« November 1, 2009 - November 7, 2009 | Main | November 22, 2009 - November 28, 2009 »

≪情報や本舗≫≪ウエークアップ!ぷらす≫≪音威子府≫≪おといねっぷ美術工芸高等学校≫≪廃校寸前から再生!≫

0210_dsn_mannatech_bicycle


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Photo_9

11月21日(土)今朝日本テレビの「ウェークアップ!ぷらす」で北海道のある過疎が進む村でのとても気も晴れ晴れとするような放映があった、その村は人口わずか800人という、

北海道で一番小さな村「音威子府」村⇒難読駅名検定 なんて読むでも出てくる、正解はオトイネップ!」

Images_4


そしてこの村にある廃校寸前だった【1984年に工芸高校に改組したことで全国的人気を集めているのは、生徒一人一人の個性を伸ばしてくれる授業にあるようだ!


生徒たちが納得するまで続ける学校の教育方針で、夢中になれる授業がそこに生まれているのでは?

また今どきの若者ならカラオケやゲームセンターなど一軒もないこの村に魅力を感じているのは、全寮性という小さなコミュニテイで「美術」と言う共通項での楽しみ方を見出しているのではないだろうか・・・・・


2009sa

今年あっという間にベストセラーの「村上春樹の1Q84!」と同じ年号というのも何かの縁でも?】北海道おといねっぷ美術工芸高等学校 が全国から生徒が集まる人気高校へ再生したという話でした、


いまや倍率は2.6倍!わずか全校生徒100人の全寮制、それは地元からの学生は一人もいなく、15歳からの子供達を預かる学校の先生は毎日誰か彼かが泊り込むそうです・・・・


Photo_8

≪村立で全日制の工芸科の高校!これは非常に珍しい学校と言えるかなと思いますと「花松高校長は文科省で意見を述べています≫⇒【おといねっぷ美術工芸高校

番組では生徒達がオリジナリティー豊かな作品をつくり出している、生徒達の作品を紹介していましたが、実に自由奔放な作品ばかり

Banerredox

色鉛筆500色を超えてのかつて作品制作ということでは考えられないような海に川にいる生物を描く男子生徒!離れて暮らす年の少し離れた妹の日常の生活を題材にして描く女子生徒!


1911mura

いまや、村の代表的な存在である”おといねっぷ美術工芸高校”石狩川に次ぐ北海道第2位の天塩川のほとりに位置する、

10257b4f641c8bc64f0360eec96fbf01


 

豊かな自然の中で、校内には充実した設備、環境があり、先生方が熱心に生徒、保護者、村の方々ともに「夢を語れる学校づくり」に邁進していることが、地域の活性化にもなっていて

魅力一杯の村であり学校が「ものづくり」をとおして創造力および確かな力と豊かな人間性を育成することを目指し、成果をあげているのでしょうね!Aaigtrmages


Continue reading "≪情報や本舗≫≪ウエークアップ!ぷらす≫≪音威子府≫≪おといねっぷ美術工芸高等学校≫≪廃校寸前から再生!≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪第9回ジェンナー糖鎖生物学≫≪医学シンポジウム≫≪糖質栄養素&多糖類のテクノロジー≫

Pic1
       知って!ガッテン糖鎖情報や本舗


Ecsegar09

グーグル・ファイナンス・ニュースに糖質栄養素の会社・・・に驚きのニュース発表がありました!糖鎖の栄養素を摂った被験者の血液中の糖タンパク質に利点のある変化が見られたと・・・

Bibbia06


■このニュースのすごい事の根拠を求める方に学術論文が提出されて⇒ 【学術論文】

糖鎖の栄養素開発会社の科学者による【第9回ジェンナー糖鎖生物学と医学シンポジウム】プレゼンテーション 

■【シンポジウムのプログラム】⇒グーグル翻訳版      

                           (2009年10月8日)

