« June 7, 2009 - June 13, 2009 | Main | June 21, 2009 - June 27, 2009 »

≪情報や本舗≫≪末期ガンの男性が≫≪母乳を飲むことで治った?≫≪ニュース!≫

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
Saibou_denntatu_1←≪免疫細胞が会話をしている≫貴重な写真です!(日経サイエンスー2006年より)                               


⇒【この画像の解説
クリック!・・・日経サイエンスの本には左にもう一個の細胞が・・・・

Side_ttl_3お問い合わせ・資料請求】⇒ 【コチラ】


                   □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Cancer

グーグルの検索エンジンからヒットした末期ガンの母親の闘病手記を何とか翻訳し、「末期ガンと闘う!75歳の母親の栄養療法・・・」とタイトルでブログの書き込み、今日、このアップ・タイトルから検索した方からのお知らせで「娘の母乳を飲んだら末期ガンが治った? 英国人男性の事例が話題に・・・」と言うオンラインニュースが飛び込んできました!

Chronic_illness_2

2007年7月に胃痛のため病院で検査を受けた結果、末期の肝臓がんと診断された英国の男性(67歳)が、すぐに手術を受けて成功しその後1年間は化学療法が奏効し、小康状態を保ちながら生活していた、ところが一年前の手術の一週間前に結婚をした娘さんが第1子の妊娠中にこの男性の肝臓ガンが再発したそうだ。

Photo

そんなある日、娘さんは父親の治療に役立つかもしれないという情報を、あるテレビ番組から仕入れた。それは米国の前立腺がんの男性患者が、ある機関を通じて母乳を入手して、毎日飲み続けることで治療を行っているという番組を観て、当初はばかげたこととは思いながらも、「父が良くなるためなら何でも試してみよう」と決断し、娘さんは、出産後で母乳も出ていることから、父親に母乳の提供を提案をして、母乳を飲んでもらったところ、なんと回復傾向を示した【その効果はてきめんで、飲み始めてから1か月後の検査で状態が良くなったと診断された】ことでの、英米のメディアによって報じられた!

【英紙デイリー・メールなどによるニュース全容は!】 ←クリック!

Preview

情報や本舗でも「母乳】と【糖質栄養」とカテゴリーを設けています、「赤ちゃんにとっての最良の食事の母乳」は栄養と免疫力に富んでいることは周知の事実です。成人に対してもさまざまな効果がある可能性が指摘されています!現在のところ、母乳の摂取が、ガン抑制につながるという医学的根拠は証明はされてはいませんが・・・

■英国では世界がん研究財団が「母乳ががん患者に何らかの利益をもたらすという根拠は、まだ見つかってない」と英紙デイリー・ミラーにコメントしている!

Fda

■米国では母乳ががんに効果があることが注目されており、米ABCでは「米食品医薬品局(FDA)は、母乳が小児がんのリスクを下げるかもしれないと公式サイトに掲載している」と紹介。FDAは「母乳に含まれるたんぱく質が、がん細胞を『自滅させる』要因になり得る」と説明している。

         ≪6月15日にライブドアーオンラインニュースより抜粋≫

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

ある集まりでのスピーチで「ひとのために造られ、人にとって一番の食糧は母乳だ。他のものとの大きな違いはこれらの糖だ!神(天?・自然界?)が母乳を造った、それも完璧な食料として造ったのです!乳飲み子が脳の発達に、免疫作用の発達に確実に必要なものとなるように!また神はあなた方にそれと同じ物を与えた。それは子供たちが、母乳をやめたあとも同じように良いものを食べ続けることができるようにだ!それが・・・・・・・

Twitter_2■■■ @tenboss ■■■

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 7, 2009 - June 13, 2009 | Main | June 21, 2009 - June 27, 2009 »