« October 2009 | Main | December 2009 »

≪情報や本舗≫≪がんペプチドワクチン療法⑧≫≪産経新聞ニュース≫最新情報≫

Photo_2thumb


_news■最新⇒ガンワクチン療法⑩クリック!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

200pxjhu_homewood_sign

がんワクチン療法 ≫については7回書き込みしています

そしてグーグル検索ページのスポンサーサイトには⇒【科学的根拠に基づくがんワクチン療法 肝がんの再発リスクを81%減少!】とある、クリックするとこの≪がんワクチン≫の研究開発会社「セルメディシン」のとても分かりやすいサイトに行き着く!

このペプチドワクチン療法と同じだと考えられるレポートがNEDO海外レポートに2005年の4月に公開されていた⇒≪癌を撃退するように身体を教育する試みの中で、研究者達はある免疫細胞が他のものより「賢い」ことを発見した

ジョンズ・ホプキンス・キンメル癌センターの研究者達は、ガンに狙いを定めているT 細胞2 種類の癌殺傷率を調べた結果、骨髄に存在するT細胞は血中を循環するものよりも90%以上効率が良いことが判明した≫と


Photo

”Cancer Research 誌”(3 月1 日号)に掲載したこの研究の「イワン・ボレロ医学博士」は⇒「今回、私達は骨髄にあるT 細胞を『教育すること』で、最も効果的に抗腫瘍反応を得ることができるという証拠を掴んだ」と

とても私、素人には詳細は難しく!お知りになりたい方は⇒【NEDOレポート】←37ページ(PDF)         

Sankeinewslogo

先月ガンの3大療法の1つ放射線療法の効果に疑問符が投げかけられた!ここ数年前から既存療法に問題提起の情報が傑出してきていますよね


11月7日には、オンラインの「産経ニュース」で【がんと闘う ワクチン療法】(中)免疫療法 人により効果に差≫このニュースの中で「丸山ワクチン」の謎が解けたのでは?

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Maruyama_img

1980年代には米国でも初期のがんワクチンが臨床に導入されたが、期待されたほどの効果がなく、丸山ワクチンの承認見送りと合わせ、「免疫療法は怪しげなもの」との印象が広まり、現在に至っていますが、

ここにきて、「自然免疫」の働きが解明され、 丸山ワクチンは自然免疫、現在のがんワクチンは獲得免疫を主に利用するという違いはあるが、がんワクチン療法もこれまでに解明された免疫の理論に基づいて行われている・・・・・・

■コチラも⇒【詳細】=産経ニュース(2009年11月7日)


Photo_3
情報や本舗がんペプチドワクチン療法≫③新聞記事【ワクチン療法の詳細!】に丸山ワクチン書き込みをしています!

虎ノ門病院の病理部で多くの病巣を見てこられた「遠藤雄三」医学博士は≪丸山ワクチンとがんを考える会≫の2006年の講演会で「大人のがんは生活習慣病・・・従ってがんは予防できる」と演題で講演されています

■≪補足:病理医って?それは、重大な病気,例えば”がん”などが疑われた時には,病理医の診断によって治療が大きく変わると言うことをご存知でしょうか≫

Photo_2

ホリスティックケアーで多くのがん患者の信頼も厚い「帯津三敬病院」院長帯津良一先生がこの講演会で登壇しています

Continue reading "≪情報や本舗≫≪がんペプチドワクチン療法⑧≫≪産経新聞ニュース≫最新情報≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪C型肝炎患者≫≪コーヒーで!≫≪疾患の進行を遅らせる≫パート②

Photo

Photo_4【メルアド】ここをクリック!

                   □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


コーヒーを飲んでいる人は肝臓がんの死亡率<が低いという疫学的研究結果が日本や欧米の研究グループから多数報告された

Photo_2


、コーヒー摂取と肝臓がん発症リスクとの関連について検討した10件の研究(肝臓がん患者2,260例)のメタ解析を行った結果が2007年にイタリアの研究グループから報告されています。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ≪画像の解説≫


図:C型肝炎ウイルスの持続感染により、肝細胞の壊死と炎症が起こり、次第に肝臓の線維化(結合組織の増殖)が進行して肝硬変になり、さらに肝臓がんが発生する≫


Ffa5041435fe9d8eb519b648f2b5ec9a【画像をクリックして下さい!】


コーヒーを多く飲むとC型慢性肝炎の進行や肝臓がんの発生が抑制される【進行速度が遅くなる】ことが報告されている、


■画像&もっと詳しくは⇒コチラのサイトから

パート①でも書き込みのコーヒーに含まれる「アラビノガラクタン」や「アラビノマンナン」に由来する多糖類やオリゴ糖類が作用するのではないかと考えられません?