Inthenews5full⇒【セネット博士⇒医薬素材の特許をお持ちの博士】


糖質栄養素の科学者は、糖鎖生物学と医療シンポジウムで科学を提示しました !2009年9月13日~15日ベルギーのブリュッセルで開かれた第9回年次ジェンナー糖鎖生物学と医学シンポジウムに於いて糖質栄養素の多糖類コンプレックス(パウダー)についてのテクノロジーを2つのポスター発表でプレゼンテーションが行われました。

Photo

最初のポスター発表が、糖鎖の栄養素開発会社科学部門の最高責任者ロバートAセネット博士により
行われ、その詳細はマウスに多糖類=粉末(パウダー投与前と投与後での臨床試験データを示す表示をセネット博士の口頭で行われた!

Inthenews8full【左端にセネット博士・右端がボイド博士・←白いジャケット姿がアクスフォード博士】

≪ジョン・アクスフォード博士≫は、火曜日(2009年9月15日 ) の「セッション7」:【糖鎖の診断と治療 】
Chair: Prof John Axford, St George's University of London, Director of the Sir Joseph Hotung Centre for Musculoskeletal Disorders London, UK 司会:「ジョンアックスフォード教授」=ロンドンジョージセント大学(イギリス)、

Logojyennna


2.30 pm午後2時半 ntroduction はじめに
Prof John Axford, St George's University of London, Director of the Sir Joseph Hotung Centre for Musculoskeletal Disorders London, UK筋骨格疾患について、ロンドンHotungセンターのディレクター⇒サー・ジョゼフ (英国 )・・・・・・


Science

そして結果は、≪健康なマウスの結腸内の遺伝子発現に有益な効果があります≫と遺伝子発現解析で知られるニュージャージー州プロダクツ安全研究所でテキサス大学サウスウェスタン医療センターダラス校の科学者によって、動物実験をユーロフィン”Eurofins”⇒【補足:世界30各国で800億円の売り上げを食品検査などで計上する、国際的に比類のない検査機関(従業員が3000人)です!・・・・・情報や本舗調べ】

Cover_nature3

開発会社の研究開発(R&D)グループが資金を提供し、プロジェクトを管理し、コンパイルされたデータです

【補足:コンパイルとは人間が書いたプログラムをコンピュータの判る機械語に翻訳したという意味だそうです】

2番目のポスター発表は聖ジョージのロンドン大学【補足:ジョン・アクスフォード博士が聖ジョージ病院の医学学校の教授を務めている大学】の研究者が、コチラは動物ではなくオープン?で人間の研究による多糖類(Advanced Ambrotose)パウダーが血液中においてN -グラ イコシレーン(グリコシル化) した糖鎖プロファイル【=糖鎖の特徴.特性?】.に影響を与えるという発表でした!

Covermedium

今回の「糖鎖生物学と医療シンポジウム」には、ヨーロッパアジア、アメリカ合衆国の糖鎖生物学や医学の分野での主要な研究グループから100名以上の医療関係者が出席しました。この会議は、王立医学協会(英国)によってレガ医学研究所のルーヴァン・カトリック大学(ベルギー)との共同で開催されました。

Photo ⇒【ジョン・アクスフォード博士】

【王立医学協会はジョン.アクスフォード博士が会長を務めていました...・この協会会長は日本で言えば“厚生労働大臣”“医師会会長”“癌学会会長“と3つを兼任するようなものだと聞及んでいます!「】この研究は糖質栄養の研究開発会社からの学術研究助成金によって賄われたそうです


■オンラインで公開発表の 英語版ニュースを情報や本舗が辞書を片手に翻訳をした書き込みです専門外の事ゆえ、誤訳があるかもしれませんグーグル・ファイナンスのニュースは何故か消えていましたが、会社の「in the news」にはありましたので翻訳試みしてみますか!⇒ 【原文ニュース

Photo_9

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 1, 2009 - November 7, 2009 | Main | November 22, 2009 - November 28, 2009 »