« September 2010 | Main | November 2010 »

≪情報や本舗≫≪がん細胞≫≪NK細胞≫≪キラーT細胞≫≪B細胞≫≪ヘルパーT細胞≫≪マクロファージ≫

Baner02


Photo

百聞は一見にしかずで・・・深夜作業でYou-Tubeを徹底検索!次から次と納得する事ばかりのことが、動画からよく理解できました!

Agestakesi

≪たけしの家庭の医学≫スペシャル番組の中で情報や本舗のブログで書き込みのある「ガンペプチドワクチン」療法で、”ナチュラルキラー細胞”がん細胞”攻撃して消滅させる、体の中で実際に起きている動画映像を流したことでなんですが、番組終了後に検索ヒットが一時間の間に1.000件近くのアクセスがありビックリ!、見逃した方々の為にも?自身の為にも!

Photo_6

【ナチュラルキラー細胞が、がん細胞に”グラニュール(タンパク質)”を打ち込み穴を開けた画像≪上≫その後”パーフォリン(タンパク質)”でがん細胞を破壊!⇒5分後には、がん細胞が破壊され消滅していく】


■ガンの転移≪metastatis=【病理】:がんなどの)転移≫
.



Photo■細胞の自殺・・・≪apoptosis=能動的な細胞死≫⇒【コチラ!】



①画面の左隅に「Healthy cells=正常細胞」の文字が、続いて緑の細胞に「diseased cell=病巣細胞」が、そして左上に「killer-T-cell=キラーT細胞」の文字が⇒このキラーT細胞(白いもの)が出て来て病巣細胞(緑いろ)を攻撃していく

②下の細胞が病巣細胞の分子(molecular)表面にリンパ膜、そして上からキラーT細胞のリンパ膜が・・・death ligand⇒リガンドとは(受容体などに特異的に結合する物質) とあります=死んだリガンド(ピンク)に対して、下から死んだ?レセプター(緑色)が接触(細胞間の会話?)をして病巣細胞のリンパ膜を通って、細胞内にCytoplasm=細胞質

③そこにAdaptor proteins=接着?タンパク質(オレンジ色)が周りからやって来て取り囲みprocaspase=8つの酵素エンジ色)((カスパーゼの不活性前駆体)が病巣細胞を食い散らす...3つの活性化した酵素が他のタンパク質を切断する≪2分10秒のあたり≫

 =凄い戦いを免疫細胞は体の中で絶えず行っているのです=

④情報伝達がドンドンと闊達になっていき最後には最初の病巣細胞(緑)がバラバラにされ、死んでしまう⇒アポートシス(apoptosis)現象


        ≪マクロファージ=大食細胞≫
At_hizo

時には、触手を伸ばし異物を補足し、食べたり攻撃もする!手ごわい敵には目印を「Tー細胞=リンパ球」に糖鎖を通じて連絡する(⇒抗原提示)

免疫細胞が攻撃した戦場の後始末をするのもマクロファージの仕事!食べて食べて、食べまくるので人と同様な行動を・・・その様が⇒


Photo_4■食べ過ぎて、お行儀の悪いこと「ゲップ!」をするマクロファージ君⇒【コチラ!】

Photo_5■【実写】マクロファージの大食ぶり.寝ている奴の変わりに大喰らい⇒【コチラ!】


        ≪ナチュラルキラー細胞≫
Tweeter2


自身の判断と分析で、自己.非自己を見分け攻撃をする殺し屋細胞です。ただ持っている武器はピストルか鉄砲のため確実性はなく、大敵には、仲間を集めて数で立ち向かう!(⇒野生の蜜バチが天敵スズメバチに立ち向かう様に似ている)

Photo_6■血管内を見張っていて非自己に変化した細胞の表面の提示(糖鎖!)を見分けドリルで穴を開け、ピストルの弾(パーフォリン=タンパク質)を撃ち込み異常な細胞を殺してしまう(⇒細胞のアンテナ糖鎖が鈍いとついつい見逃してしまう...アンブロはアンテナを活性化するのです)
コチラその映像!】


■【実写】の映像NK細胞がターゲットを殺す映像です


    ≪軍隊のように訓練を受けた免疫細胞「T-細胞」≫


①【大食細胞=マクロファージ】から目印(抗原提示)を受けるのは軍の司令官「ヘルパーT細胞」だ、」直接攻撃する事はしない(偉いからか?)そこで機関銃.バズガ砲を持つ「キラーT細胞」に攻撃命令を出す

②【キラーT細胞】はターゲットにドリルで穴を開け弾(パーフォリン)をぶち込み攻撃を開始する!さらに攻撃を強めるために「B-細胞」を活性化させてミサイル(抗体=Y字体の)での攻撃を促す、標的に向かい確実にターゲットを
撃破する免疫細胞の最強軍団です

③【B-細胞】が作ることの可能な抗体!その数1兆個以上・・・ひとの寿命を
カバーし続けて余りある数ですよ!
 