Photo_3

コーヒー豆に10%以上含まれるアラビノガラクタン、このアラビノガラクタンの腸内細菌の増殖に対する影響、それは特定のビフィズス菌を増殖させる効果があることを発見しましたと(この成果は日本食品微生物学会で論文にて報告しています)
Photo

補完栄養素に含有の西洋カラマツ由来の「アラガラクタン」!が腸管でシッカリと腸内細菌によって分解吸収されていると「スクリプス研究所で証明されたことも改めて特筆しておきます!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪糖鎖の栄養素≫≪特定保健用食品≫≪トランス脂肪酸≫≪消費者庁≫

Ima666ges

Photo

政権が交代した際に看板が掛けられた消費者庁でしたが、厚生労働省のお仕事の一部でもあった、特定用保健食品・栄養指導と二つの発表が消費者庁からあった!

①つは「トランス脂肪酸」の含有量の表示を義務付け!

②つは「特定保健用食品の廃止を検討」

Photo_2

①「トランス脂肪酸」と言えばマーガリン・ショートニングですが、日本人の一日の摂取量1.56グラムアメリカ5.8グラム⇒”転ばぬ先の杖”で結構なことです!

明治乳業・マクドナルド・ミスター・ドーナツはそれぞれ決定事項には従いますと

②特定保健用食品」の認可承認をとっていた花王が製品名「エコナ」に発ガン物質が含有されていたことから特保の取り下げ⇒今日、消費者庁は今後特定保健用食品の廃止を検討協議すると!花王が引き金となってしまうのか?

≪花王のエコナは数年前から巷では囁かれていたそうです?以前から疑問に思うのは糖尿病の血糖値を下げるという製品がいくら生活習慣病だからといって、

コンビニの飲料水の棚の中に氾濫している内は未だしも!最近はく区分けで言えば菓子類のなかにも氾濫しつつある≫

Imag777es

トランス脂肪酸含む商品は、店舗から撤廃しますと「セブン&アイホールディングズが方針を打ち出したasahi.com 2010.12.26のニュース・・・(すでに見れませんが)

Imag888es_2


それは、チョット短絡な言い方にはなりますが「難消化性デキストリン」が含有量の関与成分が認められれば認可されるという⇒問題ありと思いませんか!

「難消化性デキストリン」とは、ブドウ糖がつながった構 造を持つ体内酵素で消化されない物質の総称で、そのはたらきは食後の血糖値の急激な上昇を抑える・食物繊維として、おなかの調子を整え、便通を良くする


20120827004705422


糖鎖の栄養素は細胞のアンテナの働きを良くして、インスリンを細胞に取り込むことに関与して血中のブドウ糖を潤沢に取り込む役割のサポートをするのです、特定保健用食品の認定はありませんが!血糖値の定義からするなら・・・・・・どちらが?

Images888

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪ウエークアップ!ぷらす≫≪音威子府≫≪おといねっぷ美術工芸高等学校≫≪廃校寸前から再生!≫

0210_dsn_mannatech_bicycle


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Photo_9

11月21日(土)今朝日本テレビの「ウェークアップ!ぷらす」で北海道のある過疎が進む村でのとても気も晴れ晴れとするような放映があった、その村は人口わずか800人という、

北海道で一番小さな村「音威子府」村⇒難読駅名検定 なんて読むでも出てくる、正解はオトイネップ!」

Images_4


そしてこの村にある廃校寸前だった【1984年に工芸高校に改組したことで全国的人気を集めているのは、生徒一人一人の個性を伸ばしてくれる授業にあるようだ!


生徒たちが納得するまで続ける学校の教育方針で、夢中になれる授業がそこに生まれているのでは?

また今どきの若者ならカラオケやゲームセンターなど一軒もないこの村に魅力を感じているのは、全寮性という小さなコミュニテイで「美術」と言う共通項での楽しみ方を見出しているのではないだろうか・・・・・


2009sa

今年あっという間にベストセラーの「村上春樹の1Q84!」と同じ年号というのも何かの縁でも?】北海道おといねっぷ美術工芸高等学校 が全国から生徒が集まる人気高校へ再生したという話でした、


いまや倍率は2.6倍!わずか全校生徒100人の全寮制、それは地元からの学生は一人もいなく、15歳からの子供達を預かる学校の先生は毎日誰か彼かが泊り込むそうです・・・・


Photo_8

≪村立で全日制の工芸科の高校!これは非常に珍しい学校と言えるかなと思いますと「花松高校長は文科省で意見を述べています≫⇒【おといねっぷ美術工芸高校

番組では生徒達がオリジナリティー豊かな作品をつくり出している、生徒達の作品を紹介していましたが、実に自由奔放な作品ばかり

Banerredox

色鉛筆500色を超えてのかつて作品制作ということでは考えられないような海に川にいる生物を描く男子生徒!離れて暮らす年の少し離れた妹の日常の生活を題材にして描く女子生徒!


