« ≪情報や本舗≫≪ドクター月尾の地球方程式≫≪聖書≫≪ベストセラー本≫≪ノーベル文学賞≫ | Main | ≪情報や本舗≫≪がん細胞≫≪NK細胞≫≪キラーT細胞≫≪B細胞≫≪ヘルパーT細胞≫≪マクロファージ≫ »

≪情報や本舗≫≪越中富山の薬売り≫≪反魂丹≫≪万能薬≫≪万金丹≫ 

1
     ≪知って!ガッテン≫ASEAの公開資料


先日、富山の友人と電話で話していて、年数は増えているのに中々楽が出来ないね!と言うと

A0604221

「富山には”楽すれば楽がじゃまして楽ならず楽せぬ楽がはるか楽楽”という教訓というか言い伝えというか残されているよ!」
富山の薬売りが日本中に置き薬を広めるために売り歩く際の自己啓発の言葉としていたのではないでしょうか


Photo

私が「そう言えば、富山には”越中富山の万金丹、はなくそまるめて万金丹、それを呑むやつあんぽんたん”というのもあったよな?」というと友人は「それは違う!

正しくは”越中富山のはんごんたん、はなくそ丸めて万金丹、それを呑むやつ、あんぽんたん・・”が正しいのさ」

≪時折、健康セミナーなどで、決まれる話しに、「明元素!」と「暗病反!」という「栄養素」があるのを知っていますかと!じつは「明るく元気で素直」な人が飲む栄養素は健康の元・・・

ところが「暗く病気がちで反対ばかりする」人が飲む栄養素はアンビョウタン⇒アンポンタンだと!≫

Seiseishop_i025

「はんごんたんってどう書くの?」「反対の反に、心魂の魂、そして仁丹の丹と書く、検索すると出て来るよ」そこで検索結果を以下に・・・「反魂」とは、死者の魂を呼び戻す、つまり死者を蘇生させるという意味で、中国ではそのような霊薬を「反魂丹」と称したらしい。そして≪謂れ≫となるような民話ばなしが見つかった!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Kusuri

時は、後醍醐天皇の時代(14世紀の初めごろ)、松井源長という武士の母が重い病気にかかり、いろいろ手を尽くしたものの、症状は悪化するばかり。あとは神仏に頼るしかないと、立山に登り不動明王と阿弥陀如来に一心に祈願しました。するとその夜の夢の中で阿弥陀如来から、熊胆と硫黄を混ぜた妙薬の作り方を授かった

Photo_3

源長は、喜び急ぎ母の元へ向かいますが、母はすでに亡くなっていたのです。嘆き悲しみながらも源長は薬を調合、母の口に注ぎました。するとどうでしょう。死んだはずの母の目が開き息を吹き返したのです。


阿弥陀如来に「まだ来るのは早い」と言われ、不動明王に「早く返れ」と背をたたかれたそうです。つまり「身体に魂を返してくれる薬」というのが反魂丹の名の由来 だそうです【ネット検索で書き込みがありました】

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Photo_7

富山の薬売りは、通常「反魂丹売り」と呼ばれていたそうです。修験から切り離された富山売薬行商人は、売り歩く先の藩から売薬の許可状をもらって売り歩くことになります。

こうした反魂丹御免札を手に全国各地へと”楽せぬ楽は楽と散っていくのです江戸時代では、あの大岡越前守が全国の香具師の頭に反魂丹の行商を認めていたと


Logo_news333この行商での置き薬が、今日まで続いた事で厚生労働省の薬事行政に矛盾のあることが2011年8月に露呈してしまったようだ⇒ 【その記事!】

Ca4eymse

■余談■・・・・・江戸時代の行商スタイル⇒

                           □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


池田屋安兵衛商店の染め抜き布看板がネットにあった⇒「反魂丹」の文字がシッカリと!

1158882180_2

いつの世にも、似て非なるものが出回るものです、反魂丹に習い、間違って聞いていた、伊勢には万金丹、岡山には千金丹と、2番煎じ3番煎じの薬が次々と!

江戸時代の伊勢といえば、一生に一度はお伊勢参りをするのが目標であった存在で、江戸の人々の3人に1人は伊勢詣でをしたといわれています。そのついでにお土産として買われた万金丹も実は反魂丹以上に著名だったと思われます

落語.にも万金丹という題目で親しまれています 韻を踏む響きがとても心地のよい、上方生まれの噺で、 江戸を食い 詰めた梅吉と初五郎の二人連れが、道中で路銀が底をつき、水ばかり飲んで腹は大シケ という、 餓死寸前の大ピンチ!とある古寺に、地獄にホトケとばかりに・・・・・

【落語!噺している時は天下一品、それこそ話す「談志」は万金丹!】

|

« ≪情報や本舗≫≪ドクター月尾の地球方程式≫≪聖書≫≪ベストセラー本≫≪ノーベル文学賞≫ | Main | ≪情報や本舗≫≪がん細胞≫≪NK細胞≫≪キラーT細胞≫≪B細胞≫≪ヘルパーT細胞≫≪マクロファージ≫ »

Comments

An intriguing discussion is worth comment. I do think that you should publish more on this subject matter, it may not be a taboo subject but typically folks don't speak about these issues. To the next! All the best!!

Posted by: around children | September 16, 2014 at 12:40 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34281/49724389

Listed below are links to weblogs that reference ≪情報や本舗≫≪越中富山の薬売り≫≪反魂丹≫≪万能薬≫≪万金丹≫ :

« ≪情報や本舗≫≪ドクター月尾の地球方程式≫≪聖書≫≪ベストセラー本≫≪ノーベル文学賞≫ | Main | ≪情報や本舗≫≪がん細胞≫≪NK細胞≫≪キラーT細胞≫≪B細胞≫≪ヘルパーT細胞≫≪マクロファージ≫ »