« September 13, 2009 - September 19, 2009 | Main | September 27, 2009 - October 3, 2009 »

≪情報や本舗≫≪総力報道≫≪中岡亜希≫≪署名活動≫≪遠位型ミオパチー≫ 

Banerealswitchheader
     ≪知って!ガッテン≫ASEAの公開資料

■中岡亜希さんの新刊本「死なないでいること、生きるということ」・・・売上げの一部が活動資金になるそうです≪ただし、SORDホームページからの購入!≫
O0129018611736320554

昨年の今頃でしたね? 『 ニュース23 』 の特集で放映されはじめて【遠位型ミオパチー】という病名を知ったのですが!100万人に1人がなるといわれる希少疾患が突然、身にふりかかってしまった・・・・

中岡 亜希さんの近況(今年33歳)とこの希少疾患の特集を、昨日のTBS「総力報道=The News・・・終了しましたがね!」で放映していました!⇒【ニュース23

百聞は一見にしかず


手足に力が入らなくなっていることを自身気がついては?いたのでしょう?客室乗務員だった中岡さんはフライトの同僚から『歩き方がちょっとおかしいね』って言われたり、フライトサービで提供する紙パックのジュースの開け口を指でひきちぎることが、難しくなってきている・・・

Image007

そこで初めて自分の体調の変化を自覚!診断を受け精密検査の結果がこの病名だったのです!(この時、憧れだった客室乗務につき始めた25歳!・・・夢、まさにこれからと・・・)

昨日の「総力報道=The News」では客室乗務員をやむなく引退した後、中岡さんの、この希少疾患に患う人(400人とも500人とも)と一緒に国の特定疾患の認定を受けるべく

Aphoto_2

また国の支援(治療法&治療薬等の研究開発)を受けるために開始した署名運動の(18万人を超えていますが、中岡さんのブログ内からオンライン署名が出来ます!ココまで読まれた方は、是非ともサインを願います!


Photo_4

2009年中岡亜希さんのブログが引越しして再開されて、そこに昨年6合目で自然の力【天候の悪化】には立ち向かえず断念した富士山頂踏破も今月30日に「為せばなる・・・・」でやり遂げた様子がブログの書き込みにありました⇒そのブログ【空と向日葵(ひまわり


20100730_1577153

富士山頂での満面の笑みの「中岡亜希」さん!後ろでシッカリサポートしているのは優しさあふれる妹さんでしょう?

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

原因不明の、この【遠位型ミオパチー】!ここまで、妹として、ヘルパーとして、時には親のような気持ち?で接してきた妹さんも、最近になって、この希少疾患に罹病している事を告知された【なんとはかない事か】解明はされていないが、両親の特定の遺伝子に変異がおこり、突然、生み出されると見られているとはいえ・・・それにも拘らず、一所懸命、明るく振舞い姉の介護をしている様子

Photo

そして、この疾患への創薬に向けて、10年後には治療薬として出てくる!10年後まで、何とかリハビリを続け、中岡さんは、その夢は夢で、現実を見据えれば、筋肉の働きはままならないことは事実!

Photo_3

今年、自身のためにも、今はまだ症状は出ていないとはいえ、大切な妹のため、疾患と必死に闘っている人のためにも、力と勇気と希望と夢とを、もってもらうことを信念として、富士山への登頂に挑戦した模様も映じていました!


Photo_5

読売新聞(2010・8.18)=中岡さんが代表の会社のメディア情報≫

山頂付近の天候思わしくなく、残念ながら、今年は中止と・・・・断腸の思いでリーダーの涙ながらの映像が、中岡さんの夢の実現をお仲間が願っていた様子が伝わりました

Photo_2

富士山登頂の発端は子供達のこんな”一言”からだった⇒『亜紀ねえちゃんに山の上から星を見せて上げたい!』・・・・2009年8月26日の産経新聞より


「中岡さん!来年をまた目指せますか?来年また着ましょう!」の言葉に、中岡さんは明るくも、元気に、また朗らかに、うなずき、決意をしていたのでしょうね?

Ahumb5

天候の許せる6合目付近に登り、そこで観るパノラマは、中岡さんにとって、かつて日常的に観ていた、飛行機の下の富士山にかかる、雲の間から垣間見えるパノラマ以上だったことでしょうね

Photo_2

中岡さんの目が、いつになく輝いていたのではと想像するに過ぎませんが!中岡さんにだけ映った大パノラマだったのでは・・・・・・

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

≪新聞記事がありました≫

【命ときめし日に】・・・存在しない病
10127261722_310127261727


                      =中岡さんのブログより=

Aaigtrmages


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪記憶・認知力の低下に≫≪ある栄養素が!≫

02


Photo
”NMI”が今年6月に発表した調査によると、全米で成人人口の44%(女性の52%、男性の36%)が、老化による<記憶・認知力の低下・衰退がベビーブーマーの最も恐れていることだと、またベビーブーマー世代の62%が、ストレスや不安が記憶・認知力低下の引き金になると考えているという。


Timemagazinecover4150x150

ちなみに、アンチエイジングに熱心なベビーブーマー世代が危惧しているのがアルツハイマー病などによる記憶力や認知力の低下、そこでベビーブーマー世代の90%が、機能性食品やサプリメントを摂取していれば、健康的な外見を維持できると信じているという!

Ca0hefgp

【植物由来の糖鎖の栄養】が記憶や認知力の低下どころか、一日わずかテーブルスプーン一杯分の補完栄養素を摂ることで、認知力【視覚認識】&記憶【作用記憶】を高めるという発表が、既に今年4月にあったのです・・・・・まさに「驚き!の凄い!ニュース」なんですよ

Photo

学識・学術経験者による発表で、ハワード大学の科学者!アチヤ・N・スタンシル(Atiya N. Stancil)博士とレスリーH.ヒック(Leslie H. Hicks)は、2009年4月16日にジャーナルPerceptualとMotor Skillsに糖鎖の栄養(Ambrotose)に関する研究調査を発表しました!【その詳細を読む!】⇒

Photo_2

その書き込みはクリック⇒ 
糖鎖の栄養素!驚きのニュース!≫


この認知力【視覚認識】&記憶【作用記憶=ワーキングメモリー】が高まれば”認知症”かどうかを調べる阪大式(西村式)認知テスト・長谷川式認知テストなど不要になるでしょう?

Brainfunction

≪この二つの検査法の中には【視覚認識】=≪幾つかの物を瞬間的に覚えて隠したものを答える)【作用認識=簡単な算数・・・100引く1の答えは?)私もベビーブーマー真っ盛りの年代、そしてシッカリと糖鎖の栄養素を摂っているからは、先ずは大丈夫!

Photo_2お試しあれ!】⇒ 【コチラ】


Data1

先ずは、チェック!⇒ 
長谷川式認知症テスト


補足:NMIとは調剤薬局を中心に、メディカルゾーン事業、介護や福祉の面での良質なサービスなど、きめ細かい医療サービスを展開するエヌ・エム・アイ グループ】らしい?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 13, 2009 - September 19, 2009 | Main | September 27, 2009 - October 3, 2009 »