« ≪情報や本舗≫≪糖質栄養素≫【有用性のまとめ】 ≪糖尿病と代謝異常≫ | Main | ≪情報や本舗≫≪糖質栄養素≫【有用性のまとめ】 ≪ストレス≫ »

≪情報や本舗≫≪オメガ3脂肪酸≫≪DHA≫≪EPA)≫≪脳の発達傷害≫≪妊婦の食べ物≫

Logo_news3332013年「母乳に関する」最新情報⇒≪母乳で子供を育てるのが最適≫【裏付ける調査】

Banerch04
         =【本文全篇の訳文を読む】

Button_switch_now≪近年の多くの発見の一つがDHA(ドコサヘキサエン酸)EPA(エイコサペンタエン酸)として知られるオメガ3脂肪酸が胎児や早期の幼児の頃の脳の発達に最適であり必要な栄養だとわかったことです≫

A00008

実際に、女性がDHA&EPAの栄養素が不足した状態であるなら、出生時に脳の発達に傷害のある子供と強く関係し、明らかに生まれつき学習障害の存在する傾向にある。

Brainfunction

問題の根本に、胎児とお母さんの関係が要因としてあり、お母さんの体にDHAの必要性があるということです。出生後、乳児にも母乳からDHA&EPAを母乳より摂り続け、最初の3カ月の間は摂取することで最適な脳の発達が続きます。

Default


生化学の見地からは、成長しつつある胎児は、特にいくらかのDHAを不飽和脂肪酸である亜麻仁油に豊富に含まれているα-リノレン酸(ALA)、青魚やフィッシュオイルに豊富に含まれているエイコサペンタエン酸(EPA)から作ることができます。しかしながら、胎児の体や乳児の体(少なくとも出生後最初の3カ月)は

十分な量のDHAを合成できないため最適な脳の発達のために満たしておく必要があります。このように、ぜひとも女性にとっては妊娠する前からDHAを摂取し、妊娠中や出生後3カ月の間(母乳で与えることをお勧めするが)は子供たちの脳が理想的な発達と機能を得るために与えてください。

Photoオメガ3系の脂肪酸ををサプリで摂るなら、もちろん良質なDHA&EPAが豊富に含まれているものが理想です

【オメガ脂肪酸が、特にDHA&EPAは高血圧や認知症そしてアルツハイマーなどに、とても効果があることがわかってきたのです・・・・書き込み予定!

Brain


残念ながら、多くの女性は十分な量のDHAを摂っておらず、また、この最適な期間を経過してしまっては、これによる影響を代償することはできません。妊娠中や出生してから最初の3カ月の間に子供は脳の発達に影響を与えるほどDHAを摂っていません。

Photo_5

ほとんどの女性はDHAと脳の発達の間の関係に気づいていません。しかしながら、プライマリーヘルスケア専門家は出産年齢の女性の患者に毎日魚を食べる(1週間に2人前)はもちろんのこと、必須脂肪酸サプリメントを毎日摂る(私はすべてを含んでいるフラックスシード(亜麻仁)、魚とルリジサの種の油を好んでいます)重要性を警告するべきです。

Button_switch_now_2脳の発達とDHAについて何の研究で紹介されているのか

上記述べたように、多くの魚にDHAであるオメガ3脂肪酸が含まれており、同様にサプリメントならばフィッシュオイルに含まれています。体ではα―リノレン酸とエイコサペンタエン酸からDAHは合成することができます。様々な研究では高濃度のDHAを胎児や幼児が摂取することで高いIQスコアを生涯得ることができるといっています(だいたい平均して6ポイント高くなります)。

加えて、様々な研究で最初に生まれた子供が全体的にそれ以降の子供より高いIQを持っているとしています。これは女性が生涯かけて組織に蓄積したDHAを最初に生まれた子供は得ることができることに要因があり、それに加えて出生後に母乳からDHAを得ることができることも要因です。

Photo_6

とてもしっかりとしたオメガ3脂肪を食事やサプリメントでの摂取プログラムをきちんと実践しない場合、第2子以降の子供たちは第1子のようにDHAを集中して摂取することはできず、第1子のように高いIQと明白な学習障害を減らす傾向にはいたりません。

