« November 15, 2009 - November 21, 2009 | Main | November 29, 2009 - December 5, 2009 »

≪情報や本舗≫≪がんペプチドワクチン療法⑧≫≪産経新聞ニュース≫最新情報≫

Photo_2thumb


_news■最新⇒ガンワクチン療法⑩クリック!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

200pxjhu_homewood_sign

がんワクチン療法 ≫については7回書き込みしています

そしてグーグル検索ページのスポンサーサイトには⇒【科学的根拠に基づくがんワクチン療法 肝がんの再発リスクを81%減少!】とある、クリックするとこの≪がんワクチン≫の研究開発会社「セルメディシン」のとても分かりやすいサイトに行き着く!

このペプチドワクチン療法と同じだと考えられるレポートがNEDO海外レポートに2005年の4月に公開されていた⇒≪癌を撃退するように身体を教育する試みの中で、研究者達はある免疫細胞が他のものより「賢い」ことを発見した

ジョンズ・ホプキンス・キンメル癌センターの研究者達は、ガンに狙いを定めているT 細胞2 種類の癌殺傷率を調べた結果、骨髄に存在するT細胞は血中を循環するものよりも90%以上効率が良いことが判明した≫と


Photo

”Cancer Research 誌”(3 月1 日号)に掲載したこの研究の「イワン・ボレロ医学博士」は⇒「今回、私達は骨髄にあるT 細胞を『教育すること』で、最も効果的に抗腫瘍反応を得ることができるという証拠を掴んだ」と

とても私、素人には詳細は難しく!お知りになりたい方は⇒【NEDOレポート】←37ページ(PDF)         

Sankeinewslogo

先月ガンの3大療法の1つ放射線療法の効果に疑問符が投げかけられた!ここ数年前から既存療法に問題提起の情報が傑出してきていますよね


11月7日には、オンラインの「産経ニュース」で【がんと闘う ワクチン療法】(中)免疫療法 人により効果に差≫このニュースの中で「丸山ワクチン」の謎が解けたのでは?

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Maruyama_img

1980年代には米国でも初期のがんワクチンが臨床に導入されたが、期待されたほどの効果がなく、丸山ワクチンの承認見送りと合わせ、「免疫療法は怪しげなもの」との印象が広まり、現在に至っていますが、

ここにきて、「自然免疫」の働きが解明され、 丸山ワクチンは自然免疫、現在のがんワクチンは獲得免疫を主に利用するという違いはあるが、がんワクチン療法もこれまでに解明された免疫の理論に基づいて行われている・・・・・・

■コチラも⇒【詳細】=産経ニュース(2009年11月7日)


Photo_3
情報や本舗がんペプチドワクチン療法≫③新聞記事【ワクチン療法の詳細!】に丸山ワクチン書き込みをしています!

虎ノ門病院の病理部で多くの病巣を見てこられた「遠藤雄三」医学博士は≪丸山ワクチンとがんを考える会≫の2006年の講演会で「大人のがんは生活習慣病・・・従ってがんは予防できる」と演題で講演されています

■≪補足:病理医って?それは、重大な病気,例えば”がん”などが疑われた時には,病理医の診断によって治療が大きく変わると言うことをご存知でしょうか≫

Photo_2

ホリスティックケアーで多くのがん患者の信頼も厚い「帯津三敬病院」院長帯津良一先生がこの講演会で登壇しています

Continue reading "≪情報や本舗≫≪がんペプチドワクチン療法⑧≫≪産経新聞ニュース≫最新情報≫"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪C型肝炎患者≫≪コーヒーで!≫≪疾患の進行を遅らせる≫パート②

Photo

Photo_4【メルアド】ここをクリック!

                   □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


コーヒーを飲んでいる人は肝臓がんの死亡率<が低いという疫学的研究結果が日本や欧米の研究グループから多数報告された

Photo_2


、コーヒー摂取と肝臓がん発症リスクとの関連について検討した10件の研究(肝臓がん患者2,260例)のメタ解析を行った結果が2007年にイタリアの研究グループから報告されています。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ≪画像の解説≫


図:C型肝炎ウイルスの持続感染により、肝細胞の壊死と炎症が起こり、次第に肝臓の線維化(結合組織の増殖)が進行して肝硬変になり、さらに肝臓がんが発生する≫


Ffa5041435fe9d8eb519b648f2b5ec9a【画像をクリックして下さい!】


コーヒーを多く飲むとC型慢性肝炎の進行や肝臓がんの発生が抑制される【進行速度が遅くなる】ことが報告されている、


■画像&もっと詳しくは⇒コチラのサイトから

パート①でも書き込みのコーヒーに含まれる「アラビノガラクタン」や「アラビノマンナン」に由来する多糖類やオリゴ糖類が作用するのではないかと考えられません?


Photo_3

コーヒー豆に10%以上含まれるアラビノガラクタン、このアラビノガラクタンの腸内細菌の増殖に対する影響、それは特定のビフィズス菌を増殖させる効果があることを発見しましたと(この成果は日本食品微生物学会で論文にて報告しています)
Photo

補完栄養素に含有の西洋カラマツ由来の「アラガラクタン」!が腸管でシッカリと腸内細菌によって分解吸収されていると「スクリプス研究所で証明されたことも改めて特筆しておきます!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪糖鎖の栄養素≫≪特定保健用食品≫≪トランス脂肪酸≫≪消費者庁≫

Ima666ges

Photo

政権が交代した際に看板が掛けられた消費者庁でしたが、厚生労働省のお仕事の一部でもあった、特定用保健食品・栄養指導と二つの発表が消費者庁からあった!

①つは「トランス脂肪酸」の含有量の表示を義務付け!

②つは「特定保健用食品の廃止を検討」

Photo_2

①「トランス脂肪酸」と言えばマーガリン・ショートニングですが、日本人の一日の摂取量1.56グラムアメリカ5.8グラム⇒”転ばぬ先の杖”で結構なことです!

明治乳業・マクドナルド・ミスター・ドーナツはそれぞれ決定事項には従いますと

②特定保健用食品」の認可承認をとっていた花王が製品名「エコナ」に発ガン物質が含有されていたことから特保の取り下げ⇒今日、消費者庁は今後特定保健用食品の廃止を検討協議すると!花王が引き金となってしまうのか?

≪花王のエコナは数年前から巷では囁かれていたそうです?以前から疑問に思うのは糖尿病の血糖値を下げるという製品がいくら生活習慣病だからといって、

コンビニの飲料水の棚の中に氾濫している内は未だしも!最近はく区分けで言えば菓子類のなかにも氾濫しつつある≫

Imag777es

トランス脂肪酸含む商品は、店舗から撤廃しますと「セブン&アイホールディングズが方針を打ち出したasahi.com 2010.12.26のニュース・・・(すでに見れませんが)

Imag888es_2


それは、チョット短絡な言い方にはなりますが「難消化性デキストリン」が含有量の関与成分が認められれば認可されるという⇒問題ありと思いませんか!

「難消化性デキストリン」とは、ブドウ糖がつながった構 造を持つ体内酵素で消化されない物質の総称で、そのはたらきは食後の血糖値の急激な上昇を抑える・食物繊維として、おなかの調子を整え、便通を良くする


20120827004705422


糖鎖の栄養素は細胞のアンテナの働きを良くして、インスリンを細胞に取り込むことに関与して血中のブドウ糖を潤沢に取り込む役割のサポートをするのです、特定保健用食品の認定はありませんが!血糖値の定義からするなら・・・・・・どちらが?

Images888

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 15, 2009 - November 21, 2009 | Main | November 29, 2009 - December 5, 2009 »