« May 31, 2009 - June 6, 2009 | Main | June 14, 2009 - June 20, 2009 »

≪情報や本舗≫≪がんペプチドワクチン療法②≫≪TBSの総力報道!≫≪THE NEWS≫

Logo最新情報=2月6日NHK「あさイチ」

■「驚き!がんワクチン最前線」■


Baner_2
≪知って!ガッテン≫ASEAの公開資料

2009年3月に夕方ゴールデンタイムに初の大型報道番組がスタート!去る6月10日のTBSの総力報道!THE NEWSで「ガンが小さくなる」というタイトルでガン治療を目的とした"がんペプチドワクチン”の特集を放映していました!


Photo_3


4月4日にはNHK教育TVの「サイエンスZERO」で”がんワクチンー最前線”と同じく”がんペプチドワクチン” が新たな治療法の研究がすすめられ、注目を集めていると!【サイエンス・ゼロ【がんの個性を探れ】≪ガンペプチドワクチン療法≫と書き込み

20090813hjc8d000_13


■報道番組ではありませんが!昨年来、「ガンワクチン外来」を開設すると発表していた久留米大学医学部が先々月の4月に国内初の「がんワクチン外来を開設【受け入れ可能患者数60人程度】したところ、2時間で1700人が申し込むという事態に・・・・・・

004_2


■久留米大学のワクチン外来に殺到の詳細はコチラ【ニュースソース】で!

Agesburogu_2

【1】総力報道番組内では、東京大学医学部を中心とした全国の大学医学部で研究開発中のガンペプチドワクチンをがんの治療目的として、国内ではようやく臨床試験がはじまったばかりの治療法らしく、その療法とはがん細胞が持つ特異的な抗原などの”目印”を見つけ、リンパ球などにがん細胞のみを攻撃させるという療法!


■□=↑【1】 ↓【2】 の⇒ 二つの療法とは?】


Agesburogu_3

【2】一方で自身の癌の組織を利用してワクチンを作成して、癌そのものを使うことでがん細胞のみを標的に攻撃させるというワクチン療法で「自家ガンワクチン」といって二つの療法があるということですね⇒自家ガンワクチンの詳細【つくばにある「セルメディシン」のホームページ】より


New ■≪がんワクチン療法≫⑪ 【たけしの家庭の医学】


Checkcover_nature3

【百聞は一見にしかず】とも⇒免疫の力を高めてガンの増大を抑え、ワクチンで活性化したリンパ球【キラーT細胞】が、がん細胞を攻撃して消すところの動画映像!【細胞の表面に正常細胞とは異なる糖鎖で提示されると・・・


その提示された細胞【実はがん細胞】!そこに「Tキラー細胞」が近づき細胞のアンテナ糖鎖で認識し終えるとドリルで穴を開けて(グラニュールというタンパク質、”パーフォリン”というもので攻撃して、画像で観られるように「がん細胞」だけを殺す⇒【動画
 
3253←【ドリルで穴を開け、がん細胞を攻撃している】


                                                                                       ■≪東京大学医学部でこの研究の中心となっている医科学研究所の「中村祐輔教授」が2008年の「NHKニュース9」のコメントと10月22日に【がんプロフェッショナル養成プラン「全人的ながん医療の実践者養成」】 と題して


中村教授の講演が動画で・・・


Pic1                    

           ■事例報告■


番組では愛知県の男性が、このワクチンを求めて岩手医科大学付属病院を訪れていた。研究段階とはいえ、希望するがんの患者6人にワクチンを投入したところ、6人中3人のがんが小さくなったという研究結果や骨盤にあったがんが完全に消えたケースもあったとの研究結果があっての事なんでしょうね?


体験情報■今年の日本経済新聞の「らいふプラスの記述記事で・・・手術や抗がん剤で治療不可能な場合でも、延命効果が期待できるからと、10年前に肝臓がんと診断された大野さん(52)という方は手術・ラジオ波治療・粒子線治療と受けたにも拘らず、肺への転移が見つかり、昨秋、たんぱく質の断片=ペプチド・ワクチン療法の臨床試験への参加を決め通院治療をしながらCT検査で効果をみている。


肝臓がんの再発はなく、肺に転移したがんの進行も止まっているとのこと!1月下旬、国立がんセンター東病院の診察室で「腫瘍マーカーの値は下がってますね」との医師の説明に、大野さんはほっとした様子だったという

Macrophage02


また、東病院ではこれまでに肝臓がん患者24人に治療!内22人で免疫細胞のキラーT細胞が増え、実際にがんに集まっていることが判明し腫瘍マーカーが下がったのは14人(なかには5.5センチのがんが半分の大きさになったり、1.3センチのがんが消失したりした人もいたとのこと)   ≪日本経済新聞記事からの一部抜粋≫


News2

⇒【朝日新聞記事読む!】

2007年の10月5日の朝日新聞のオンラインニュースにこうした記事を見つけました!≪進行した膵臓(すいぞう)がんや食道がんなどを対象にしたがんワクチンの臨床研究で、患者34人のうち22人に病状の悪化を防ぐ効果が確認されていることがわかった≫


東京大学医科学研究所中村祐輔教授が発表し、「今はワクチン自体に毒性がないかどうかを確認している段階で、標準的な治療法がないと判断された患者らに説明し、同意を得て研究に参加してもらっている。 現在のところ目立った副作用は出ていない」とコメント  

Bdoctors_2

検索してみたところ1994年に腫瘍免疫学者の伊東恭悟博士が久留米大学免疫学講座教授として帰国し、腫瘍免疫学者山田亮教授及び分子生物学者七條茂樹助教授と共同でがん関連抗原の遺伝子同定を開始したのが発端のようです・・・・その詳細PDF


| | Comments (8) | TrackBack (0)

« May 31, 2009 - June 6, 2009 | Main | June 14, 2009 - June 20, 2009 »