1911mura

いまや、村の代表的な存在である”おといねっぷ美術工芸高校”石狩川に次ぐ北海道第2位の天塩川のほとりに位置する、

10257b4f641c8bc64f0360eec96fbf01


 

豊かな自然の中で、校内には充実した設備、環境があり、先生方が熱心に生徒、保護者、村の方々ともに「夢を語れる学校づくり」に邁進していることが、地域の活性化にもなっていて

魅力一杯の村であり学校が「ものづくり」をとおして創造力および確かな力と豊かな人間性を育成することを目指し、成果をあげているのでしょうね!Aaigtrmages


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪第9回ジェンナー糖鎖生物学≫≪医学シンポジウム≫≪糖質栄養素&多糖類のテクノロジー≫

Pic1
       知って!ガッテン糖鎖情報や本舗


Ecsegar09

グーグル・ファイナンス・ニュースに糖質栄養素の会社・・・に驚きのニュース発表がありました!糖鎖の栄養素を摂った被験者の血液中の糖タンパク質に利点のある変化が見られたと・・・

Bibbia06


■このニュースのすごい事の根拠を求める方に学術論文が提出されて⇒ 【学術論文】

糖鎖の栄養素開発会社の科学者による【第9回ジェンナー糖鎖生物学と医学シンポジウム】プレゼンテーション 

■【シンポジウムのプログラム】⇒グーグル翻訳版      

                           (2009年10月8日)

Inthenews5full⇒【セネット博士⇒医薬素材の特許をお持ちの博士】


糖質栄養素の科学者は、糖鎖生物学と医療シンポジウムで科学を提示しました !2009年9月13日~15日ベルギーのブリュッセルで開かれた第9回年次ジェンナー糖鎖生物学と医学シンポジウムに於いて糖質栄養素の多糖類コンプレックス(パウダー)についてのテクノロジーを2つのポスター発表でプレゼンテーションが行われました。

Photo

最初のポスター発表が、糖鎖の栄養素開発会社科学部門の最高責任者ロバートAセネット博士により
行われ、その詳細はマウスに多糖類=粉末(パウダー投与前と投与後での臨床試験データを示す表示をセネット博士の口頭で行われた!

Inthenews8full【左端にセネット博士・右端がボイド博士・←白いジャケット姿がアクスフォード博士】

≪ジョン・アクスフォード博士≫は、火曜日(2009年9月15日 ) の「セッション7」:【糖鎖の診断と治療 】
Chair: Prof John Axford, St George's University of London, Director of the Sir Joseph Hotung Centre for Musculoskeletal Disorders London, UK 司会:「ジョンアックスフォード教授」=ロンドンジョージセント大学(イギリス)、

Logojyennna


2.30 pm午後2時半 ntroduction はじめに
Prof John Axford, St George's University of London, Director of the Sir Joseph Hotung Centre for Musculoskeletal Disorders London, UK筋骨格疾患について、ロンドンHotungセンターのディレクター⇒サー・ジョゼフ (英国 )・・・・・・


Science

そして結果は、≪健康なマウスの結腸内の遺伝子発現に有益な効果があります≫と遺伝子発現解析で知られるニュージャージー州プロダクツ安全研究所でテキサス大学サウスウェスタン医療センターダラス校の科学者によって、動物実験をユーロフィン”Eurofins”⇒【補足:世界30各国で800億円の売り上げを食品検査などで計上する、国際的に比類のない検査機関(従業員が3000人)です!・・・・・情報や本舗調べ】

Cover_nature3

開発会社の研究開発(R&D)グループが資金を提供し、プロジェクトを管理し、コンパイルされたデータです

【補足:コンパイルとは人間が書いたプログラムをコンピュータの判る機械語に翻訳したという意味だそうです】

2番目のポスター発表は聖ジョージのロンドン大学【補足:ジョン・アクスフォード博士が聖ジョージ病院の医学学校の教授を務めている大学】の研究者が、コチラは動物ではなくオープン?で人間の研究による多糖類(Advanced Ambrotose)パウダーが血液中においてN -グラ イコシレーン(グリコシル化) した糖鎖プロファイル【=糖鎖の特徴.特性?】.に影響を与えるという発表でした!

