« August 22, 2010 - August 28, 2010 | Main | September 12, 2010 - September 18, 2010 »

≪情報や本舗≫≪再生医療≫≪幹細胞≫

220pxmouse_embryonic_stem_cells

■【再生医療】≪新たなる挑戦!脳梗塞&胎児期アルコール症候群
治療効果に関する科学的な検証は、まだまだとは言え札医大の脳神経外科の「宝金清博教授」らの脳神経細胞の再生を促す国内初の脳梗塞の治療に同大学医学部の「神経精神科」の「斉藤利和教授」が


Redoxsignalingfrontiernutrition

_news333平成22年に札幌医大から出身校の北海道大学医学部に戻られた「宝金教授」が平成24年に医師主導の臨床試験「自己骨髄間質細胞移植による脳梗塞再生治療 」に着手!

宝金清博教授は北海道大学 大学院 医学研究科の 脳神経外科学分野教授として、今回の臨床の総括研究代表者となって「新たな培養・移植・イメージング技術を駆使した自己BMSC移植による脳梗塞再生治療 」に取り組んでいるそうです

【その詳細は!】

神経細胞の元になる神経幹細胞が、うつ病やアルコール依存症・胎児期アルコール症候群などの病にも有効ではないかと?ラットを使った動物実験で、可能性が今後あるのではという研究結果を出したと!
続きを読む


■「宝金清博教授」は出身校である北海道大学の神経脳神経外科の教授として戻られています⇒ここからは【勝手な私論】再生医療「幹細胞」による脳梗塞の改善がみられた札幌医大での臨床を「宝金教授」は北大にて

Logo

そして脳神経外科の「黒田敏」講師が、脳の疾患箇所にラットの実験とは言え、細胞の表面についている、あるタンパク質をそのままの状態と、そのタンパク質を取り去った状態での実験でタンパク質を付けた細胞群が脳の疾患箇所に行きつき血管形成も始まることをメディア発表≪NHK「サイエンスZERO」で!≫(2007年12月15日放映)


Houkin

「宝金教授」と「黒田講師」のコラボでその内、驚きの発表でもあるのではないか?と期待に胸膨らませています


Logodownload_pdf 【詳細をPDFダウンロード】

上記の事を厚生労働省は今春、再生医療など革新的医療技術を国民が安心して迅速に利用できるようにするため最先端技術の安全性と有効性の評価に関する研究促進の目的で北海道大学大学院医学研究科での、『自己骨髄間質細胞移植による脳梗塞再生治療』のテーマで、平成24年6月8日に実施機関に選定したそうです

Logodhokudai 【上記の詳細】

                       【更新記載はココまで!】


Stke060509_s

人の体の重要な働きを持つすべてのタンパク質には「糖鎖」がついている事は明らかになりました!なら「黒田敏」先生の実験でのタンパク質には当然「糖鎖」の働きがあるのではないでしょうか!と素人考えの全くの推測ではありますが水面下で「何か?」が・・・・

Ca27kdu7

【(社団法人)日本脳神経外科学会の脳神経情報ページ「脳の再生医療」【4項目】にも札医での臨床!北大での実験!が記載されています⇒コチラから【記載内容詳細】


18634_logo

■2003年2月19日、アメリカ医師会(JAMA)の雑誌に注目に値する記事が掲載されました。全米人気ナンバー1のジョンズ・ホプキンス大学医学部では、初めて、ドナー幹細胞が血液脳関門を通って移植者の神経細砲になったと!

Brain2_3


神経細胞は人体の中でもっとも高度に発達した細胞【体内のすぺての脳や筋肉の機能をコントロールしている】で、これまでは脳細胞も含め神経細胞は再生できないと云うのが、通説だったわけですから、この事実は人間の脳を修復したり再生したリする可能性に関する革命的な発見なのです!

