« January 4, 2009 - January 10, 2009 | Main | January 25, 2009 - January 31, 2009 »

≪情報や本舗≫≪不妊≫≪妊娠≫≪糖鎖の栄養素が関与!≫

Logo_news333池田レディースクリニックのクライアントの驚きの臨床結果?⇒ ≪糖尿病≫【池田史郎医師】≪インスリンか?食育か?≫【血糖値・A1Cの低下】


Photo
受精という生命の神秘の瞬間

糖鎖栄養療法研究会に所属している産婦人科院のある講演でのお話です⇒「不妊!それは原因が女性にある⇒3分の1!男性に原因がある⇒3分の1!男女双方に原因がある⇒3分の1!女性の不妊の原因は卵子の受精機能の低下ということも考えられます、

Aaaaa弘前の産婦人科医「池田史郎」先生が院長を務める≪池田レデーィス・クリニック≫は【糖鎖栄養療法】を相談できる病院です!【不妊治療ばかりではなく免疫ということでも】

また、卵子の細胞膜の先についている「細胞のアンテナ=糖鎖」が正常化すると受精の成功率が非常に高い確率で発生します。
            糖鎖栄養療法研究会


93867

いっぽう精子の先にも「細胞のアンテナ=糖鎖」がついていて、互いに認識しあうのです【異種交配の起きないのはこの働きがあるから】互いの糖鎖が正常でなければ精子は卵子の中に入っていけないし、妊娠もできませんよね!受精という生命の神秘の発生には

Photo_2

1996年に「ハーパー生化学」に掲載された”8種類の糖鎖”を十分に摂取することは必要です、精子と卵子の糖鎖も健康で元気であれば正常な受精という儀式が行なわれるのではないでしょうか・・・・・・・・・」
 
004

2006年に2年前から函館の産婦人科医療チームの治療を受け,自分の卵子と夫の精子で体外受精した45歳6カ月の女性が妊娠、出産に成功し、自分の卵子による国内最高齢の出産であったと報道がありました


「今回成功した女性は食生活の改善や適度な運動に取り組むなど、努力を惜しまなかったことが出産に結びついた大きな要因でした」「45歳での妊娠出産は栄養素」の治療による体質改善も成功の大きな要因であった」

_news333■2013年2月10日”池田レディースクリニック”「池田史郎」院長の仙台講演

【現代医学に殺されないために】←≪12編はコチラから≫

      【現代医学に殺されないために・・・12/1】

「1個の精子と1個の卵子は、それぞれの糖鎖が相手の情報を受信しながら結合して受精卵となります。そのため精子と卵子、いずれかの糖鎖に異常があると受精障害を起こします。」


2002年頃からでしょうか?食事からなかなか摂れていない糖質栄養素に理解を深めて、来院のクライアントに説明をされて、以前から投薬の漢方薬と一緒にこの栄養補完療法を奨め始めたそうです


Photo_4

財界さっぽろ”と言う月刊誌に健康倶楽部というコラム欄で連載中に、2回に渡って妊娠へつなぐ糖鎖の栄養素」と題し書かれています!要約しますと、270種類60兆個の細胞で出来ている体は食べ物で出来ている。

Photo_3

心臓を一秒たりとも休まず動かしている心筋細胞も、体内に入り込んだ毒素を解毒・排泄する肝臓も、そして赤ちゃんの素である卵子と精子も例外ではありません、生殖細胞は食べ物と栄養を糧に育ち、受精のチカラを持ちます。妊娠しやすい体を作るのは食べ物だと言うことを深く肝に銘じてください


0783ebc0b1ea02e92d5a0331bd14ca9e

           【中略】

糖鎖の栄養素は受精―生命の始まりに関与します。不妊を克服使用と努力している夫婦には、妊娠への希望をつなぐ魔法の栄養素となり得る可能性を秘めています。

           【中略】

糖鎖が重要なのは、細胞間同士の情報伝達の役割を果たしているからです。【自己?非自己?の認識作用―情報や本舗】

Photo

たとえば、卵子の糖鎖には「私は卵子よ!」と精子に教える暗号コードが組み込まれています。精子の糖鎖には「あれが卵子だ!進入しよう・・・」と行動を起こす暗号コードが組み込まれています。卵子と精子の糖鎖同士が細胞間コミュニケーション【細胞同士が人間のように会話をする】を図ることで、初めて受精が成り立ちます

           【中略】

Af9t5j0

不妊症を治すには、原因を調べ、必要な治療を行うことが必須です。治療の障害になっている原因を取り除き、治療法を選択して不妊症を克服する方向へ向かわせてくれるのが医師です。同時に治療に必要なエネルギー、糖鎖の栄養素を体内に取り込むことが理想です。両者は互いに必要不可欠な車の両輪と言えます。

            【中略】


妊娠に成功するには、質の良い卵子が排卵されなければいけませんが、糖鎖の栄養素を摂取している患者さんでは、明らかに卵子および受精卵の質がアップしていることが確認できます。
2006年に当院では自分の卵子と夫の精子で・・・・・【冒頭の書き込み!と続きます】


               以下は【後略】


____________________________

       【池田先生!糖鎖の栄養素を語る・・・】

Logoこの栄養素に関しての詳細は冒頭の池田レディースクリニックの「池田史郎」院長をお尋ね下さい

            【コチラ情報や本舗でも連絡はとれます】


【補足】この栄養素はバルバドス・アロエ【マンノースの前駆体の多糖類】を研究開発して8つの糖鎖を構成する単糖類を特許に基づくテクノロジーで栄養素としての複合多糖類の製品化したものです

Photo


| | Comments (0) | TrackBack (1)

« January 4, 2009 - January 10, 2009 | Main | January 25, 2009 - January 31, 2009 »