« ≪情報や本舗≫≪途轍もない女性アスリートとは!≫≪プロバスケット≫≪ナンシー・リバーマン≫ パート③ | Main | ≪情報や本舗≫≪セクシーすぎるCM?≫≪スーパーボウル≫≪放送禁止!≫≪CBS≫ »

≪情報や本舗≫≪がんワクチン療法③≫≪ニッポンの最先端技術≫                         

Header_3


もっと続きを読む糖鎖情報や本舗←こちらをクリック!

Btn_play_movie新作上映中!「糖鎖の働きをアニメで!」
今すぐ観る!ここをクリック!【4分44秒】                                    

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Photo_4

最新情報としては、≪がんワクチン療法 ≫の外来を日本で」最初に設けた「久留米大学医学部」だという事はご存知の方々も多く、この療法については既に8回の書き”込みで右の”カテゴリー=Categories”の棚に置いてあります?昨年末にテレビ東京「たけしの日本のミカタ!」でニッポンの最先端技術ー進化を続ける医療技術”と紹介されていました


_news_2

■【たけしの日本のミカタ】⇒クリック!【読む方はコチラ


Photo_5

免疫細胞治療は 、人間の体の中にある「樹状細胞」などを利用した治療法で「樹状細胞」は体に有害な物質を排除するリンパ球にがんを攻撃するように指示する能力を持つことから、がんについて学習させた樹状細胞とリンパ球を大量に培養し、体内へ戻し、免疫細胞が活性化してのがん攻撃をくりかえす・・・・・・と

久留米大学の臨床試験での情報はいまのところでて来てはいませんが、学部の教授の発表がいくつかあって、とてもわかり易く書かれている⇒久留米大学ペプチドワクチン事務局から”レビュー”が2件

Photo_3

■【がんワクチンについて」―久留米大学・・・免疫免疫治療学講座”伊東恭悟先生

          ① がんワクチンはまだ承認されていません
          ② がん免疫
          ③ がん免疫療法
          ④ がんワクチン
          ⑤ がんワクチンの限界

クリック!⇒PDF【読む方はコチラ

Photo_4

■【がん治療薬の薬効評価】―久留米大学先端癌治療センター・がんワクチン分子部門”山田亮教授”

        ① はじめに
        ② 薬効の評価項目
        ③ 奏功率は正しい評価か?
        ④ 患者にとっての真のメリットは?
        ⑤ がんワクチン

111909_chrome


■PDFの内容では、延命効果が認められています

クリック!⇒PDF【読む方はコチラ


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

久留米大学医学部が市民公開講座を開催するとのことです!ワクチン外来を開設して1年が過ぎようとしている今、これまでの経緯の報告をパネル講座で発表するらしい

  日時:平成22年3月27日(土)13:30~15:30(13:00開場)

  会場:エルガーラホール・大ホール(大丸福岡天神店東館隣8F)

■【詳細】⇒クリック!【久留米大学ペプチドワクチン事務局のウェッブ 


                

|

« ≪情報や本舗≫≪途轍もない女性アスリートとは!≫≪プロバスケット≫≪ナンシー・リバーマン≫ パート③ | Main | ≪情報や本舗≫≪セクシーすぎるCM?≫≪スーパーボウル≫≪放送禁止!≫≪CBS≫ »

【がん・ガン・癌のはなし】」カテゴリの記事

Comments

40歳半ばの会社員ですが、
約2年ほど前(2008年6月)、腹部の痛みで入院し、その際のCT検査で、膵臓癌が発見されました。その際のステージは4でした。
その後、さまざまな病院をセカンドオピニオンで回りましたが結局、手術は不可能と去年の8月に結論がでました。
ただ、その際WT1の免疫療法の治験があることを知り、WT1とジェムザールの投与を2008年10月から受けた際、4か月で腫瘍が80%の縮小がCTでみとめられ、3月に急遽、膵臓の一部、十二指腸、胃の一部の摘出をしました。
まだ、術後数か月で、十分な回復がみられました。
現状、腫瘍マーカーは正常値で、CTでも転移や腫瘍は見つからない状況です。 術後もWT1とジェムザールの投与を続けています。

経過ですが、2009年3月に、ステージ4から、ジェムザールとWT1の効果で、腫瘍が縮小し、摘出手術を受けました。現在CA19-9は30前後で、CTでも腫瘍は見つからない状況です。
大阪大学で開発されているWT1を関東の大学病院で治験として受けました。WT1は2008年10月から、いまも、投与しています。

投稿の理由は、まだ、治験の段階である大阪大学のWT1を、ご存じの方は少ないと思いますが、患者の方の希望が多くなれば、政府の予算や開発のスピードが早まるのではと思いました。

私の例だけで、統計的な確証にはなりませんが、余命3カ月と診断されてから、2年、WT1のおかげで、通常の生活も保てています。

他の方の、お役に立つ情報でありますように。

一度は、あきらめていたのですが、病院の先生方、また、WT1のおかげで、何とか一命をとりとめました。
他の方の参考情報になればと、投稿致します。

Posted by: Hayama | May 02, 2010 11:34 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ≪情報や本舗≫≪がんワクチン療法③≫≪ニッポンの最先端技術≫                         :

« ≪情報や本舗≫≪途轍もない女性アスリートとは!≫≪プロバスケット≫≪ナンシー・リバーマン≫ パート③ | Main | ≪情報や本舗≫≪セクシーすぎるCM?≫≪スーパーボウル≫≪放送禁止!≫≪CBS≫ »