« ≪情報や本舗≫≪シェアリングエコノミー≫≪ジップカー=Zipcar≫≪所有⇒共有の時代へ≫ | Main | ≪情報や本舗≫≪長寿遺伝子≫≪老化メカニズムの解明に・・・!≫≪レオナルド・ガレンテ教授≫≪パート②≫ »

≪情報や本舗≫≪カーブドッチ≫≪落希一郎≫≪新潟ワイナリー≫≪僕がワイナリーをつくった理由=単行本≫

_news"ワインの木のオーナー」募集開始!・・・・

            ■≪落希一郎の新たなる挑戦≫■

≪OcciGabi・オチガビ≫のHome Page(ホームページ)が公開された!
Main_wain
オーナー募集中⇒http://www.occigabi.net/wanted-owner


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

51atjrtxial


広大なブドウ畑と、地下倉庫に眠るたくさんのワイン、そして一流のレストラン、古民家を移築して変身させたドイツレストラン、石窯で焼くこだわりのパンなど数々のこだわり、このことが本になった!

昨年!落希一郎が「僕がワイナリーをつくった理由」という単行本を出版した。彼がつくったワイナリーは「カーブドッチ」⇒フランス語で″カーブ〟は=貯蔵庫・倉庫、"ド〟は=英語のOF,そしてオッチ=落・・・・「落のワイン蔵」と言ったところか!

101114_0907_0001_2

【そのワイン蔵には、彼の本にも書かれてある「ヴィノクラブ」創設時に会員になった折からの10本のワインが棚に眠っていると思う?】・・・・・・・・・・・

ヴィノクラブ」の詳細は


Photo


≪彼は猫がよほど好きらしい、今でも14匹の猫と暮らしている!この本のタイトルの「理由」の下に小さな猫の写真があるよ≫・・・・⇒カーブドッチの猫たち←【猫好きで、カーブドッチのファンの方のブログ】より


101114_0858_0001


1992年に、ボルドー(仏ワイン産地)に地理的条件が似ていると、新潟の国定公園角田山の麓で、1ヘクタールの欧州産のブドウを植えたところから、彼の夢が?本の結びで⇒・・・・「人間思い続ければできるものです。あなただって、僕だってかなりのことができます。そう、自分の人生をかければ。そして、ワイン作りには、そんな夢が詰まっているのです。」

落希一郎「人生を賭した冒険」に、貴方もつきあってみませんか・・と彼は本のススメである
Seminar06_ochi

彼との出会いは高校時代に始まる、親しい友人の一人である。そして、この本が出版された時に、いち早く読んで会報誌に掲載したのが、同じく親しい友人の「金子邦彦」(明治大学商学部教授)君だ

20071015_1


「・・・彼の波乱に満ちた半生とともに、自家栽培・自家醸造による少量生産・少量販売というごまかしの無い本物のワイン造りにかけた情熱と苦闘、丹精こめて創り上げた自慢のワインを美味しく飲み、ゆったりとした気分に・・・

【ワイナリーの施設・生産製品の紹介がしばし】・・・資金調達の苦労とひねり出したアイデア・独特の経営哲学とロマンあふれる将来像、さまざまな出会いと四季の移ろいなどが、彼の人生を如実に反映するように、コンパクトかつ飾気なく率直に綴られている・・・・・是非一読をお勧めしたい ≪金子邦彦≫


110831_14260001■【創業時に植えたブドウの苗木】

会員番号”30800”の証と一緒に送ってきた⇒≪あなたの葡萄の木が決まりました≫と、こんな書き込みがある「陽春の光と風を浴びて、赤みを帯びた柔らかな芽が顔を出しました。 この小さな命が、やがて美味しいワインになる迄、心をこめてお世話いたします」

そして”木の所在地【C3-23-27】ともある(今でもそこに在るのかな?)それはどうあれ、丹精こめて育て上げたブドウの木が、右上の写真にあるように、立派に育って美味しいワインとなる。きっと子育てと同じなんだろうな

Img_4810

Spg1102271135002n1

話を高校時代にもどして、我々は”産めよ、増やせよ⇒旧約聖書のフレーズらしい”の「戦後っ子!」だ。今なら「団塊の世代!」とか「ベビーブーマー世代!」とも呼ばれている・・そんな時代の高校に、彼は転入してきた!いきなりその年の学年末試験で356人中、2番か3番だったような気がする、その後も落希一郎は絶えずトップ争いから降りることはなかった!

