« October 11, 2009 - October 17, 2009 | Main | October 25, 2009 - October 31, 2009 »

≪情報や本舗≫≪がんペプチドワクチン療法≫≪特別編≫≪がん免疫療法←→自家がんワクチン≫

Baner02_2


【新たながんワクチン療法が研究】


20090813hjc8d000_13

ガンの治療方法といえば「手術」「抗癌剤」「放射線治療法」の3大療法が主流ですが、新しい治療法が加わりそうです。新たな治療法は、「がんワクチン療法」で、インフルエンザなどの感染症などにかからないように体内を守る免疫力を高めると免疫療法と同じ方法で、

「ガン細胞」に対抗しようというのがこの免疫療法なのです≪癌の免疫治療法は、「抗癌剤」と併用して「癌ワクチン」を投与するという方法≫

がんワクチン療法には大きく分けて、2つの方法があります。ひとつは、手術などで取り出した、患者さん自身の癌の組織を利用してワクチンを作成する方法≪つくばの理化学研究所を中心として≫、もうひとつは、人工的に合成したペプチド(蛋白)を用いてワクチンを作成する方法≪東京大学医科学研究所・大阪大学医学部・久留米大学等々を中心とした≫です。


Photo

患者自身の癌の組織を利用する方法≪自家ワクチン」とよぶ≫当然、手術などで癌をとりだした場合にしか、ワクチンを作成することはできない!≪ただし、顕微鏡標本に用いた材料からでも、ワクチンを作成することは可能ですので、術後、時間がたっていても、この方法でワクチンを作成することは可能です

この療法の利点は、癌そのものを使うので、標的がはっきりさせることができ、効果が現れる率が高いといわれています


Kaiwa_meneki

情報や本舗・・・・標的というのは正常細胞にもがん細胞にも、その細胞の表面につく糖タンパク質のさきの「糖鎖」←このはたらきが=細胞のアンテナと言われる所以ですよね!

アンテナの感度良好が求められる事を鑑みれば、細胞のアンテナ⇒「糖鎖」の栄養素」は必須であって、併用されれば好結果につながるのではないかと?考えるのは素人の考えですかね】

一方、人工ペプチドを用いたワクチンは、分子生物学の進歩により可能となったもので開発したのは、東京大学医科学研究所の中村祐輔教授です。中村教授は、癌細胞の表面にある「ペプチド」という物質に注目。癌細胞と同じカタチの「ペプチド」を合成して再生に成功。この再生した「ペプチド」を体内に注入。


Cy_050101


すると、体内にある免疫細胞が、この「ペプチド」を「敵」であると認識して攻撃を加えます「ペプチド」を攻撃することを覚えた免疫細胞【獲得免疫の働きを活用しているのでしょうかね?】は、もともと体内に巣くっていた「癌細胞」の「ペプチド」を攻撃します、癌細胞のペプチドを攻撃することによって、癌の増殖を抑制させるというのが「癌ワクチン療法」です。

081227_10530001

癌の種類によって10種類の「ワクチン」が用意されています。【テーラーメードワクチン療法と称しています!】250人の臨床研究の結果、4割で癌の進行が止まり、2割で癌が小さくなったということです。

分かりやすいサイトが⇒ 朝日新聞オンラインニュースの画像とコメント

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪食育≫≪子育て≫≪リンゴを食べることが?≫≪妊婦の食生活!≫≪小児の喘息・湿疹を予防≫

Logo_news3332013年「母乳に関する」最新情報⇒≪母乳で子供を育てるのが最適≫【裏付ける調査】

Banerantiaginglonglife


        ≪「食育&子育て」の最新情報!≫


新しい研究で、1,200組の母子を対象として、出産前から5歳になるまで追跡調査したところ、妊娠中の母親のリンゴの摂取状況と小児喘息および喘鳴の発現率の関連が比較された

【その結果は?】

Photo

妊娠中にリンゴを定期的に母親が食べていた数で比較すると、最も≪リンゴの摂取≫の多かった群(1週間に4個以上)の母親から生まれた子どもと、最も≪リンゴの摂取≫の少なかった群(1週間に0-1個)の母親から生まれた子どもの小児喘息および喘鳴の発現率が大きく違った!