Photo_8■①②③が動画で観られます!最後は「キラーT細胞」が異物(ガン細胞)の塊に攻撃し続ける

コチラ上の解説通りの映像!】

Photo_9■上の「T=細胞」の働きを漫画で見てみる⇒赤い標的を「マクロファージ」が
食べてしまう、背中にに”T”を背負った「ヘルパーT細胞」が「マクロファージ」の背中の提示を認識して、活性!進軍ラッパ吹き鳴らし・・・セイウチみたいな「キラーT細胞」に攻撃命令!「キラーT=細胞」パーフォリンを吹きかけ殺してしまう、「ヘルパーT細胞」のミサあイル発射ボタンを押すように命令を受けた「B-細胞」が一斉攻撃を始動!・・・

F3cdd0c9コチラ漫画での映像だ!】

Photo_10■がん細胞(緑色に着色された)がリンパ球のアタックで死滅する様子!⇒【コチラ!】

Photo_11■正常細胞がどのようにガン細胞に変化して、転移していくのか?⇒【コチラ

Photo_12■ガンの転移が分かりやすく・・・(⇒大阪大学の谷口直之先生が解説している通りのことがビジュアルで見られます...免疫細胞はシッカリとお仕事をしているのですが、見逃してしまうことが・・・⇒【コチラ

Photo_13■上の転移!漫画でもっと分かりやすく⇒【コチラー漫画

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪越中富山の薬売り≫≪反魂丹≫≪万能薬≫≪万金丹≫ 

1
     ≪知って!ガッテン≫ASEAの公開資料


先日、富山の友人と電話で話していて、年数は増えているのに中々楽が出来ないね!と言うと

A0604221

「富山には”楽すれば楽がじゃまして楽ならず楽せぬ楽がはるか楽楽”という教訓というか言い伝えというか残されているよ!」
富山の薬売りが日本中に置き薬を広めるために売り歩く際の自己啓発の言葉としていたのではないでしょうか


Photo

私が「そう言えば、富山には”越中富山の万金丹、はなくそまるめて万金丹、それを呑むやつあんぽんたん”というのもあったよな?」というと友人は「それは違う!

正しくは”越中富山のはんごんたん、はなくそ丸めて万金丹、それを呑むやつ、あんぽんたん・・”が正しいのさ」

≪時折、健康セミナーなどで、決まれる話しに、「明元素!」と「暗病反!」という「栄養素」があるのを知っていますかと!じつは「明るく元気で素直」な人が飲む栄養素は健康の元・・・

ところが「暗く病気がちで反対ばかりする」人が飲む栄養素はアンビョウタン⇒アンポンタンだと!≫

Seiseishop_i025

「はんごんたんってどう書くの?」「反対の反に、心魂の魂、そして仁丹の丹と書く、検索すると出て来るよ」そこで検索結果を以下に・・・「反魂」とは、死者の魂を呼び戻す、つまり死者を蘇生させるという意味で、中国ではそのような霊薬を「反魂丹」と称したらしい。そして≪謂れ≫となるような民話ばなしが見つかった!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Kusuri

時は、後醍醐天皇の時代(14世紀の初めごろ)、松井源長という武士の母が重い病気にかかり、いろいろ手を尽くしたものの、症状は悪化するばかり。あとは神仏に頼るしかないと、立山に登り不動明王と阿弥陀如来に一心に祈願しました。するとその夜の夢の中で阿弥陀如来から、熊胆と硫黄を混ぜた妙薬の作り方を授かった

Photo_3

源長は、喜び急ぎ母の元へ向かいますが、母はすでに亡くなっていたのです。嘆き悲しみながらも源長は薬を調合、母の口に注ぎました。するとどうでしょう。死んだはずの母の目が開き息を吹き返したのです。


阿弥陀如来に「まだ来るのは早い」と言われ、不動明王に「早く返れ」と背をたたかれたそうです。つまり「身体に魂を返してくれる薬」というのが反魂丹の名の由来 だそうです【ネット検索で書き込みがありました】

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Photo_7

富山の薬売りは、通常「反魂丹売り」と呼ばれていたそうです。修験から切り離された富山売薬行商人は、売り歩く先の藩から売薬の許可状をもらって売り歩くことになります。

こうした反魂丹御免札を手に全国各地へと”楽せぬ楽は楽と散っていくのです江戸時代では、あの大岡越前守が全国の香具師の頭に反魂丹の行商を認めていたと


Logo_news333この行商での置き薬が、今日まで続いた事で厚生労働省の薬事行政に矛盾のあることが2011年8月に露呈してしまったようだ⇒ 【その記事!】

Ca4eymse

■余談■・・・・・江戸時代の行商スタイル⇒

                           □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


池田屋安兵衛商店の染め抜き布看板がネットにあった⇒「反魂丹」の文字がシッカリと!

