« December 21, 2008 - December 27, 2008 | Main | January 4, 2009 - January 10, 2009 »

≪情報や本舗≫≪盛大な人生≫≪今年の干支丑≫≪十牛図≫≪中村天風≫

PhotoImg_1494318_59151247_0Photo


                                                                                  今年も未承認!未確認!未知なる情報!の配信に取り掛る所存です。昨年暮れ、あるサイトに「思わせぶり?」「ほのめかし広告サイト?」の情報や本舗の書き込みがあるとお知らせ情報が!


004

そしてそのサイトには「スポーツ新聞の一面の書き方みたい!」と書き込みが、ここまでまでくれば光栄の至りで年を跨いで嬉しい情報の書き込みでした!【情報とはウィキペディアによると】

成功の実現
日本経営合理化協会出版局
中村 天風

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 成功の実現 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

さてさて今年は干支が丑!我が家には数十年前から楽焼のお皿が十枚セットで、色も一枚一枚違うのですがその皿のほとんどに”牛”と”童子”の絵が書かれています!

ご存知の方も?「十牛の図」と言って禅の修業を「牛を探して飼い慣らすということ」にたとえた図なのですが、多くの方々がこの図の解説をしています≪中村天風・梅原猛・・・≫

Photo_3

【中国宋代の禅僧=廓庵(かくあん)によるものが有名です】

■私の最も尊敬し、最も啓蒙の受けた中村天風氏の口述本で1999年に発刊された『盛大な人生』の「第5章 大事貫徹」p245~p331に天風氏が「十牛図」の解説を、お話されています!

≪年の瀬を迎えようとしている師走に、ある方から頂いた第5章の「十牛図」の要約解説だそうです!下記にコピーして貼り付けましたが、お急ぎの方は・・・・・ウィキペディアに「十牛図」 ←クリック!≫

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Photo_3

第一図・・・「尋牛(じんぎゅう)」
一人の童子が、牛を尋ね、深い山中にわけいって行って、あちこちを眺め回しながら、牛らしいもの【悟り・無】は、どこかな?、いないかな、と目をみはるが探しだせない、そこで困りよわっている状態だ。


Photo

第二図・・・「見跡(けんせき)」牛【悟り・無】をたずね求め、山、また山と探しまわって歩いた童子がね、やっとのことで、谷川のほとりに牛の足跡【経典・公案≒禅問答】を発見したんだ!


Photo_4


第三図・・・「見牛(けんぎゅう)」さっきは跡【経典・公案≒禅問答】を見たんだね、ところが今度は牛【悟り・無】を見たんだ。童子が尋ね求めて、苦心惨憺のうえ、やっと牛の半身【悟り・無の入り口?】を見つけかけた

Photo_2


第四図・・・「得牛(とくぎゅう)」
やっとの想いで、牛の半身【≒悟り・無】をつかまえたか、つかまえかけたのだけれど、どうしてどうしてこれが思うようにならないんだぜ。ややともすれば元の山奥の谷川に逃げ帰ろうとして暴れやがる。それ【悟り・無】をまた、逃がしてなるもんかと懸命に努力して、引っぱりっこしている

Photo_5

第五図・・・「牧牛(ぼくぎゅう)」やっと見つけて、とっつかまえた牛【悟り・無の入り口?】を飼いならして、育てあげようとして、そして悟ったといったって駄目だ駄目だ。命がけで、己が悟りのまんまで生きていかなきゃならないのだよ

Photo_6

第六図・・・「騎牛帰家(きぎゅうきか)」何を一体ぜんたい暗示しているかというとだね、今までなかなか手なずけ飼いならすことのできなかった荒牛も、次第しだいに飼い主の思うように馴れてきて【禅問答・修行=(天風会で言う理入・行修)】、背中の上に乗り、のんびりと笛を吹いたりして、牛【悟り・無】とともに楽しみながら家【心身】に帰れるようになったわけだ。

