« ≪情報や本舗≫≪花粉症≫≪糖鎖≫≪自己免疫疾患≫≪糖鎖の栄養素≫≪免疫システム≫ | Main | ≪情報や本舗≫≪ルナファイターズ≫【女性だけのファンクラブ】≪日本ハム球団広報≫≪江別ファイターズクラブ≫ »

≪情報や本舗≫≪マクガバン・レポート≫≪OTA・レポート≫≪がん≫

Photo


今から約40年前(1971年)、ニクソン米国大統領はアメリカ建国200年を迎える1977年までに、国家的プロジェクトとして西洋医学を中心とする政府機関⇒国立ガンセンターなどに巨額の研究費を投じて、ガンを撲滅するという計画をスタートさせたのです!ところが、ガンは年々右肩上がりに増え続け、結局撲滅とまでは行かなかったのです

■【マクガバンレポート】■

フォード大統領になっての1975年にジョージ・S・マクガバンを委員長とした調査委員会(国民栄養問題アメリカ上院特別委員会)が設置されました!


Photo_2


その理由は、「ガン・心臓病をはじめ多くの病気が増えている【特に働き盛りという50代の人に多く】、そしてアメリカの最新の医学を活用し、しかも巨額の医療費が注ぎ込まれているのに、なぜアメリカ国民の病気は増えるばかりで少しも減ることは無いのか!この原因を解明し根本的な対策を立てないことにはアメリカは病気で滅んでしまう」のでは!と危機感をつのらせました

Photo_8


1977年になって調査結果が報告発表され、 それは、2年間に渡って3.000人専門家の審議調査の結論として5.000ページの膨大なレポートに重要な結論が幾つか出されたと言うことです

コレが世にいうマクガバン・レポートでしょう≫

Logo_news3332013年の補足です⇒5.000ページと言うのは、我田引水的な流布のようでした。原文として10ページほどのPDFはここでも紹介済みですが

米国議会図書館の蔵書データベースで検索した御仁が居てその発表によると一版【原文なし】が本文79ページ!第2版が加筆修正が41ページ、本文83ページ!らしい

Patentlens_2


【レファレンス事例詳細】


そして公聴会等の研究者の「補足見解」として、まとめたものでさえ869ページと5.000ページには遠く及ばない?・・・ここら辺りはグーグル検索で「マクガバンレポート 原文」入力で・・・・・・

Photo_9


中でも特に重要な結論は「ガン、心臓病、脳卒中など生活習慣病は、現代の間違った食生活、食事の欧米化 が原因になって起こる、”食源病”である。この間違った食生活を改めることでこれらの病気を予防する以外に先進国民が健康になる方法はない

こうしたレポートが国民に強く知らされなかったのか?マクガバンの調査委員会が結論付けた「食源病」予防するどころか医療費の増大は国家財政の危機的状況⇒1977年には1.180ドル=約25兆円と膨らんでいたのです【1ドル=220円換算】

Aphoto_2

■□■ ある医師からレポートを原文で読みたいのでと、言われまして確かに日本の書物などからの情報検索ゆえ出処は不明でした!そこで・・・

Patentorf_2


■このレポートを英語圏での検索では5,000ページのものは見つけることは出来ませんでした!たった一つ縮小版?のようなレポートが1977年2月政府出版元でヒット!⇒
【DIETARY GOALS FOR THE UNITED STATES】・・・2ページ目にマクガバン委員長(チェアマン)と!前書きの記載があります

                                               Book

■【OTAレポート】■
マクガバンレポートの11年後の1988年にアメリカの上下両院議員40名が、連名でOTA(アメリカ議会技術評価局)に正しく効果的なガン療法とはどんな療法であるべきか?20年も前に警告されていたガンの通常療法に代わる、ガンの代替医療法≒非通常の療法のことを調査するための専門プロジェクトを発足させました

Photo_4


2年後の1990年9月に、通常療法(手術、抗ガン剤、放射線療=三大療法)の限界を認め、非通常の療法(一言でいえば、食事、栄養、免疫、自然な薬物、それに心理、精神療法などで人体の持つ自然な抗ガン抵抗力を強化し、その抵抗力で、ガンを克服しようとする療法)をもっと評価する必要があると報告書(OTAレポート)を、すなわち食事療法やサプリメントを使った栄養療法の有効性が作成され米議会に提出されました

≪ マクガバンレポートでは言及されなかったサプリメントによる栄養療法が取り上げられたのは初めてではないでしょうか!≫

OTAレポートの中で議員たちは


Photo_5


■通常の療法では治らない末期ガンの患者が非通常の療法で多く治っているケースがある米議会はこれらの療法を調査して、国民に知らしめる義務がある

■それまで対処療法に偏りすぎてきた米国立がん研究所(NCI)やがん学会などを名指しで批判して、多くの非通常の療法による臨床例を数多く報告したのです

Photo_6


1992年、NIH(米国国立衛生研究所)のなかに代替医療局(OAM)を設立しました西洋医学には認知されていない代替医療の有効性を評価し、促進しようとしているわけです

■【NIH】■
≪米国国立衛生研究所(NIH)といえば、医学研究の最大級のメッカです それも西洋医学の研究機関であることは言うまでもありません!年間予算額も、なんと3兆円を超えています・・・

■詳細は⇒【NIH=米国国立衛生研究所 】≫

20081009hjba9001_09


代替医療局(OAM)の年間予算は、いまや1,100万ドル(=13億2千万円)で発足してから五年間で5倍・6倍(6.600万ドル=79億2千万円)に増えています 食品医薬品局(FDA)とも連携してハーブ・キノコ・アロエベラなど健康に良いもの、免疫力を高めてくれる食品などの研究も進めているのです【1ドル=120円で換算】

Photo_7

アメリカをはじめ、イギリス、ドイツなどの西欧諸国は、代替医療を積極的に医療保険で認めようという方向にあリ、ここにきて右肩上がりだった、がんの折れ線グラフも右肩が下がり始めている、一方逆にがんがドンドン右の上方に伸びているのが日本の状況で、それと言うのも、厚生労働省は漢方薬は保険で認めたものの、食事療法やサプリメントといった代替医療には、ほど遠いようです

|

« ≪情報や本舗≫≪花粉症≫≪糖鎖≫≪自己免疫疾患≫≪糖鎖の栄養素≫≪免疫システム≫ | Main | ≪情報や本舗≫≪ルナファイターズ≫【女性だけのファンクラブ】≪日本ハム球団広報≫≪江別ファイターズクラブ≫ »

【マクガバン・レポート】」カテゴリの記事

Comments

Great information. Lucky me I discovered your website by accident (stumbleupon). I have saved it for later!

Posted by: lauras world of warcraft guide | April 07, 2013 at 06:42 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34281/50680743

Listed below are links to weblogs that reference ≪情報や本舗≫≪マクガバン・レポート≫≪OTA・レポート≫≪がん≫:

« ≪情報や本舗≫≪花粉症≫≪糖鎖≫≪自己免疫疾患≫≪糖鎖の栄養素≫≪免疫システム≫ | Main | ≪情報や本舗≫≪ルナファイターズ≫【女性だけのファンクラブ】≪日本ハム球団広報≫≪江別ファイターズクラブ≫ »