« January 17, 2010 - January 23, 2010 | Main | February 7, 2010 - February 13, 2010 »

≪情報や本舗≫≪中村天風翁≫【ソリロキズム】≪アウグスティヌス≫【ソリロキア】現代版 ”Twitter”⇒”ツイッター”

Ab011Photo_3Ab011_2

哲人”と東郷平八郎元帥に言わしめた、中村天風ご自身書が著述した本は「真人生の探求」ほか3冊しかないのです!≪講演口述も入れると7冊かな≫

Photo

講演・ライブこそが魂を揺り動かすと”天風”先生が信じていたからでしょうか?その意を受けて、講演内容を本という媒体に置き換えて出版をしたのが日本経営合理化協会!

Money1

「成功の実現」という素晴らしいネーミングもあってか一冊が「一万円」の本が売れていく理由ここにありですかね?この書!読んでいく内に、”天風”の講演会場に今まさにいるという臨場感に見事に落居ってしまいますよ・・・・・・・

Photo_2

あるニューソート派の友人のコメントでも、プラス発想のアメリカ型ニューソート理論とはかけ離れているものと!独自の「天風哲学」とも「天風教義」ともいえる30代後半から92歳で天寿全うするまで話し続け、語り続けた講演内容・・・その冒頭部分をJMCAが豪気にもネット公開していました!

【天風先生が1919年(大正8年)一切の執着心(社会的身分・財産を処分)を捨てて、街頭(午前中は上野公園の精養軒の前、そして午後からは芝公園)にての辻説法を始めた・・・・・・・「つぶやき」と言えば「つぶやき」だなぁーといったか!どうかは???】

Tweeter

昨年の11月頃には世界中で5千万人の登録【アカウント取得者】が年明けの成人式前後に一億人の登録というTwitter⇒ツイッター!日本では「つぶやき」と訳してドンドンと広がっているのだが、中村天風翁の積極精神作成の実際方法として三つの方法⇒【観念要素の更改】【積極観念の養成】【神経反射の調節】と、もう1つ必要な方法があると「心に成功の炎を」に記載されているのが「”つぶやき”の自己暗示法」だ!

■「つぶやきの自己暗示法■

Aphoto

≪低級な欲望や劣等感情情念がヒョイと心に中に発動してきたなと思ったらね、【ソリロキズム】というのをやってもらいたい。日本語に訳すと「つぶやきの自己暗示法」と言いましょうか≫・・・⇒さするに【ソリロキズム】=【つぶやき】ということか?

Photo_2

【ソリロキズム】をグーグル検索してみたが、天風師に関わることしかヒットしない⇒すなわち天風翁の造語ではないかと?と情報や本舗は解釈しました!そこでさらに検索中に「ソリロキア」!という言葉が出てきた、調べるに紀元354年ー430年の守護聖人「アウグスティヌス」の最初の著書といわれる「≪ソリロキア≫」でこの意味が”私との対話”(昭和17年の古書ー翻訳版)”自分が自分へ話しかけ”ということは”つぶやき”じゃないですか!

Photo

「アウグスティヌス」にとっての真の転換は≪ソリロキア≫による瞑想の発見!ソリロキアは「一人で語りあう」という意味の「アウグスティヌス」にとってはどうしても必要だった想像力による対話方法である・・・と「告白論」?で論じている

Tempu3鳥の「さえずり⇒tweet」を聴く天風翁!

Aaaaa_2天風翁は本の中で「何も口にブツブツ出さなくてもいいんですよ。観念でひとりごとを言えばいいんです。「こんなことに腹が立つか。こんなこと悲しくない。自分はそれ以上すぐれた心の持ち主だ」というふうに、自分自身が一人でつぶやくのを、ソリロキズムと言うんです。これがまたばかに効き目があるんですよ」


Photo_3

古書「ソリロキア」は3世紀後半、そして「心に成功の炎を」が20世紀後半⇒いま、タイムスリップすればお二人ともツイッターをしているのでしょうかね

Twitter

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪植物栄養ハイチュウ≫≪抗酸化≫≪ORAC法≫≪糖鎖の栄養素≫

Ages
   知っておきたい栄養素!糖鎖情報や本舗


Logooracfront

【ORAC】=オラクという言葉!お聴きになったことは?・・・【ORAC(オラク)】とは≪Oxygen Radical Absorbance Capacity≫の頭文字からとった、1992年に米国の国立老化研究所が抗酸化力の新しい指標として米国農務省(USDA)にて開発されたらしい!