1158882180_2

いつの世にも、似て非なるものが出回るものです、反魂丹に習い、間違って聞いていた、伊勢には万金丹、岡山には千金丹と、2番煎じ3番煎じの薬が次々と!

江戸時代の伊勢といえば、一生に一度はお伊勢参りをするのが目標であった存在で、江戸の人々の3人に1人は伊勢詣でをしたといわれています。そのついでにお土産として買われた万金丹も実は反魂丹以上に著名だったと思われます

落語.にも万金丹という題目で親しまれています 韻を踏む響きがとても心地のよい、上方生まれの噺で、 江戸を食い 詰めた梅吉と初五郎の二人連れが、道中で路銀が底をつき、水ばかり飲んで腹は大シケ という、 餓死寸前の大ピンチ!とある古寺に、地獄にホトケとばかりに・・・・・

【落語!噺している時は天下一品、それこそ話す「談志」は万金丹!】

| | Comments (1) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪ドクター月尾の地球方程式≫≪聖書≫≪ベストセラー本≫≪ノーベル文学賞≫

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
Photo_2
知ってお得な話かも糖鎖情報や本舗

Btn_play_movie「糖鎖の働きをアニメで!」今すぐ観る!【4分44秒】                                    
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

E3838ee383bce38399e383abe8b39ee383a


2010年、作家村上春樹さんがノーベル文学賞の有力候補と目されながらも、今一歩か二歩手が届かなかったようだ。年末に公開される映画「ノルウェイの森」は原作は、1000万部も売れているのか?超ベストセラー本である。「1Q84」の売れ行きは、いずれ追い越すのも時間の問題かも!

Bibbia06

世界で一番売れている本はなんでしょうか⇒この問いにそれは「聖書」と答える人は多くないはず!先週の「ドクター月尾の地球方程式」では「聖書」についてお話していた。聖書は3000年近く前に書かれたと考えられ、現在では世界各国の言語に翻訳されており、その出版部数は推定10億冊とも、凄い数字ですが?3.880億冊とも言われているそうです

≪世界一発行されている本⇒聖書としてギネス・ワールド・レコーズに登録されている≫

Photo

世界で出版社発表のものや、推計に基づくものなど作品によっては数値が印刷部数・発行部数・実売部数で様々ではあるが真偽は兎も角順に並べてみる【ウィキペディアより】

①先ずは聖書 60億冊から3880億冊

コーラン 不明 

毛沢東語録 9億冊から65億冊 

エホバの証人 1億数千冊

モルモン教 1億数千冊

【宗教の教義本が如何に?を物語る数字ですね!】 

ハリーポッターと賢者の石(J/Fローリング) 一億冊

そして誰もいなくなった(アガサ・クリスティ) 一億冊

星の王子様(サン・テグジュベリ) 8千万冊

【歴代のベストセラーを①位から順に並べたものではないということ】


Photo_2ドクター月尾こと「月尾義男」教授


「ドクター月尾の地球方程式」の話に戻そう「聖書」は西洋で印刷術が普及するまでは、僧侶が羊皮紙などに書写して伝えていたので、部数は限られたものでしたが、15世紀に西洋で印刷技術が利用されるようになって、急速に部数が増えていきます。印刷術の発明者グーテンベルクが最初に印刷したのも聖書です。

20101008_1


「聖書」は西洋で印刷術が普及するまでは、僧侶が羊皮紙などに各ページが42行ずつ、書写して伝えていたもので、そのため『42行聖書』⇒右写真とも呼ばれているそうで、15世紀に印刷が始まり、まず羊皮紙で45部が印刷され、次に紙に135部が印刷されたと考えられています。

Biblebook⇒慶応義塾図書館蔵・・グーテンベルク42行聖書 マインツ 1455年頃 紙">グーテンベルク42行聖書 マインツ 1455年頃 紙】


現在、羊皮紙に印刷されたものは12部、完品は4部、紙に印刷されたものは36部、完品は17部残っていて、羊皮紙、紙に印刷された『42行聖書』は世界で48部残っている計算になる、そしてその内の47部は図書館に保存されているとなると?

Caw3itor

さて、あとの1部は⇒なんとマイクロソフトの創業者ビル・ゲイツが持っているとのことだ。そしてこれまた凄い話だが!彼は他にも世界一貴重な本を所有していて、それはレオナルド・ダヴィンチが晩年に執筆した自筆の原稿で『レスター手稿』といわれる世界に1冊しかない本を所有しているんだって≪ドクター月尾の地球方程式より≫018a


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2010 | Main | November 2010 »