« ≪情報や本舗≫≪母乳その認識力と学習機能の関係≫≪母乳栄養とアレルギー疾患≫ | Main | ≪情報や本舗≫≪がんペプチドワクチン療法≫≪特別編≫≪がん免疫療法←→自家がんワクチン≫ »

≪情報や本舗≫≪食育≫≪子育て≫≪リンゴを食べることが?≫≪妊婦の食生活!≫≪小児の喘息・湿疹を予防≫

Logo_news3332013年「母乳に関する」最新情報⇒≪母乳で子供を育てるのが最適≫【裏付ける調査】

Banerantiaginglonglife


        ≪「食育&子育て」の最新情報!≫


新しい研究で、1,200組の母子を対象として、出産前から5歳になるまで追跡調査したところ、妊娠中の母親のリンゴの摂取状況と小児喘息および喘鳴の発現率の関連が比較された

【その結果は?】

Photo

妊娠中にリンゴを定期的に母親が食べていた数で比較すると、最も≪リンゴの摂取≫の多かった群(1週間に4個以上)の母親から生まれた子どもと、最も≪リンゴの摂取≫の少なかった群(1週間に0-1個)の母親から生まれた子どもの小児喘息および喘鳴の発現率が大きく違った!


Babysignalingfrontiernutrition

≪リンゴの摂取≫の多かった群の母親から生まれた子どものこれまでの喘鳴のリスクが27%低く、5歳までに喘息または喘鳴を発症する可能性がおよそ半分であったとか。

【トマトが赤くなると!リンゴが赤くなると!⇒医者が青くなる】


【リンゴの予防効果は】
リンゴ中に含まれるフラボノイド等によるものである可能性が高いと研究者は述べているようです・・・また魚を食べるとアトピー性皮膚炎(湿疹)発症率がそれぞれ低下することも明らかになった。


Asea
【“リンゴを食べれば医者いらず”のことわざの理由が明らかに】


Photo_8


リンゴが健康的な食品であることはすでに常識ともなっていますが、新しい研究で、果物に含まれる”ペクチン”と呼ばれる成分が消化器系の善玉菌(friendly germs)を増大させることが明らかにされつつあると言う事です!

■ニュースソース⇒この知見は、≪医学誌「BMC Microbiology(微生物学)≫・・・デンマーク工科大学国立食品研究所での研究(1月20日オンライン版)

Logoまた、ペクチンの驚きの機能が!「りんご」に含まれる「ペクチン」が、身体に取り込まれた放射能≪セシウム137≫を排出するのに効果的ですと、swissinfoに記載されたニュースです

Thumbnail

≪セシウム≫≪リンゴ≫≪放射能排出≫≪ペクチン≫≪原発事故≫


植物ってえらい!植物ってすごい!でこのように⇒野菜・果物に含まれる微量栄養素=ファイトケミカル【トマトのリコピン・お茶のカテキンなど】の働きが生体に重要な役割を持っていることが知られてきていますが、

Ages

オランダの研究機関で妊娠中にリンゴを1日1個食べることが、母親にとって “医者いらず” と言うのはトマトでもリンゴでも風聞として伝えられていますよね!【トマトが赤くなると!リンゴが赤くなると!⇒医者が青くなる】


Realswitchsupplementalfacts


■【リンゴの成分って?知っていますか】りんごはその殆ど(84.9%)が水分で、残りの約15%に含まれている成分⇒クリック!【リンゴ成分


今回のオランダの研究機関での調べで実は、実際に恩恵を受けるのは、お腹にいる赤ちゃんかもしれないとの調査結果が・・・・・

Photo_2

【この調査研究は、妊娠中の特定の食品の母の摂取量が同じ子供たちで喘息とアレルギーの結果と関係しているかどうか調査するために行われました】

Photo

【この調査では、母親に妊娠中の食生活と子どもの食事について、また子どもの健康状態についてのアンケートを行った】


その結果、妊娠中に多くのリンゴを食べていた母親の子どもは、喘鳴(ぜんめい)の発症率が37%低かった。

Photo_2


また、りんご好きな母親の子どもは、果物嫌いの母親の【子ども】と比べて、喘息の症状が46%少なく、医師に喘息と診断を受けた割合が53%低かった

■妊婦と幼児にとって【コチラも↓】新情報! 

≪幼児の認知機能向上と運動能力向上≫≪妊婦の認知力も向上≫

Banerealswitchheader


Ages_2もっと詳しく読む方⇒【コチラ】!

Pubmed

上記に記載されたことは「PUB MED=米国立医学図書館が提供する世界最大級の医学・生物文献データベース」に載っているのです⇒【pub med 検索結果

Photo

米ビューモント病院(ミシガン州)小児アレルギー・免疫科のDevang Doshi博士は、予防効果のメカニズムについてはさらに研究が必要だが、リンゴに含まれるフラボノイドや他の抗酸化物質と何らかの関係があるとみている。

A0113065200

また、医学誌「Thorax(胸郭)」に昨年(2008年)掲載された研究によれば、週に1回以上魚を食べていた母親の【子ども】は、全く食べなかった母親の【子ども】と比較して湿疹になる確率が43%低かった。

Photo_3

米セントジョン病院(デトロイト)メディカルセンターのアレルギー・免疫科のジェニファー・アップルヤード博士は、子どもの食品アレルギーのリスクを減らすために、妊娠中にナッツやピーナッツ、貝や甲殻類を控えることを勧めている、しかしアップルヤード博士は「妊娠中の栄養摂取についてはまだ多くの研究が必要だと・・・

Photo_3

妊婦は自分のためだけでなく子どもの将来の健康のためにも、賢い選択をするべきである」とも述べている!
妊婦がオメガ3脂肪酸(DHA)が不足した状態であるなら、出生時に脳の発達に傷害のある子供と・・・・問題の根本に、胎児とお母さんの関係が要因と

   ■≪妊婦≫≪DHA≫≪胎児≫≪子供の脳の発達≫■


Aaigtrmages


|

« ≪情報や本舗≫≪母乳その認識力と学習機能の関係≫≪母乳栄養とアレルギー疾患≫ | Main | ≪情報や本舗≫≪がんペプチドワクチン療法≫≪特別編≫≪がん免疫療法←→自家がんワクチン≫ »

【食・栄養・サプリ】」カテゴリの記事

Comments

I found this blog. This post VERY interesting.

Posted by: Bensingeelunk | September 25, 2010 at 07:21 PM

Thanks foor any other informative site. The place else could I amm getting that kind of information written in such a perfect way? I haqve a mission that I am just now working on, and I've been at the glance out for such information.

Posted by: 123Bunkbeds.com | November 15, 2013 at 05:41 AM

This article will assist the internet viewers for setting up new weblog or even a weblog from start to end.

Posted by: running man ep 209 360kpop | August 18, 2014 at 01:56 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34281/46525691

Listed below are links to weblogs that reference ≪情報や本舗≫≪食育≫≪子育て≫≪リンゴを食べることが?≫≪妊婦の食生活!≫≪小児の喘息・湿疹を予防≫:

« ≪情報や本舗≫≪母乳その認識力と学習機能の関係≫≪母乳栄養とアレルギー疾患≫ | Main | ≪情報や本舗≫≪がんペプチドワクチン療法≫≪特別編≫≪がん免疫療法←→自家がんワクチン≫ »