Agesyaai

日本語に訳すと「活性酸素吸収能力」と呼ばれ消費者にその食品【果物、野菜、ハーブの果実、ジュース、粉末ブレンド】の抗酸化物質(カテキン、フラボノイド、ビタミンEなど)がどれだけ活性酸素を吸収する【抗酸化能力】があるかを具体的数値で示す分析方法です。

Pb_image2806

最近では、食品やサプリメントの抗酸化能力を科学的に分析する基準として用いられ、アメリカにおいては【ORAC値】を表記した食品が多くあり、消費者にその食品がどの くらいの抗酸化力があるかを具体的な数値で表しています。


Photo【WEBで拡大してみる】⇒【画像をクリック!


■左から順に≪植物栄養ハイチュウ≫≪<モナビー・ジュース≫≪タヒチアン・ノニ・ジュース≫≪ザンゴ・ジュース≫≪ズルリ・ジュース≫⇒上から【ビタミン群】≪ビタミンA!C!D!E!≫≪ビタミンB群≫&【ミネラル群】≪クロム≫≪銅≫≪鉄≫(マグネシウム≫≪セレニウム≫≪亜鉛≫≪モリブデン≫

Photo


この植物栄養素ハイチュウとの違いをどう説明したらいいのでしょうか?ほとんどのジュース類にはビタミン・ミネラルが?一目瞭然では・・・・

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Logooracfront

【ORAC】は食品などに含まれる抗酸化物質(カテキン、フラボノイド、カロチノイド、アントシアニン、ビタミンC、ビタミンEなど)の能力を分析する方法で、各製品サンプルに化学薬品を加え、液体の酸化力、吸収力を検査します。吸収力が高いほどORAC値が高くなり、抗酸化能力も高くなります。

Orac_comparables_2【WEBで拡大してみる】⇒【画像をクリック!


■血清中のORACのパーセンテージ(%)を比較対象【血中のORAC法に於ける,食物の影響、若しくは栄養補助食品の影響】

右の数値(グラフ表示)の大きいほうから順に≪植物由来の抗酸化剤≫≪ほうれん草≫≪ビタミンC≫≪ワイルド・ブルーベリー・パウダー≫≪イチゴ≫≪コンコード・グレープ・ジュース(マサチュウセッツ州コンコード産)≫≪>そばハチミツ≫≪モナビジュース≫≪高カロチノイドの食事≫≪他社の抗酸化サプリメント剤≫

Mi


植物由来のの抗酸化栄養
自然界の優れた抗酸化物質を含む植物をブレンドすることによって相互作用により優れた抗酸化力が得られることが分かっています!⇒緑茶(カテキン)フラボノイドを豊富に含むブドウ皮(アントシアニン)、ケルセチン、トコフェロール(ビタミンE)そしてアスコルビン酸(ビタミンC)の柑橘類(特にワイルドプラム)は、強力な抗酸化力を発揮すると云われています)

20080905095152


補足】:ワイルドプラムという果実は、オーストラリア先住民アボリジニが古くから食用していたベリーの一種で、地上のあらゆる野菜、果物のなかで最も高いビタミンCと言われています≪アセロラの1.5倍≫】

Photo_6


ここ数年ウェッブ検索でも”ミラクル”な製品というものが多くでてきます!「ミラクル」・「奇跡」などと謳う製品にはあまり栄養素や抗酸化栄養素が入っていないという事実を、多くの人はご存じないのでしょう

Button_download_pdf≪植物栄養ハイチュウ≫コチラ⇒【PDF


【抗酸化で言えば自販機・コンビニ・スーパーで手軽に摂れる「優れモノ!」がありますよ】
Orac_values_of_super_juice_products【WEBで拡大してみる】⇒【画像をクリック!


■左から抗酸化力の強い順に≪【市販】のウェルチ100%グレープジュース≫≪モナビー社のアサイベリー・ジュース≫≪ファーマネックス社(NS)g3ガック・ジュース≫≪ザンゴ社のザンゴ・ジュース≫≪フリーライフ社のゴッチ・ジュース【中国の木の実】≫≪アラスカの木の実キャニ・サンライズ≫≪ジュース+と果樹園ブレンド≫≪エックスフユーズのセブン・ジュース≫≪タヒチアン・ノニ≪モリンダ社≫のノニ・ジュース≫≪ジュース+と家庭菜園ブレンド≫

Pro_01_2

Agesburogu■この表で分かることは、世にスーパーージュースといわれるジュース類より「ウェルチの100%グレープジュース]を飲むことのほうが”抗酸化のためにはズーット良いと思われるチャート!


Photo_5

またこの業界には体裁だけの混合といって、1つの製品によく知られた成分をとにかく、いくつも入れて”健康に効く”と言われるもの全てを配合と!しかし、その物には必要であるにも関わらず全く欠落しているか!不足してしまっている!

| | Comments (26) | TrackBack (0)

« January 17, 2010 - January 23, 2010 | Main | February 7, 2010 - February 13, 2010 »