Photo_7

第七図・・・「忘牛存人(ぼうぎゅうぞんにん)」この絵を見て、まず最初に皆さんが気づきになることは、今まで童子と一緒にいた牛【悟り・無】が居なくなっているでしょう?子供ひとりだ!これが、どういうわけか考えてごらん。第六図では、求める人と求められた牛【悟り・無】とがまったく一体となって、いわゆる無心無我の境に没入したのだよ。ところがどんどんと、修行が進んで気がついてみるとだな、今まで求めていた牛【悟り・無】、いわゆる本然の自性、自我の本質、そのなかに存在する本心というものが、ほかのところにあるんではなく、またほかのものではなく、自分自身であったということを暗示したのが、この図なんですぜ!!!

Photo_3

第八図・・・「人牛倶忘(にんぎゅうぐぼう)」
こらなんと、ここには何もない人も牛【悟り・無】もともに忘れちゃった、何にもない!もとよりこころの法は「無きものを夢現とは何を言いけん」

まーんまるいもの、仏様の方じゃ、これを「円相」と言っていますね、円相とは何を暗示してるんだろうねぇ?

Photo_8

第九図・・・「返本還源(へんぽんげんげん)」梅の花が咲いて、馥郁として、『染めいだす人はなけれど春来れば 柳は緑 花は紅 染めねども山は緑になりにけり おのがいろいろ 花もなきなり』

これは自然現象の表現の歌なんだけど、何をいったい暗示しているかというと、”修養もしつくして、本然に返るということ、これは難しいことだけどね”と言っているんだよ

Photo_9

第十図・・・「入廛垂手(にってんすいしゅ)」これで、終わりだ!ここでは布袋様が立っている、布袋さんが袋をぶらさげて店に入って来たっていう絵図なんだ。布袋さんは、度量の大きかった人で、人がほめようと、くさそうと、気持ちのなかに何も感じないで始終にこにこと笑っていた人だったの だから、ニコニコ笑っている人を布袋さんのようだと言うんでしょう!もっとも日本じゃ”えべす”【恵比寿】さんのようだと言うけれども

霊性生活の実行、言いかえると、常に誠と愛でひたすらに、人の世のためになることを言ったり、来たり実際に人生を生きている人の姿だと!こう言っていい

八の図までが、自分のお願いで、九の図と十の図が他人のお願いだろう!もっと現代語とやらを使えば、八の図までは世の中の人の役にたつための自分をつくる用意のための行修で、九と十の図にいたっては初めて利他・他人のために生きる命ができると、こういうわけ何ですぜ!!!

【悟りを得た童子が布袋様の姿になって町の店へ来て、別の童子と遊ぶ姿を描き、人を導くことを表しているそうです】

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Photo

【  】内は情報や本舗の書き込みです!次の円相は天風さんのお書きになられた”円”です

Img96dd0a91zik6zj


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪栄養素に於ける生理学上の応答反応≫≪正しい応答≫         

Photo_3


糖鎖の栄養素の話題になって、お話を進めていくと、決まって訪ねられる事は「糖尿病に効きますか?」「血圧下がりますかね?」「がんの人に勧めてみたいですね!」と特定の病気に対しての効果をよく訊かれます

残念ながら(?)、薬事法・会社のコンプライアンスなどにより、そのような効果があっても言えないことになっているのです。

Photo

ここです、糖鎖の栄養素を私は、食品であって食品でない!薬であって、薬でない!と・・・・何故か、”とんち問答”のようですが、その答えを糖鎖の栄養素の研究者の一人である「マクダニエル博士」が「The Correcting Response」=「正しい応答」とレポートされています


Photo_2

細胞のアンテナ糖鎖の働きを高めて、細胞と細胞がコミュニケーションを行い、体にとって「正しい応答」を引き出すために、体に足りない栄養素・なくてはならない栄養素が生体に摂り入れられると、生体が反応をするらしい!