3_2


■【脳梗塞、骨髄幹細胞で治療】≪国立の施設が臨床試験!≫
NHK教育のサイエンスZEROで驚きの再生力! と題して骨髄幹細胞を自分の骨髄幹細胞を増殖培養して注射することにより脳梗塞や心筋梗塞で傷ついた組織を修復すると言う画期的な治療法が札幌市立札幌医科大学での臨床の場で応用されて結果を出された梗塞患者の追跡番組を紹介していましたが!
臨床試験とはいえ治療法として国立の施設が昨年11月に年内にも始めると朝日新聞に掲載されていたそうです

P_vol2no2big


■【スクリプス研究所】≪幹細胞による再生医療の凄いニュース!≫
さまざまな細胞に変化できるiPS細胞を、四つの遺伝子のうち、がん遺伝子を含む二つを使わず、代わりに「スクリプス研究所」が持つ数万種類の化学物質の中から、体細胞にiPS細胞のような万能性を持たせることができる物質を探し、その結果、2個の遺伝子と化学物質の組み合わせで、マウスのiPS細胞を作ることができた上に、作製に成功する割合も、4個の遺伝子を使う場合よりも高かったという・・・
続きを読む

Nhk_special_op_ig_1


■【NHKスペシャル再生医療】≪脳梗塞治療への挑戦!≫
NHKスペシャル「眠れる再生力を呼びさませ ~脳梗塞(こうそく)・心筋梗塞 ...治療への挑戦」とタイトルで放映された番組は凄い反響だったそうです≪NHKに投稿が800を超えてあり、再々放映を≫札幌医科大学医学部で1月に始まった骨髄幹細胞による再生医療のNHKによるこの臨床試験に挑んだ脳梗塞患者を8ヶ月に渡っての追跡取材!でNHKスペシャル番組サイトで【短編の動画予告が見れますよ!】残念!公開終了となっていました
続きを読む

Brainfunction

再生医療最前線【脳神経再生が現実に!】
12月15日にはNHK教育TV「サイエンスZERO]では札幌医科大学の脳神経外科研究室での「骨髄幹細胞」培養によって患者の幹細胞を増やした後、患者自身に点滴することで、 今までの治療では考えられないような回復を続けることに成功例を、そして北海道大学?学部では、脳内で脳梗塞を起こした細胞に向かって移動する骨髄幹細胞の様子を 撮影することに成功したとの報道


Timemagazinecover4150x150


■【再生医療!新旧の情報!】
再生医療のTV放映が、明日2月12日【日】18:30よりTBS系北海道放送にてあるそうです!3年前にお気に入りに入れておいた、損傷した心臓を幹細胞の移植によって劇的に回復という記事を探してきましたので情報公開します!AP通信が協力のコメントですから「ガセネタ記事」では有りません!といっても韓国の黄教授の例もありますが?また身近な札幌医科大学の再生医療は以前NHKで最前線ということで紹介もされていますし!(NHK教育「サイエンスZERO」で放映)このブログの冒頭にある糖質栄養素この分野にても再生医療に関わることが・・・・・・?有るのですよ!
続きを読む

Aaigtrmages


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪日本テレビの24時間TV≫≪糖鎖≫≪糖鎖の栄養素≫≪中京テレビ≫≪ダウン症「太光君」の夏物語≫

Photo■【中京テレビ】ほほえみ 輝いて~太光くんの夏物語(8月28日(日)午前8:39~9:39)

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Header_3


もっと続きを読む糖鎖情報や本舗←こちらをクリック!

Btn_play_movie新作上映中!「糖鎖の働きをアニメで!」
今すぐ観る!ここをクリック!【4分44秒】                                    

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

ダウン症」 の出生率1000分の1と言われ、日本では毎年約1500人のダウン症の子供が生まれています。ダウン症の子供たちは成長に少し時間がかかるものの、明るく優しい子が多く、成長の過程は健常者の子供たちと同じです。ゆっくり、しかし確実に成長していく子供の姿を通して “生きる” 事の喜び、きらめきをお伝えします。


Default

2010年!猛暑が続く中、24時間テレビ「愛は地球を救う」の中、中京テレビで特番”ダウン症の太光の”≪ほほえみ 輝いて~太光くんの夏物語≫のテーマで放映中だ!2005年に太光君の元気に活動する姿を全国放送で中継してから、太光君も成長して、いまや中学生!いや高校生かな?・・・お母さんがYou-Tubeで(今は公開されていません)熱く彼の成長秘話を語っていたのを思い出されます  


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

767日本テレビの24時間TVに「糖鎖」「栄養素」に関わるお話しが】←【クリック!】 2005年8月14日の最初の記載


Photoここからの記載はAugust 30, 2008年

熱闘甲子園も終わり、今年は北京オリンピックも先週アテネ発火の「「聖火!」の日も消え、いつもながらお盆の極楽も地獄の蓋もしまるこのころになると、日本テレビの「24時間テレビ!」の放映が・・・