Photo_3

最もDHAが日常的に必要性を生じる時は、胎児の頃では"妊娠第三期"と幼児期では、少なくとも生後3カ月の間です。この間では脳神経シナプスが最も早く形成される時期であり、胎児の酵素を合成するために容量を上回るDHAを要求する頃にあたります。したがって、胎児の発達期間には胎盤からDHAが供給されています。

Df300f0d

分娩後、幼児は母乳からすぐに得られる十分な量のDHAを当てにして、効率よく脳組織と機能を発達させます。実際には、妊娠第三期では脳の大きさが3倍に大きくなり、この急激な脳の成長期には目に見えてDHAが大量に必要になります。(注目すべきは、DHAはまた視覚にも必要になります。)

Button_switch_now_3≪出産年齢の女性は何をすべきですか?≫


最もよいアドバイスは大人の女性は1週間に2回は魚を消費するべきです。これを実行することはお母さんの脳と体全体に豊富にDHAがあることで、将来生まれてくる子供の脳の発達の補助となります。

631c3f

最近のいくつかの研究によると、EPAや魚に含まれるオメガ3脂肪の二つの必須脂肪は老年期の脳においてアルツハイマー病やその他の痴呆病変の危険性を減らすことに関係するとされています。もちろん、オメガ3脂肪はまた心臓疾患や癌の危険性も減らす効果があります。

Baby_2

1週間で2人前以上の魚を食べることは賢明とはいえません。それは、魚の消費量と水銀毒素やその他の汚染に関連したものの危険性があるからです。しかし、それでもオメガ3脂肪をさらに摂取し続けることが望ましいです。

したがって、私は大人の女性(男性にも)日常サプリメントにフィッシュオイル、亜麻仁油やルリジサ種油を併せて摂ることを推奨します。これらのサプリメントカプセルには400mg程度含まれています。私は包括的な健康維持と病気予防のために1日3粒摂ることを提唱します。

Photo_2

出産適齢期の女性にとっては必須脂肪のサプリメントを摂ることは最も重要なことです。EPA,DHAやALAをサプリメントとして加えることで妊娠前の女性にとって体の組織にDHAを浸透させるとても効率のよい方法であり、妊娠中のDHAを組織に補充する方法でもある。

それは彼女らの子供たちにとって最適な脳の発達のためにDHAを利用することになります。今、多くのケースで医者が母乳で育てている期間に必須脂肪サプリメントを摂る教育を行っています。最近まで、多くの医者は妊婦へビタミンとミネラルサプリメントだけを推奨していました。

Photo_4

最適にデザインされた必須脂肪サプリメントを使うことは水銀や汚染物質を含まないことが重要なポイントですが、精製された油のサプリメントには重金属や毒素による健康被害を生じない利点があります。

しかしながら、タラの肝油もしくはその他の肝油サプリメントを使うことは賢明ではなく、これらの肝臓には汚染物質やコレステロール、ビタミンAやDが毒素と共に集中して高いレベル保持されている状態で、これを使うことは胎児の体内でも同様のことが起こります。

大量にビタミンAを女性が摂取するとその子供たちは先天奇形を持って生まれやすいことが知られています。このように、私はタラの肝油やそれに似たものよりも、亜麻仁油やフィッシュオイル、ルリジサ種油などを含んでいるサプリメントを推奨しています。


|

« ≪情報や本舗≫≪糖質栄養素≫【有用性のまとめ】 ≪糖尿病と代謝異常≫ | Main | ≪情報や本舗≫≪糖質栄養素≫【有用性のまとめ】 ≪ストレス≫ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ≪情報や本舗≫≪オメガ3脂肪酸≫≪DHA≫≪EPA)≫≪脳の発達傷害≫≪妊婦の食べ物≫:

« ≪情報や本舗≫≪糖質栄養素≫【有用性のまとめ】 ≪糖尿病と代謝異常≫ | Main | ≪情報や本舗≫≪糖質栄養素≫【有用性のまとめ】 ≪ストレス≫ »