の結果の事例なのです!他にも多数、中枢神経系や膵臓や肺、肝臓や心臓細胞などの説明不可能な機能の回復事例を機関紙で公開していることも事実なのです!

Ca4zilyx_2

(* これらの声明は、決してFDA【アメリカ食品医薬品局】によって評価されているものではなくまた、この製品は、少しの病気も診断するとか、治療するとか、治療するとか、防止することを目的としているものでもありません

| | Comments (1) | TrackBack (1)

≪情報や本舗≫≪糖鎖のはたらき≫≪細胞も言葉のようなものを使って会話をしている≫≪それは糖鎖!≫

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Cell_3

■細胞も言葉のようなもの【糖鎖】を使って会話をしているのです、何が必要で!何が不要か!毒素やバクテリアやウイルスのような外から、やって来る不要なものを排除したり、やむなく体内に入り込んでしまい、損傷した箇所を教えたり、治すように会話をします

■新陳代謝、体温の調整などのはたらきに重要な関わりをもつホルモンとの会話でそれを、何処に使うのか?、今は使わないのか!と言った、必要なことを伝えているのです!

■右の細胞⇒白血球は免疫を司る専門的な細胞です!他の細胞と会話をして健康を支えるために情報の伝達をしているのです、時には悪いことが起き,コミュニケーションがうまく行われません!下記の画像のような事が起きないようにするには言葉ようなもの【糖鎖】がシッカリしていないといけません

■□■□下の写真の解説!⇒【詳細】←クリック!■□■□

Photo_4【詳しくはコチラ⇒≪日経サイエンス2006年≫】


                                                                                                                                                                                                          ■細胞同士がどんな方法で、どんな”言葉のようなもの”で話し合っているか⇒【NEXT】←≪会話に必要な”言葉のようなもの”≫


Photo_8■【理研の画像】より拡大クリック!・・


Photo_7


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2009 | Main | March 2009 »