Covermedium

今回の「糖鎖生物学と医療シンポジウム」には、ヨーロッパアジア、アメリカ合衆国の糖鎖生物学や医学の分野での主要な研究グループから100名以上の医療関係者が出席しました。この会議は、王立医学協会(英国)によってレガ医学研究所のルーヴァン・カトリック大学(ベルギー)との共同で開催されました。

Photo ⇒【ジョン・アクスフォード博士】

【王立医学協会はジョン.アクスフォード博士が会長を務めていました...・この協会会長は日本で言えば“厚生労働大臣”“医師会会長”“癌学会会長“と3つを兼任するようなものだと聞及んでいます!「】この研究は糖質栄養の研究開発会社からの学術研究助成金によって賄われたそうです


■オンラインで公開発表の 英語版ニュースを情報や本舗が辞書を片手に翻訳をした書き込みです専門外の事ゆえ、誤訳があるかもしれませんグーグル・ファイナンスのニュースは何故か消えていましたが、会社の「in the news」にはありましたので翻訳試みしてみますか!⇒ 【原文ニュース

Photo_9

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪オバマ大統領≫≪医療のトップ項目に”自閉症スクリーニング"≫

Photo_5【2010年8月更新!】ある医療研究所での≪自閉症の臨床データ≫

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
Header_3

Photo_6

【事実!】知見に基づく最新の糖質栄養学なのです、子どもたちの身体の健康・脳の健康を広めている故”七田真”さんの右脳開発による「七田式教育研究所」や”鈴木昭平”さんが始められた「エジソン・アインシュタインスクール」でも【糖鎖の栄養素】を摂りいれている、お子さんが多いようです

                   □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


Photo

2006年アメリカの議会は自閉症対策法案【Combating Autism Act】毎日のように自閉症に苦しむ何千もの家族の日々の窮状認識しての疾患関連の画期的な法案だった!当ブログでも≪自閉症の新しいガイドライン=米国小児学会≫で書き込みしましたが、2009年9月にオバマ大統領は実践すべき医療のトップ項目に”自閉症スクリーニング”【選別検査】


大統領のホワイトハウス 24ポイントの政策リストの中に自閉症のことが入っています、4つの箇条書きにて自閉症との取り組みを次のように

Photo_2

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

■ 1.自閉症のための研究、待遇、治療、検査診断、国民意識の向上とサポートサービスのためのさらなる資金提供。

■ 2.自閉症の人々のための「一生涯のサービス」(子供たちの、また大人たちの)多くの両親は、自閉症児のために治療や診断の為にお金を払おうとするが、彼らの子供たちスクリーニング【選別検査】と治療の料金を払うのに苦労するため、この個人負担を少なくする

■ 3. 2006に制定されたCombating Autism法【自閉症の為の法律】のための、より多くの資金提供をします。


Photo_4

■ 4. 2歳児のうちから自閉症を見つけ出すために、すべての幼児に普遍的なスクリーニング【選別検査】による全ての乳幼児を再度診断し、自閉症を見つけ出すことを行います。この事はとても大事なことで、自閉症の子どもたちは両親・小児科医が心配事を口にしない限り、小学校入学まで自閉症への治療が行われない。早期の診断と治療がより早く始まるほど、それはより効果的なのですが、国のスクリーニング計画で見逃してしまうのです!こうした行動で子供の数を減らすことができます

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

簡単なチェックテストDefault

■アメリカでの自閉症診断がくだされる平均年齢は3.1歳!親が自閉症の兆候に気づいて医者の診断をあおいだにもかかわらず、「心配する必要はありません。」「考え過ぎです。」「もうちょっと大きくなるまで待ちましょう。」などと言われて、大切な時期を逃してしまうこともあります。リサーチによって、自閉症は早く発見され早く治療を始めれば始めるほど良いことが現在明らかになっています。

赤ちゃんが18ヶ月位になるまでに言葉の遅れなどから親が気づいたりしますが、以下は18ヶ月以前の自閉症の赤ちゃんに見られるかもしれない兆候です。アメリカ小児科アカデミー(APA)では2歳になるまでに二回、自閉症の検査をすることを薦めています⇒ここに「自閉症のチェックリスト」←”クリック”をご紹介します


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


Cover_nature11

またこのような事で、政府と個人で加入している保険へのおおきな保証をすることもできるだろうし、最近の調査で、自閉症の親の52パーセントが、そのケアと治療の為に家族のためのお金を使い財政を逼迫していると答え!自閉症を持たない家族の13%程度の親が子供の病気やケアが家庭の財政を逼迫させると答えた、

