« August 16, 2009 - August 22, 2009 | Main | September 6, 2009 - September 12, 2009 »

≪情報や本舗≫≪新型インフルエンザ最新情報!≫≪パンデミック!対策 ≫パート6

02baner
     ≪知って!ガッテン≫ASEAの公開資料


     ■≪新型インフル第2波は11月に予想≫■


厚生労働省は新型インフルエンザの集団感染が流行期に入り、8月16日までの集団感染の報告数は、確定患者が1197人だそうです【毎日JPより】


Fig_flu_01

パート④で投稿=ウイルス研究・ワクチン開発では国際的権威の「根路銘国昭」氏のこともフジTV「とくダネ」で知ったのですが!コチラの先生、1993年にはWHO(世界保健機関)の理不尽極まる、無謀なやり方に孤軍奮闘し、一歩も引かず、提訴して日本のウィルス研究開発に多大なる貢献者であることはこの世界では周知の事実だそうです!

02


Aaaaa■新型の高病原性鳥インフルエンザ(H5N1)ウイルスは、強い毒性を持ち、もしパンデミック(大流行)が起きれば、日本だけで、最大約60万人が死亡するとの被害想定のあるなか、日本のウイルス研究の権威「根路銘国昭」氏の2013年最新ニュースはこれrだ⇒ 【夢の扉+】


02


今騒がれているインフルエンザ・ウィルス起源”鳥”も”豚”も動物!獣医学部の研究分野なんですね?根路銘先生は北海道大学の獣医学部をでられていて、現在の北海道大学大学院獣医学部教授の「喜田 宏」先生が昨日UHBテレビに新型インフルエンザ対策のゲストで出演されていて季節性インフルエンザも新型インフルエンザも一緒にワクチンを造るのがベストであると述べておられました!【5月の讀賣新聞のニュース


Photo

「喜田宏教授」は分けて造るには日本での数量に限りがあるため間に合わせる事が現実難しいとの見解!このことは「根路銘」先生もフジテレビ「とくダネ」にゲスト出演の際に

Ages_2

新型インフルエンザは新しいウィルスが登場した時点で以前のウィルスは消失するので【PC用語の上書き保存のような!】新種だけを今から造らないと、遅きに失する事になると喜田先生と同様な見解を述べていた筈です!

また喜田先生は、厚生労働省が不足分を輸入の方針でとの発表に「とても恥ずかしい事ですね?」と賛成出来かねるコメントを残されたいたことも事実です!このような問題提起のコメントを聴くにおよび


Agestakkuru

今週「ビートたけしのTVタックル」に出演の現役のお役人「木村 盛世」=(アメリカで最も全ての点で人気度NO.1の「ジョンホプキンス大学公衆衛生大学院疫学部修士課程修了の厚労省医系技官)さんがある放送番組で「今の霞ヶ関では日本をパンデミックから守れない」と過激発言!【トーク番組でのコメント】←クリック!

■経済誌」ダイヤモンドのオンライン」でインフルエンザで国内初の死者が出てのコメントが読めます!
http://diamond.jp/series/tsujihiro/10081/

Photo_2

■新型インフルエンザワクチンの話になると「副反応」とこれまた聴き慣れない、この言葉ですが?調べてみましたら≪ワクチン投与に伴う免疫付与以外の反応も、外来物質の化学的作用ではなく免疫学的機序によって起こるものが多い。このため、ワクチン投与に伴うものは副反応と呼んで副作用と区別している。≫とウィキペディア に・・・・

■よく聴かれる「副作用」は狭義には「医薬品の使用に伴って発現した有害な事象」を、広義には「医薬品の使用に伴って生じた治療目的[1]に沿わない作用全般」を指す。

Aaigtrmages

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪大原麗子≫≪お別れの会≫≪ギラン・バレー≫≪森光子≫≪浅丘ルリ子≫

0726434_1


     ■■■【ご冥福をお祈りいたします・・】■■■

2009年8月23日故”大原麗子”さんの「お別れの会」=森光子さんらが発起人となり催され、多くの人々が弔問に訪れた


Tnr0908231152005n1


その祭壇にはトルコキキョウ&胡蝶蘭と紫と白とに彩られた花は,生前大原麗子が大好きだったそうだ!サントリーのCM『少~し、愛して・・長~く愛して!』のセリフ通りに多くの人から愛されていた大原麗子さんのご冥福をお祈りします

残念なことですがギラン・バレー症候群とか耳慣れない病魔に冒されていたのですね!

