« October 4, 2009 - October 10, 2009 | Main | October 18, 2009 - October 24, 2009 »

≪情報や本舗≫≪母乳その認識力と学習機能の関係≫≪母乳栄養とアレルギー疾患≫

Asea
     ≪知って!ガッテン≫ASEAの公開資料

Babysignalingfrontiernutrition


母乳で育った子供は、肥満、糖尿病、喘息、感染症、胃腸炎などになりにくく、様々なメリットがあることを、このブログ内でも掲載、ところが、このようなメリットは子供だけでなく、授乳≪母乳哺育≫をしている母親にも大いにあることが

Photo

母乳の栄養に影響されることとして最も注目されるのは、免疫作用と脳の発達である。特にcolostrum(初乳)には多く含まれています。胎児の免疫機能が作られる時期と一致し、これらの単糖は、早い時期の脳開発にとっても重要な成分と見られています【この糖は粉ミルクに含まれていない】


Df300f0d

母乳を与えることはその期間が短くても長くても人間の成長にいかに大切かと訴えられてきましたが、その授乳期間が長い赤ちゃんの方が、IQの高さ!標準テストの優秀さ!高校に上がったときの成績が等々の結果、またアレルギー疾患についても免疫機能の正常な働きの好結果がデーターから・・・・!【これが全ての結果でな無いでしょうが・・・・結果を出しつつある”莉杏(リアン)ちゃん!】


Aaaaa_3


 ≪調査その1≫


「母乳とその後の認識力および学習機能の関係」というテーマでニュージーランドで行われた調査です!生後間もない、赤ちゃん1025人を対照に18年間!すなわち18歳になるまでの壮大なる追跡調査です


Photo_3
             【画像クリックで拡大】

グラフの【縦軸】は「IQテスト・標準テスト・教師の評価・高校の学習成績」 【横軸】は「年齢経過」を表します。

■≪調査結果≫として、授乳8ヶ月以上&授乳4~7ヶ月&授乳4ヶ月未満&母乳以外の順番で授乳期間の長い赤ちゃんの方が、成長後その頭脳に関わる評価が高い結果がみられる

Aaaaa_4


 ≪調査その2≫

                                                                                                 「母乳栄養とアレルギー疾患」というテーマでの調査です!この実験結果では「アトピー性皮膚炎」と「喘息」ともに驚きの結果がでております


Photo_4
                画像クリックで拡大


グラフ【縦軸】は各疾患の「累積発症率(%)」、【横軸】は「月数経過(60ヶ月後=5年後)」を表します。Breast:母乳 Good Start:乳清添加人工乳 Isomil:大豆人工乳  Similac:一般人工乳 で点示されています。

■≪調査結果≫はアトピー・喘息ともに、母乳で育てた場合の方が、はるかに発症率が低いという事が、このグラフから明確に判定できる!誰しもが、元気で溌剌な子に!また優秀な子に育つ事を当然願うはずですよね、いかに「母乳」が赤ちゃんにとって必要で!大切だという事がお分かりいただけたのではないでしょうか


Photo_3

母乳には赤ちゃんが発育に必要な栄養素が完璧に含まれています。母体が絶妙に調合しているので、赤ちゃんが、その時期に必要な栄養素(=多くの微量栄養素)が過不足なく含まれているのです。細胞間コミュニケーションを司る「8つの糖質栄養素」のうち、5種類が母乳に含まれていることがわかっています

8sugars


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 4, 2009 - October 10, 2009 | Main | October 18, 2009 - October 24, 2009 »