20101019_751940

天才と秀才が違うなら、彼はその二つを持ち合わせた男だった。3年の時には、生徒会議長に選ばれ、サッカー部のリーダー格存在でもあり、人格・人望・リーダー資質を、そなえ持っていたことが証明しているのでは・・

≪先日!携帯で聴いたところ、いまだサッカー少年とのことだ!≫

本を読むまでは彼の生い立ちなど知る由もなかったのだが、1948年に鹿児島で産声をあげたらしい・父親は営林署の職員で・・・【この辺りは本に書かれている】


Photo

『カンブリア宮殿』特別版

Photo

http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/list/list20111201.html
                                                                       「落希一郎」が番組ホストの「村上龍」氏からインタビューを受けての”カーブドッチ”の紹介"・・・・【情報ソース】掛川千恵子さん≪←「ヴィノクラブ」の発案者≫から


Cavepstr


≪ワイナリー「カーブドオッチ」の話は、彼の執筆 『僕がワイナリーをつくった理由』の本以外にも沢山のワイナリーファンが書かれているので、このワイナリーに行き付く前のお話を紹介したい


Ages_2

【ワイナリーに行き付く前のお話を読む!】
       ↓   ↓   ↓   ↓

落希一郎≫≪ワイナリー「カーブドッチ」≫≪行きつく前のお話

|

« ≪情報や本舗≫≪シェアリングエコノミー≫≪ジップカー=Zipcar≫≪所有⇒共有の時代へ≫ | Main | ≪情報や本舗≫≪長寿遺伝子≫≪老化メカニズムの解明に・・・!≫≪レオナルド・ガレンテ教授≫≪パート②≫ »

Comments

初めての書き込みです。
落希一郎氏にまつわる記憶ですが、なにしろ古いことで、記憶違いかもしれないし、だいたいが、他愛ないことなんですけど。
むかし「平凡パンチ」という週刊誌がありました。ぼくら、たしか高3のときに創刊されて、教室の後方で読んでたアレです。
よく読まれて、数年して、季刊だったか、「平凡パンチデラックス」(「デラパン」といいましたっけ)が出るようになる。
昭和42年の秋ごろ、その「デラパン」に、新宿でしょうか、フォーク集会のゲラビアがあって、聴いている多くの若者の中に、落氏がいた、という記憶があるのですが。
アッシは、当時仙台におりまして、同じ下宿だったトガシ、タカハシにも確かめてみたいと思っているのです。

Posted by: tonto | September 15, 2011 at 12:28 PM

昭和42年の掲載なら、ありうるかも?フォークソングブームの始まりでもありましたし!落君が当時を振り返ってのインタビュー記事があります・・・・

_________________________

大学に入学して2年後に学生運動が起き、自分も大学のやり方に反対し運動に参加して、政府や当時の文部省と対立しました。
学生運動が終息し、その後大学に残るか、去るか選択肢は二つにひとつ。今まで反対運動をやって大学や教授たちに反発して自分は、そのまま大人しく残るというのに耐えられず、潔く退学を選びました。

やはりそういう経験(学生運動)から社会を見る視点が培われたのですか?

大学4年間というのは社会に出る前のある意味人間にとっても最も大切な4年間ですよ。   
ですが、残念ながら日本の政府も大学も、大学の理想というものを明確に示していません。社会に出てすぐに役に立つ技能や技術を身につけさせたいのか、社会に直接繋がらないけど歴史や哲学を学んで人間の修養を積ませたいのか。どちらも中途半端ですよね。

学生が何をすべきか、先生は何をすべきかということが議論されていません。学生に考えさせる問題や疑問の投げかけすらされていません。大学はガイダンスを開いて、単位の取り方とか、どうやったら4年間上手く乗り切れて卒業できるとか、そんなことばかり教えていますよね。


「自分はこんなことをするために大学に入ったわけではない」、「期待したものと違う」といって、ドロップアウトしていく学生がときどきいますでしょう?そういう学生を見て「あぁ、自分はそうならなくて良かった」と安心する一方、そういう人の方がどこか人間的な感じがしませんか?

何の差し障りなく、上手く単位を取って卒業して、どこかに就職して、順調に人生を送っていった人は、50代60代になって「自分の人生なんだったんだろう」と悩むんです。


もっと早いうちに悩んでおきたいですよね。
若いときに「自分はどういう人間になりたいのか」とか、哲学的になりますが
「何のために生まれてきたんだろう」とか人生を考える時間が大切なんですよ。

Posted by: 情報や本舗 | September 17, 2011 at 08:33 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34281/7742250

Listed below are links to weblogs that reference ≪情報や本舗≫≪カーブドッチ≫≪落希一郎≫≪新潟ワイナリー≫≪僕がワイナリーをつくった理由=単行本≫:

« ≪情報や本舗≫≪シェアリングエコノミー≫≪ジップカー=Zipcar≫≪所有⇒共有の時代へ≫ | Main | ≪情報や本舗≫≪長寿遺伝子≫≪老化メカニズムの解明に・・・!≫≪レオナルド・ガレンテ教授≫≪パート②≫ »