« September 6, 2009 - September 12, 2009 | Main | September 20, 2009 - September 26, 2009 »

≪情報や本舗≫≪地産地消のお店開店!≫≪ご贔屓に!≫

Photo_5081227_10530001Photo_2Photo_3


栗沢町に松永ファームという、”こだわり”の米造りを手がけてヨーロッパ(EU)にまで出荷している農場があります!ここ栗沢町は北国北海道開発で屯田で富山県からこの地に転出した経緯があり、富山に砺波というところがあるのですが!栗沢にもこの地名が残っています。越後地方の米所に先祖をもつ、子孫の一人通称「松ちゃん」の造る米は、一度食べた方は「やめられない!とまらない!・・・・・

          ■■■発芽玄米は21世紀の主食!■■■


Photo_6

■今回は「発芽玄米」の提供です!”あや姫”という粘りのある玄米を使い発芽玄米、特有のパサツキを解消して大変食べやすく、かまど炊きでもすると、その香ばしさは、たまりません

発芽玄米は、玄米に1日から2日程度水を含ませて発芽させた米です、玄米がほんの0.5mm~1mmほど発芽したもので、そのわずかな発芽がポイントです。【ただ水の温度調整が肝心で、32度前後に保たなくてはなりません!この温度でないとうまく発芽しないからです】これによってとても硬かった玄米が柔らかくなり食べやすくなります。また、発芽によって栄養価がとても高まるのです 自然に近い状態(籾の状態)で発芽させているので、栄養分の流出が少ないとされています!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

090818_10350002090818_10400001090818_10370002

やはり発芽玄米を食べるなら市販されたものを買うことです。
市販されたものだと成長と止められており、乾燥されております。
保存が効く上においしいです。

米の中で眠っていた栄養素が活性化され、発芽(芽が出た瞬間)させたものを発芽玄米と言い、白米はもちろんのこと、玄米よりも栄養価が高く、白米や玄米にはなかった栄養も生まれます。
 発芽玄米には、増加した豊富な栄養素と新しく生まれた栄養素、さらには柔らかくて美味しいという素晴らしい利点があります。
 まさに21世紀の主食であるといえます。


ラーメンといえば札幌の代名詞にもなっていますが、札幌に一柳製麺という業者さん向けの蕎麦を提供している工場が190万都市の中心部で盛業している社長の一柳さん、数年前にラーメンも札幌市内の有名ラーメン店に納入を始めたのですが!このメンの美味さは、まさに絶品!一般向けに特別提供できる事になりました

■今回はメンが10玉にスープ(ミソ味4・塩味3・しょうゆ味3)がついています、メンは生めんで、お早目の賞味をお奨めしますが、常温でも3.4週間は持つらしい

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪イチョウ葉≫≪認知症≫≪予防効果なし≫≪アルツハイマー≫

Photo【2015年最新のお知らせです!昨年にアメリカのプリンストン大学で20年間研究の末、脳の栄養素といえるものが発表に・・・】

コチラをクリック!クリック!⇒ 【脳の働きを高めるEHT】

Can5icgi

昨年(2008)12月に【イチョウ葉エキスに認知症の予防効果なし】と昨年末(2008)日経メディカルニュースに約3000人の高齢者を対象にした無作為化試験の結果 がピッツバーグ大学のスティーブン・デコスキー博士らによって「JAMA」誌=アメリカ医師会の機関誌に報告発表されていた!

5caft7zm6ca1dj2noca1ooik2cai7fpi4ca

その報告は、≪イチョウ葉抽出物240mg/日の服用しても、認知症またはアルツハイマー病罹患に有意な影響を与えないという≫というものでした!またピッツバーグ大学での大規模調査とは(1545人(平均年齢79.1歳)・追跡期間の中央値は6.1年)

Photo_2

イチョウ(Ginkgo biloba)の葉の抽出物は、生薬として、記憶と認知能力に対する作用を期待する人々に日本でも広く多くの人に使用されていますが!これまでにも行われてきた試験・調査でも、いずれも適切なパワーを持っていなかった。また、認知症一次予防を目的として米国で承認されたイチョウ葉由来医薬品は、まだ無いのです!


Cover_nature3

■【今回の無作為試験の内容】■

イチョウ葉抽出物の認知症予防における有効性と安全性を評価した臨床試験で使用したイチョウ葉製品は、米国で一般に使用されているドイツの Schwabe Pharmaceuticals社の「EGb 761」で、用量は、過去に行われた臨床試験でも用いられており、一般に使用されている中では最も高用量となる240mg/日とした。

原題:「Ginkgo biloba for Prevention of Dementia」

_news333「視覚識別」と「作用記憶」を極めて、大幅に高めるという研究発表のニュース・ソース・・・】

メディカル.ニュース・トゥデイ【医薬ニュース】

ロイター.ニュース【報道ニュース】

その他【検索サイトーグーグル】


Grant

今年(2009)4月にプレスリリース・ニュース【他数件=末尾にサイト公開】で「糖質栄養素」が視覚識別【サイトメモリー】と作用記憶【ワーキングメモリー】を高めるというハワード大学の二人の博士による研究調査結果を記事掲載していた

≪訳してみると学識・学術経験者による発表で使用製品(糖質栄養=パウダー製品)・資金提供会社【クラフト・フーズ社)・製品寄付(糖質栄養素パウダーの研究開発会社)と公表していました≫  

Newsstand

クリック⇒≪驚きのニュース!≫

| | Comments (13) | TrackBack (0)

« September 6, 2009 - September 12, 2009 | Main | September 20, 2009 - September 26, 2009 »