「日本テレビの24時間TVに「糖鎖」「栄養素」に関わるお話しが!で、「ダウン症」のお子さんに「栄養素」を奨めたことが発端で≪無論、放映の中では「糖質栄養のことには触れてはいませんが、!≫ダウン症のお子さん「太光」君が成長過程で大きな変化と効能効果があったこと≪番組内で「太光」君が学校の行き返りに、いつも首にかけていた水筒の”お母さんの水”と本人が言う、その水の中に「糖鎖の栄養素」が入っていたのですね!≫=文末にこのお話の詳細を・・・

Photo_2 ←中学生の「太光君」=写真は哲さんのブログより

中京TVが2005年2月に放映したことで反響が大きく、その年の日本テレビの24時間TV「愛は地球を救う!」で中京テレビが一年間「太光」君を密着取材して放映してから3年も経つと当時小学4年生の彼も中学生ですか!
【2月の番組は:24時間テレビ・ドキュメンタリー「ほほえみ輝いて ~太光くんの夏物語~」ディレクター:上田 嘉彦】

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

2010


今年2010年「24時間テレビ=愛は地球を救う」が、始まりました!中京テレビでは、2005年の2月の特番テーマと同じく「太光君の夏物語」まさに今年の猛暑”夏ものがたり”だ
ことしも、各地方局の特集ゆえ、名古屋近郊だけの放映でしょう≪放送日時: 8月28日(日)≫

Akb48_bigger

【全国放送】あの≪AKB48≫が、ダウン症の子どもたちが明るく元気に踊るダンスグループ“ラブジャンクス”とのコラボ企画に参加した!≪AKB48≫リーダーの大島さんのコメントは⇒【コチラ

728x90_rotavirus_children


   =【太光くんとその家族のひと夏の子育て奮闘記】=

太陽の光のように周りを明るく照らす人になって欲しいという意味を込めてつけられた「太光」くん。名前の通りとても明るく成長して、家庭、学校でも明るく元気一杯。家族はお母さん、仏師をされているお父さん、お弟子さん2人と太光くんの5人家族。家族みんな、太光くんにいけないことはいけないと注意します。でも、太光くんの成長を願う気持ちであふれています。

Photo_14


もちろん、しちだの取り組みも行ないました。太光くんはのんびりやなので、2歳の頃、まだ歩けなかったのです。
でも、1年間1日に500回から800回ぐらい音楽をかけながら毎日ジャンプ(※3)させました。その効果が徐々に現れ始め、3歳の頃には人並みに歩けるようになりました。 その後、教室に通ったり、家庭での取り組みを行い、小学校の普通学級で学んでいます。ある日、ご両親は、太光くんがまた一歩成長するために、思い切って学校から一人で帰ることにチャレンジさせることに。

Photo_12


途中までは順調に同級生と一緒に帰っていましたが、一人ぼっちになって少しすると座り込んでしまう太光くん。水筒のお水を飲んで頑張って歩こうとしますが、すでに空っぽ。からだも疲れて、とても困っている様子。でも、お父さん、お母さんとの約束を守るために、また家路に向かって歩き出しました。お父さんとお母さんは首を長くして、太光くんの帰りを待ちわびていました。途中何度もくじけそうになりますが、1時間30分くらいかかって、ようやく到着。


Photo_3


≪補足:この水筒の中身が小学生3年生のときから飲んでいる、太光君いわく「母さんの水」「いのちの水」≫

お父さん、お母さんは太光くんの成長に喜びを隠し切れませんでした。きっと太光くんは、その家族の喜ぶ顔を見るために頑張ったのでしょう。家族の愛に包まれて、とても満足そうでした      =文責 まこと会スタッフ

Photo_3

■冒頭の太光くんのお母さんが語る!(沢山のある栄養製品が食卓に 並んでいました)You-Tube動画ダウンロードしてあります⇒ご希望の方にお送りしますので下記より

【お問い合わせ】

Side_ttl_3お問い合わせ・資料請求】⇒ 【コチラ】



| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 22, 2010 - August 28, 2010 | Main | September 12, 2010 - September 18, 2010 »