薬の副作用で起る反応・東洋医学で言われる好転反応(メンケン反応とも)とは、似て非なるとはいえ多くの人が体験する「正しい応答」・・・・・是非とも詳しくはお読み下さい!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

12042605_1261354463879735_582454403

  ■□=The Correcting Response=□■

            【正しい応答】 

   Physiological Reactions to Mannatech Optimal Health products 
   (By H .Reg McDaniel /M.D.)


■正しく適正な食事を摂ることで又健康を構築する為に開発された糖鎖の栄養製品を補完することで、身体にとって劇的にとても良い反応が出始めます。

          ■≪理想的な応答≫■

理想だと応答はどんどんと改善されていく感覚で起こるのです。先ず最初に疲れにくいということに気がつきます そしてエネルギーが一日中働いて持続します。朝の目覚めがとても良く、夕方になると疲れが出るといった、以前よくあったことも改善されていく感覚を感じることでしょう。翌朝にはもっと目覚めの良い朝を迎えるということに、心理的にも情緒的にも健全な状況を感じるとともに、どんな些細なことにも悩んだりすることも無くなり、あなたの古き行動パターン・気分の優れなさを置き去った感覚で、幸せと感じ始めることになるのです。


Cy_050101
 


 ■≪正しく起きる応答≫■ 
                                 
細胞間コミュニケーションを通じての免疫系の働きが始まると、同時に生理学上・生化学上の不安定なバランスを保ちながら身体の何らかの不快な感覚が起きうることがあるかもしれない。それは長い間の不適正な食事を取り続けてきたことで、そう簡単には身体を調整することが難しいと言うことなのでしょう。                                    
不適正な食事を取っていたことで生じるかもしれないこれら応答が出たときは、身体が健康の改善・回復の状態へ向かっているのだと確信を高めることでしょう。その応答とは発熱・発疹・蕁麻疹・甚だしいガス・水っぽい鼻水・頭痛・不眠・喉の乾き・疲れやすい・不活発無気力・吐き気・下痢・単純ヘルペス・口の乾癬・口内糜爛・便秘・めまい神経過敏・様々な身体の痛み・及び関節と筋肉の痛みなど等々!                         Data
                                                                  
あなたが、これらを正しい応答と認識するなら、より良い健康へ向かっての道のステップだと考えてください、これらの応答反応は長い目でみると多くの利点を得るための小さなリスクだとも考えられませんか?

あなたの身体が不適正な食事からくる情緒的ストレス・物理的ストレスおよび環境ストレス【重金属など長期に渡ってさらされてきた食材・石油化学製品・その他の化学物質】によって、あなたの持ち合わせている自然防御体制は少なくとも何らかの危険にさらされることになります。免疫系が回復される時 その応答はインフルエンザの兆候に似た状況を起こすかもしれません              

Vitrv

人体は身体に蓄積される毒素を排泄排出するための驚くべき浄化システムを持っています。このシステムに不具合が生じた際に排泄機能が作用することなく毒素は増え、体内の脂肪として格納し始めるのです。一旦この自然浄化システムが効率よく働き始めると、応答が生じて、腎臓・肝臓・皮膚および肺が蓄積された毒素をより早く取り除こうと免疫システムを稼動させるのです。これらの応答は身体中のあらゆるリンパ腺に波及して吐き気・頭痛・膨潤とといった症状を引き起こします

           ■≪アレルギータイプの応答≫■

胃の中の塩酸の欠乏またはその機能障害によって酷使された肝臓および副腎によって、ある種のアレルギー応答が出始めます。そのアレルギーのタイプは発疹と息切れです!

           ■≪応答が出始めた時には≫■

一日あたり100ポンド(60キロ)の体重につき少くとも1クォータ・ボトルの水又は野菜・果物のコンビネーションジュース・天然の炭酸等を飲むことで毒素を洗い流し腎臓の自然排泄システムの働きを活発にします。果物・野菜などの糖質シリアルを多く摂ることを心がけてください、こうすることで体内からの毒素を排除する機能を高めてくれるからです!