Ad1

2006年に制定された法律(Combating Autism act)は5年間の間に自閉症の研究や治療リサーチ等に10億ドル【1.000億円】を供給するという事が決定されたが、【米国の経済事情もかさねっていることも加わってか?】まだ2億ドル【200億円】しか供給されていない。


Cover_nature3


疾病対策センター(The Centers for Disease Control and Prevention)は、9ヵ月18ヵ月&24ヵ月または30ヵ月に健康な赤ちゃんに対して自閉症の検査をすることを小児科医に勧めるのですが、多くの小児科医がそれらのスクリーン・テストに手が回らないのと、推薦されたこのテストが軽い自閉症には十分敏感でないことが、対応の悪さだったようです!自閉症の早めの検査は、本当に素晴らしい考えですが、この問題に意欲的なオバマ大統領のチームであっても、この事は、とても困難なことでしょう

Photo_3

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪C型肝炎患者≫≪疾患の進行を?≫≪コーヒーで遅らせる≫パート①

                 
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
Barner_4

Photo_4【メルアド】ここをクリック!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

2009oct29hhno1

2008年5月に【膵臓ガンのリスクを「コーヒー」が!=大腸ガン&肝ガンも?=】2002年頃からコーヒーを飲むと血糖値を正常に保つインスリンの働きが活発になる?と書き込みをしていましたが、つい先週の29日に今度は>「コーヒーを飲むと、慢性C型肝炎患者の疾患の進行を遅らせることが新しい研究により判明した!」とアメリカの医学誌「Hepatology(肝臓学)」11月号に掲載されました(2009.10.29掲載)

Photo

米国疾病管理予防センター(CDC)によると、米国で300万人以上(世界人口の2.2%)がHCVに感染している。米国ではHCVが肝移植の主要な原因となっており、毎年8,000~10,000人が死亡しているそうです


この研究では、患者766人を対象に、コーヒー、緑茶および紅茶の摂取についてたずねるとともに、3カ月ごとの診察を約4年間実施したほか、18カ月目と3.5年目に生検を行い肝疾患の進行を調べた。その結果、1日に3杯以上コーヒーを飲む患者は、コーヒーを飲まない患者に比べ肝疾患の進行がみられる確率が53%低かった・・・と!この詳細は⇒【HealthDay News より】

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


Data

どうしてコーヒーが、このような疾患に対してガンのリスクを軽減したり、疾病の進行を遅らせるのか当ブログの【膵臓ガンのリスクを「コーヒー」が・・・】でも書き込みしましたが!コーヒーに含まれる「アラビノガラクタン」や「アラビノマンナン」に由来する多糖類オリゴ糖類が作用するのではないかと考えられません?。今でも多くのがん患者が使用している「丸山ワクチン(SSM)」の有効成分が「アラビノマンナン」です


Photo_2

生体に対する糖鎖による免疫賦活作用については無数の研究結果が検証されています。大和薬品のバイオブランのアラビノキシランという糖鎖、丸山ワクチンのアラビノマンナン、牛結核菌(BCG)のアラビノガラクタン、そしてこのブログで再三紹介の「糖質栄養素」の開発会社の製品に含まれるアラビノガラクタンなどは免疫賦活作用が証明されています

コーヒー・免疫賦活剤と言えば、”UCC”の上島コーヒーが2006年に技術開発発表をしていました⇒【ここをクリック!また「免疫賦活剤とその製造方法」で特許出願も同時にしていましたコーヒー抽出物がアラビノガラクタンを含有する抽出物である免疫賦活剤であるこの免疫賦活活性が、マクロファージなどの免疫担当細胞の増殖促進に由来することを特徴とする⇒【詳細はコチラ!】

Photo_3

ここからの2007年12月のUCC上島コーヒーが神戸大学との共同研究発表「コーヒー豆由来アラビノガラクタンビフィズス菌増殖効果を発見!」多糖類コンプレックスに含有の西洋カラマツ由来「アラビノガラクタン」が腸管でシッカリと腸内細菌によって分解吸収されていると「スクリプス研究所で証明されたことと非常に関連する発表だったのではないでしょうかね?

Photo_4

コーヒー豆に10%以上含まれる水溶性多糖類の一種であるアラビノガラクタン、このコーヒー豆由来の多糖類の生物活性については今までほとんど明らかにされていなかったのですが、今回、アラビノガラクタンについて注目し、アラビノガラクタンの腸内細菌の増殖に対する影響、それは特定のビフィズス菌を増殖させる効果があることを発見しましたと(この成果は日本食品微生物学会で論文にて報告しています)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2009 | Main | December 2009 »