 「大原麗子の生涯!」知られざる大原麗子の真実をスペシャルドラマ化されることが!今秋TV東京系列で放送されるそうだ「女優麗子炎のように」(仮)

Logo_news333

Aes

【自ら発起人となった”いたわり””おもいやり””心配りが代名詞のような「森光子」さん、2012年11月10日!92歳で黄泉の国に旅立ってしまいました・・・「麗子チャン!後先が逆になったけれど、また会えたねッ」と】森光子さんの「お別れの会」にはきっと多くの人々が弔問に訪れるでしょう・・・・・・合掌!

      【ギラン・バレー症候群とは】

自己と非自己を識別する細胞のアンテナによる自己免疫性疾患であると■「ギランバレー症候群」のメカニズム

Ca6zprmx
岐阜大学のウェッブサイトに、次のように図解と共に≪難病の多くは自己を抗原として認識する、いわゆる自己免疫疾患で、ギランバレー症候群はその代表的なもののひとつです≫



Arvc5iu

姉妹のように、お付き合いをしてきた森光子さんのお別れの「言葉」!家族のようにお付き合いをしてきた浅丘ルリ子さんの誰もが知り得なかった「惜別の言葉」!

Button_switch_now■森光子さんは「麗子ちゃんは美しくて才気があって、でも寂しがり屋!本当はもうちょっと、もう少し、長く生きてほしかった、でも、あなたは幸せを凝縮した形で、この短い人生を過ごされた」・・・・

061


発起人代表として「惜別の言葉」でお別れをした女優「森光子」は、大原さんにこう話しかけると、大原さんが生前、気に入っていたという祭壇の写真に深々と頭を下げた


Button_switch_now■浅丘さんは「麗子、・・あなたは私の友達というだけでなく、私の家族全員の友達・・・・」

「ここ数年、何度も言い合いをし、けんかになって、距離を置いた時期がありました。本当にごめんね麗子、ごめんなさい。今、こうしてあなたに話しかけている私は、もう何のわだかまりもありません」と友人代表として弔辞を述べた。


K10050525511_01

参列してきたという友人からのメールに、会場で渡されたリーフレットには、こう書かれていたそうです「「・・・本人も多幸に甘えるばかりではなく、怪我や体調不良で御迷惑をおかけすることがないよう、プロとして持つ気概には、親族としても感服させられる場面も多々御座いました。

戒名は「花香院麗風妙舞大姉(かこういんれいふうみょうぶたいし)」


A2dh1nz

そんな大原でしたが、この20年間はギランバレー症候群との闘病の日々でございました。本人は闘病を経て、人生経験を深めた者としてまた新たな演技の境地が拓けるものと、強い意志を抱いておりましたが、志なかばにして旅立つことになりました。」

009082523oohara02


と弟で喪主の大原政光さんの挨拶(一部)が書かれたリーフレッの中には、どれをとっても素敵な生前キラキラと輝いていた女優「大原麗子」のポートレートがリーフレットを飾っていたとのことでした!


101114_0902_0001


【あのCMにいかに癒されたことか!取り置きの”カーブドッチのワイン”でお別れを・・・・・】

■取り置きのワインとは”カーブドッチ”がスタートしたときに「ワインの苗木のオーナー」にと落希一郎君≪彼!昨年本を出版した⇒『僕がワイナリーをつくった理由』(ダイヤモンド社)≫のススメで入会して届いていたワイン!「ヴィノクラブ」といって特典の多いこと、請合いますよ


Cavepstr


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 16, 2009 - August 22, 2009 | Main | September 6, 2009 - September 12, 2009 »