« June 21, 2009 - June 27, 2009 | Main | July 5, 2009 - July 11, 2009 »

≪情報や本舗≫≪母乳の代わりに「水あめ」を使った先人の知恵!≫パート②  

Photo_3


雑誌「サライ」の13号に浮世絵特集が組んであり「広重の東海道53次」のいくつかの宿場の画を紹介しています!

Pic25a


その東海道53次の26番目の宿が「日坂」(静岡掛川)その手前に「小夜の中山」峠と言う難所があるそうです
急な坂ではあるが広重の日坂(ニッサカ)の画をみるとかなり誇張してある、


Agesburogu_2坂の途中に大きな石が横たわる、ある臨月の身重になった婦人が安産祈願をして帰る途中、その石に腰かけて休んでいた時、そこに山賊が出て来て斬り殺されてしまう!

Photo

子を想う母の魂が、石にのり移ったのか、すすり泣く声が山頂にあるお寺まで、聞こえ【これが「夜鳴き石」のいわれか】、お寺の住職が泣き声に気づき、下り訪ねてみると、丸い石のかたわらで虫の息でいる赤ちゃんを見つけ、寺に連れ帰ったのだが、飲ませるお乳がなく困り果てた住職は早速、水飴を作り大事に育てました。

Photo_2

その水飴は、もち米と麦芽糖を原料として現在でも「子育飴」として昔とまったく同じ製法で手作しているのが1751年に創業の小泉屋である!小島屋にはその「夜鳴き石」が店の裏山に祀られていて、伝説を聞いた弘法大師が指で石に刻んだ文字があるという【南無阿弥陀と?】


Ages_2

弘法大師=空海と言えば奈良・平安時代の方!伝説はその前からあった事になりません?不思議!不思議!不思議発見・・・と言う事で母乳代わりの「水飴」はここ静岡でもあったのですね、それも奈良時代からと言う事になりますよね。米と発芽した大麦が発酵した糖分!もちろん砂糖を使っていない事からか「程よい甘さで歯にもつきにくい」

Sayo4 【南無阿弥陀と?弘法大師】


赤ちゃんが初めて口にする栄養が母乳≪特に初乳は大切≫ですよね、母乳は調べれば調べるほど、凄い力を持っていて、生まれたばかりで抵抗力の無い赤ちゃんを守る直ぐに役立つ選ばれた戦士みたいなものです!

Photo_4

赤ちゃんはお母さんのお腹の中にいるとき同じ生活環境で育っているわけですから「今までにお母さんが出会った敵(細菌など)に対する戦士」(=免疫)です、母乳にその事前に敵の情報をもった(獲得免疫)優秀な戦士達を送り込んでくれているのですよ!

Baby

20世紀の終盤にエネルギー源になる「糖」ではなく、身体にとって生体作用に重要な働きをもつ、甘くない「糖」の発見があって8つの「糖」が大切な役割をしていて、母乳にはこのうちの大半が含まれているのですね!

8sugars

オリゴ糖(糖質)がたくさん入っているし、乳糖としてグルコースやガラクトースはもちろん、脳の発達に必要なシアル酸(Nアセチルノイラミンサン)、免疫促進のマンノースやフコースなど、まさしく糖鎖を構成するために必要な糖質栄養がたくさん入っています。

Photo_5愛用してみますか!】⇒ 【コチラ】

Photo_6


生まれて直ぐに母乳を飲んでいる赤ちゃんは病気知らず!でしょう。それも、赤ちゃんの発育に合わせてその種類と量が変わっていくというから、本当に凄い働きをもっているのですね!もちろん、腸内細菌のえさにもなるので、赤ちゃんのお腹の健康をも保っているわけなんです!

Photo_5


母乳の栄養分については前回の書き込みに!金沢の俵屋のじろ飴も、米と大麦を原料として、砂糖・添加物一切不使用で、穀物本来の甘味を活かした自然健康食品で乳飲み子を抱えながらも母乳が出ない母親達のため、何とか母乳のかわりになる栄養価の高い食品はないかと考えた末に作り上げた水飴!静岡の「子育飴」もお坊に与えたのが水飴!
【京都にも子育ての飴があるそうですよ・・・・・!】

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 21, 2009 - June 27, 2009 | Main | July 5, 2009 - July 11, 2009 »