« ≪情報や本舗≫≪発芽玄米≫≪母乳≫≪免疫増進≫≪日本経済新聞掲載≫≪産経新聞掲載≫ | Main | ≪情報や本舗≫≪植物栄養ハイチュウ≫≪抗酸化≫≪ORAC法≫≪糖鎖の栄養素≫ »

≪情報や本舗≫≪糖鎖欠損≫アルツハイマー病≪糖鎖異状≫名古屋大学≪科学誌≫

BarnerBaner
もっと続きを読む糖鎖情報や本舗
                                    
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


Photo

生物の細胞を覆っている細胞膜に存在する糖の分子「糖鎖」に異常がある「糖鎖」が欠けていると、自分の身体を守るはずの免疫システムが自らの脳細胞を攻撃健康な細胞を攻撃し、脳細胞が攻撃された場合は免疫の過剰な活性化を引き起こしてしまい、アルツハイマー病などの病状と類似した脳の神経変性につながることを⇒名古屋大医学部の古川鋼一教授らの研究グループが突き止め、この研究成果は7日付の米国科学アカデミー紀要の電子版に掲載される。

■読売新聞(2009・12)⇒【記事オンライン

004


【記事がクローズになっています ↓ ↓】

New読売新聞の記事はコチラで


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Photo_2


「古川教授」によると、「糖鎖」はグルコースやガラクトースなどの糖が連なった分子で、主に細胞膜に存在。細胞膜の表面にあるたんぱく質や脂質に結合し、脳神経系を維持したり、損傷時には修復したりする役割を果たしている細胞内外の物質や情報のやりとりを
担っている。。

「古川教授らは、細胞膜に存在する特定の糖鎖が欠損したマウスで実験を行ったところ、免疫機能が過剰に活性化し、自ら」の脳細胞などを攻撃。細胞は炎症を起こした後、死滅して脳神経の変性を起こすことが判明した。


Brainfunction

脳神経の変性は、アルツハイマー病やパーキンソン病などの神経疾患も、脳神経の変性が原因となっていることから、研究成果がこれらの治療法のヒントになる可能性もある」と話している

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Photo

勝手な推論ですが?、この記事から受けた印象では、アルツハイマー病やパーキンソン病の起因が「糖鎖異常や糖鎖欠損」であり、その脳神経部位の自己免疫疾患による損傷が原因であると強く示唆しているように思えます、良質な糖鎖形成のためにも酵素を使っての糖転移が潤沢に行われるよう、充分な量と質の良い、栄養補給は、これらの疾患の予防に直接つながるのではないでしょうか?

Photo_16

「…人間の体は、それを構成している一つ一つの細胞が正常なバランスを取っていれば病気にならない。また、細胞を正常に働けるようにしてやれば、病気は治る。 細胞に栄養を与えることが、これからの新しい医学である。」

Side_ttl_3お問い合わせ!】⇒ 【コチラ】

「…病気を治す根本は薬ではなく、体の持っている本来の修復能力である。それを のに最も大切なものは、食べ物に含まれる栄養素である…」


Newsstand


年明け!オーストラリアの大学での3ヶ月に渡っての二重盲検法によるランダムな臨床実験を行った結果も公開されている!栄養素をティースプーン2杯飲む事でメモリータスクが高まった事が、やはり科学雑誌に掲載された!【記憶・認知力の低下に・・・朗報

 


|

« ≪情報や本舗≫≪発芽玄米≫≪母乳≫≪免疫増進≫≪日本経済新聞掲載≫≪産経新聞掲載≫ | Main | ≪情報や本舗≫≪植物栄養ハイチュウ≫≪抗酸化≫≪ORAC法≫≪糖鎖の栄養素≫ »

【アルツハイマーと認知症】」カテゴリの記事

【糖鎖】」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34281/47351058

Listed below are links to weblogs that reference ≪情報や本舗≫≪糖鎖欠損≫アルツハイマー病≪糖鎖異状≫名古屋大学≪科学誌≫:

« ≪情報や本舗≫≪発芽玄米≫≪母乳≫≪免疫増進≫≪日本経済新聞掲載≫≪産経新聞掲載≫ | Main | ≪情報や本舗≫≪植物栄養ハイチュウ≫≪抗酸化≫≪ORAC法≫≪糖鎖の栄養素≫ »