« September 20, 2009 - September 26, 2009 | Main | October 4, 2009 - October 10, 2009 »

≪情報や本舗≫≪中村天風≫≪心を空にする≫≪沢井 淳弘≫≪心身統一法≫≪真人生の探求≫

Caqz4hqvAgestennhuuCaqz4hqv


Photo_2

スペンサージョンソンが10年ぶりに出した本「頂はどこにある」を求めて書店に駆けつけたところブックカバーの目立つ事といったら、その黄色いカバーには驚かされた!


それも中村天風の本だったからかも知れません?表題が「心が空になった」とその文字は先日、日本のリーダーとなった鳩山さんが勝負の?ネクタイの色「ゴールド」なのです、そして著者は沢井 淳弘氏・・・・拾い集めたコメントを

Photo_4


「心が空になった時、人間はいちばん強くなる」と天風先生の生涯・どう伝える、どう伝わるかの方法論・天風先生の私の個人的に語る人生観など講話に基づく話で書かれている。


「心身統一法」を読みやすい文章で極めて明快に解説した、天風哲学のエッセンスでもあるとあった!また120分で読める、あなたに幸運をもたらす書であるとも。!

Photo

アマゾンの「なか見!拝見」で立ち読みできます


■その”なか見”を一部、覗いて見ましょうか?⇒ 【心を空にする】


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Photo_7

カリアッパ】  「どうだね、その雲を見入ってウットリしたとき、いつもお前の心の中に、はりついていた、病からくる苦痛・・・あれをおまえは心に感じていたかい?」

【天風】  「いいえ、全然感じていませんでした」

【カリアッパ】  「そうだろう? 無心になっていた時、おまえは肉体に病があっても、ないと同様に、おまえの命は生きていたのだ」


Brainfunction

…考えてもみろ、病から心の離れたときには、病があっても、その人は病人じゃない。運命が悪くても、心がそこから離れていれば、運命の悪い人じゃない。

…たとえ病がなくても、病のことを心配すれば、病があるのと同じだ。運命がよくても、悪い運命のことを考えてりゃ、運命が悪いのと同じだ。


Ageskokoro

すべてが心の置きどころだ。心を苦しめたくなければ、時にふれ折にふれて、心に天の声を聞かせろ。声なき声のあるところこそ、ほんとうの心の安らぎの場所だ。たまには心を休ませてやれ。

すると本然の力が命の中に働き出す」カリアッパ師が中村天風に語った言葉です。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Photo_2

中村天風氏が上記に出てくるインドの大僧正カリアッパから学び体験した事を日本に戻り、天風先生自らが集大成した「心身統一法」について、分かり易い言葉で書いてあるといっても「心身統一法」についての知識が全く無い人には、終いの方に書かれてあることは、分かり難いかも知れませんね。

Photo_5


それは、「心身統一法」が奥深く、かつ実践を伴わないと理解をすることが、難しいのでは とありました!検索サイトの書き込みには 初めて読む人には、天風氏の著書【真人生の探求】か、講演を書き下ろしたもの【宇野千代さんの天風座談】等を読まれることをお勧めしますと、さすれば数倍得るものが有ると思いますと!

Nansens

真人生の探求』は天風先生が体系化した「心身統一法」の真髄を書き記したものです、天風先生は生涯に3冊だけ書いた内の一冊であり、「心身統一法」の教科書と、いえるものです!ほかには、心の在り方について深く考察した『研心抄』、身体の在り方について教示した『錬身抄』が・・

Photo_7

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 20, 2009 - September 26, 2009 | Main | October 4, 2009 - October 10, 2009 »