Babysignalingfrontiernutrition

≪リンゴの摂取≫の多かった群の母親から生まれた子どものこれまでの喘鳴のリスクが27%低く、5歳までに喘息または喘鳴を発症する可能性がおよそ半分であったとか。

【トマトが赤くなると!リンゴが赤くなると!⇒医者が青くなる】


【リンゴの予防効果は】
リンゴ中に含まれるフラボノイド等によるものである可能性が高いと研究者は述べているようです・・・また魚を食べるとアトピー性皮膚炎(湿疹)発症率がそれぞれ低下することも明らかになった。


Asea
【“リンゴを食べれば医者いらず”のことわざの理由が明らかに】


Photo_8


リンゴが健康的な食品であることはすでに常識ともなっていますが、新しい研究で、果物に含まれる”ペクチン”と呼ばれる成分が消化器系の善玉菌(friendly germs)を増大させることが明らかにされつつあると言う事です!

■ニュースソース⇒この知見は、≪医学誌「BMC Microbiology(微生物学)≫・・・デンマーク工科大学国立食品研究所での研究(1月20日オンライン版)

Logoまた、ペクチンの驚きの機能が!「りんご」に含まれる「ペクチン」が、身体に取り込まれた放射能≪セシウム137≫を排出するのに効果的ですと、swissinfoに記載されたニュースです

Thumbnail

≪セシウム≫≪リンゴ≫≪放射能排出≫≪ペクチン≫≪原発事故≫


植物ってえらい!植物ってすごい!でこのように⇒野菜・果物に含まれる微量栄養素=ファイトケミカル【トマトのリコピン・お茶のカテキンなど】の働きが生体に重要な役割を持っていることが知られてきていますが、

Ages

オランダの研究機関で妊娠中にリンゴを1日1個食べることが、母親にとって “医者いらず” と言うのはトマトでもリンゴでも風聞として伝えられていますよね!【トマトが赤くなると!リンゴが赤くなると!⇒医者が青くなる】


Realswitchsupplementalfacts


■【リンゴの成分って?知っていますか】りんごはその殆ど(84.9%)が水分で、残りの約15%に含まれている成分⇒クリック!【リンゴ成分


今回のオランダの研究機関での調べで実は、実際に恩恵を受けるのは、お腹にいる赤ちゃんかもしれないとの調査結果が・・・・・

Photo_2

【この調査研究は、妊娠中の特定の食品の母の摂取量が同じ子供たちで喘息とアレルギーの結果と関係しているかどうか調査するために行われました】

Photo

【この調査では、母親に妊娠中の食生活と子どもの食事について、また子どもの健康状態についてのアンケートを行った】


その結果、妊娠中に多くのリンゴを食べていた母親の子どもは、喘鳴(ぜんめい)の発症率が37%低かった。

Photo_2


また、りんご好きな母親の子どもは、果物嫌いの母親の【子ども】と比べて、喘息の症状が46%少なく、医師に喘息と診断を受けた割合が53%低かった

■妊婦と幼児にとって【コチラも↓】新情報! 

≪幼児の認知機能向上と運動能力向上≫≪妊婦の認知力も向上≫

Banerealswitchheader


Ages_2もっと詳しく読む方⇒【コチラ】!

Pubmed

上記に記載されたことは「PUB MED=米国立医学図書館が提供する世界最大級の医学・生物文献データベース」に載っているのです⇒【pub med 検索結果

Photo

米ビューモント病院(ミシガン州)小児アレルギー・免疫科のDevang Doshi博士は、予防効果のメカニズムについてはさらに研究が必要だが、リンゴに含まれるフラボノイドや他の抗酸化物質と何らかの関係があるとみている。

A0113065200

また、医学誌「Thorax(胸郭)」に昨年(2008年)掲載された研究によれば、週に1回以上魚を食べていた母親の【子ども】は、全く食べなかった母親の【子ども】と比較して湿疹になる確率が43%低かった。

Photo_3

米セントジョン病院(デトロイト)メディカルセンターのアレルギー・免疫科のジェニファー・アップルヤード博士は、子どもの食品アレルギーのリスクを減らすために、妊娠中にナッツやピーナッツ、貝や甲殻類を控えることを勧めている、しかしアップルヤード博士は「妊娠中の栄養摂取についてはまだ多くの研究が必要だと・・・

Photo_3

妊婦は自分のためだけでなく子どもの将来の健康のためにも、賢い選択をするべきである」とも述べている!
妊婦がオメガ3脂肪酸(DHA)が不足した状態であるなら、出生時に脳の発達に傷害のある子供と・・・・問題の根本に、胎児とお母さんの関係が要因と

   ■≪妊婦≫≪DHA≫≪胎児≫≪子供の脳の発達≫■


Aaigtrmages


| | Comments (3) | TrackBack (0)

« October 11, 2009 - October 17, 2009 | Main | October 25, 2009 - October 31, 2009 »