« November 14, 2010 - November 20, 2010 | Main | December 5, 2010 - December 11, 2010 »

≪情報や本舗≫≪長寿遺伝子≫≪老化メカニズムの解明に・・・!≫≪レオナルド・ガレンテ教授≫≪パート②≫

Photo最新ニュース】⇒【7月13日 AFP】カロリー摂取の制限により活性化される長寿遺伝子「SIRT1」が、記憶力強化や脳活動の活性化にも重要な役割を果たしている可能性が高いとの報告書が、英科学誌ネイチャー(Nature)に掲載された【7月11日】

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

0605_01


2010年1月23日NHK教育「サイエンスZERO」で長寿遺伝子特集!長寿遺伝子とその遺伝子から作られるたんぱく質「サーチュインが活性化して起きる長寿実現のメカニズムと、どのようにするとサーチュインを活性化⇒ブドウの皮からエッセンスと言えば「ポリフェノール」ですが、そのすることができるのか⇒その活性する物として赤ワインを紹介中に”レスベラトロール”という成分が!どうもその役目をするらしい

Photo_5■【レスベラトロールを動画で!】

                                               Photo_6イタドリとは?の動画はコチラから!】


■ところが、特に日本では、あちこちの野山などに育成している繁殖力の強い「イタドリ⇒痛取がこのレスベラトロールを多く含んでいるらしいことが分かってきた!この名前⇒痛みを取り去ることかららしい」そして”虎杖”とも書くらしい、北海道の白老の近くに「虎杖浜」と言う所があるが、この町の至るところから温泉が沸いて出てるのだが、”イタドリ=虎杖”も至るところに咲いていることから名がついたらしい!

Photo_4■「イタドリ」!の書き込み!⇒【コチラ!】


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Photo_4

サイエンスZERO」で分かった事は⇒サーチュインを効率よく活性化させる物質を探す試みが行われている。まず注目されたのは、赤ワインにも含まれるレスベラトロール。東京大学大学院の「竹内整一」教授は大学の研究で、この物質はサーチュインを活性化させ、血管内皮細胞の動脈硬化を防ぐ機能を高めることがわかってきたと・・・云われました
101114_0902_0001

そして札幌医科大学薬理学の「堀尾 嘉幸」教授は、さらに既存の他の薬剤にも同様の効果があることがわかってきて、ポリフェノールの代表”赤ワイン”や、いたるところに生息している”イタドリ”これらには、レスベラトローが含まれています!キャスターの「安めぐみ」がどのぐらい飲むと良いのでしょうか?との問いに「堀尾 嘉幸」教授は、「そうですね!一日におよそ100本も飲まないと効果がないほど微量ですよ」と答えていました

Photo_5

哺乳類では、「サーチュイン」が様々な臓器で寿命を延ばす効果を示すことがわかってきた。札幌医科大学が注目したのは、心臓の筋肉、心筋。ハムスターでの実験で、サーチュインを活性化させることで、心筋の老化を抑えられることが初めて示された。サーチュインが活性化すると、心筋を老化させる活性酸素を除去する酵素が増えるという。

Download_pdf【 SIRT1が細胞にたくさんあると酵母や線虫さらにショウジョウバエで】⇒堀尾嘉幸(薬理学講座)


Photo_6■【1935年に書かれたマウスの寿命と栄養に関する論文

Photo_7

好き放題食べさせるよりも、カロリーを制限した方が寿命が延びる。このことは、ヒトに近いアカゲザルの研究でも、最近示されたが、このカロリー制限による長寿に、サーチュインは大きく関わっていることがわかってきた。

Photo■同じ年数を経た「アカゲザル」が何故かこんなにも違ってしまうことがあって好いのか!

サイエンスゼロのアカゲザルの動画

サーチュイン研究の第一人者、ワシントン大学の「今井眞一郎」博士は、エサの量が足りない時期を生き延び、子孫を確実に残すための戦略ではないかと考えていると言われていました!


≪裏を返せば、飢餓状態になると子孫繁栄に繋がると云うことになるのかな?≫

Photo_6カロリー制限あり・制限なしの「アカゲザル」の生存率【動画サイト



| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 14, 2010 - November 20, 2010 | Main | December 5, 2010 - December 11, 2010 »