積極的に15分間は歩くと言うエクササイズを日課としてください。こうした適度の運動も外毒作用の働きを高めるので、とても良い方法です!もしも応答が我慢出来ないほどになったら2・3日摂取することを止めるか!量の調節をして序々に細胞の回復を待って、以前摂っていた量に戻していくことを試みてください

細胞の回復レベル機能に必要とされる修復機能に合わせるためにも繰り返し摂られるべきだからです

                                                                 【訳文:テンボス】

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

Photo_10

糖鎖の栄養素■は、最良の健康=(オプティマルヘルス)をサポートするための補完栄養を目的に開発されたものであり、疾病の診断、治療、治癒、あるいは予防を目的としたものではありません。当ブログに記載された情報は、医師による治療などに取って代わるものではなく、栄養に関する一般的な知識を深めていただくことを目的としています

Continue reading "≪情報や本舗≫≪栄養素に於ける生理学上の応答反応≫≪正しい応答≫         "

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪ チームマナテックの38歳のカウボーイ≫≪世界チャンピオンに!≫

 ■【ラングラー世界タイダウンローピング選手権の最終戦】■

証券ニュースの一つ「トレーディング・マーケット」から 【原文】からの情報や本舗訳


Tiedown_2

12月13日ラスベガスで開催されたタイダウンローピング【カーボーイが馬に乗り子牛を追いかけロープで引き倒して手と足を縛り上げる競技】の世界チャンピオンを決める大会でチームマナテックの「スタン・スミス氏が初のタイトルを獲得したニュース!

世界で最高のカウボーイとしてトップランキングのスミス氏は38歳で一年に100を超える都市を廻ってパフォーマンスを繰り広げています

Tiedown_1

2001年には子牛をなんと6.7秒と言う世界記録でタイ・ダウンしたのです

【6.7秒は、馬に乗り子牛を追いかけて、ロープで捕らえて馬から下りて足を縛り上げる時間ですから!凄いことですね、オリンピックの100メートル金メダルのボルトの世界記録が9.69秒ですよ?】

2003年にチームマナテックのメンバーとして活動中でもあります。マナテックのスポーツマーケティングのシニアディレクターでかつてアメリカンフットボールダラスカーボーイズに在籍、世界中で毎年、9、000万人以上の人々が観戦【メディア媒体を含む】すると言う

Photo_12

スーパーボールテレビ放映権もとてつもないのですが発端はマッキントッシュ≒マックのCMだったのです!その■CM=You Tube クリック】でワイドレシーバーとしてタッチダウンパスを成功させ大活躍のスーパーボール出場の大変な履歴の持ち主「ブッチジョンソン」氏は

Photo_2

「我々は今回の偉業を成し遂げたスタンスミス氏を大変誇りに思います」「スタン氏はチームマナテックのイベントプログラムに於いても中心的存在で、ロデオ会場以外でも更なる活躍成功を期待しています」とコメント!

スタンスミス氏は健康増進を推進しているチームマナテックのメンバーの一人で、国際的なスポーツアスリートです!多くのアスリートたちが最先端のトレーニング技術を取り入れ最適な栄養補助剤を取り入れています。スタン氏は補完栄養素として健康増進の役割を担ういくつかの製品を選びました

Photo_6

現在チームマナテックのメンバーは総勢163人で、スタン氏もメンバー同様に提供されている食品を摂っています。アスリートたちはこの補完栄養の製品が最適なパーフォーマンスを維持・サポートしてくれると言うことを確信しているのです

*この製品は世界アンチドーピング機関によってリストされる禁止された物質何も含みません。そして、それはスポーツにおいてドーピングとの戦いを促進して、モニターします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 21, 2008 - December 27, 2008 | Main | January 4, 2009 - January 10, 2009 »