« ≪糖質栄養素≫【有用性のまとめ】 ≪免疫系の調節≫≪情報や本舗≫ | Main | ≪情報や本舗≫≪マクガバン・レポート≫≪OTA・レポート≫≪がん≫ »

≪情報や本舗≫≪花粉症≫≪糖鎖≫≪自己免疫疾患≫≪糖鎖の栄養素≫≪免疫システム≫

02baner

花粉症は、自己免疫疾患の一つで、花粉に過剰に反応して起こるアレルギー(独 Allergie)症状のことです。

Asea≪知って!ガッテン≫ASEAの公開資料

もともと人は免疫システム(自己治癒力)を持っています、そこで特定の抗原(ここでは花粉ですね)に対して過剰に反応することを自己免疫疾患(花粉症)といいます⇒

Photo■スギ花粉■


外からの異物(抗原)を排除するために働く、生体にとって不可欠な生理機能ですね、アレルギー(花粉症を含む)が起こる原因はまだ解明されていなかったのですが?

Pollen_allergy


最近になって、異物(抗原)提示また異物(抗原)の排除といった情報を細胞に伝える「情報伝達分子(レドックスシグナリングモレキュル)そしてその情報を受ける細胞のアンテナ=「糖鎖」がその免疫システムや、アレルギーが起こる時に、とても重要な役割を果たしていることが分かってきたのです

【情報伝達分子(レドックスシグナリングモレキュル)の追加書き込みは2011年のことなんですが、この新情報の詳細は右のカテゴリーASEA~・・・特に≪ASEA≫≪科学館の新カテゴリー≫≪ レドックスシグナル伝達の利点≫


Orks1
Agesmitokonn上記の図にここにきて、ミトコンドリアには大きく二つの働きがあることが分ってきたことで・・・・

一つには【ROS】(赤丸)とある免疫システムのコミュニケーションによってウィルスやバクテリア(細菌)を攻撃!また一方の【RS】(ひし形)抗酸化の活性化によってのフリーラジカル(活性酸素等)への攻撃!この二つの働きのあることが解明された

≪免疫とは、人の体にもともと備わっている「病気と闘うしくみ」のことをいいます!厚生労働省の花粉症特集にもこのしくみのことが・・・!≫花粉症の正体は、花粉に対して人間の体が起こすアレルギー反応です。


Aaaages

体の免疫反応が、花粉に過剰に反応して花粉症の症状がでるのです。花粉が鼻や目にはいると、体が花粉を外に出そうとするために、「くしゃみ」で吹き飛ばしたり、「鼻水」「涙」で花粉を洗い流そうとしているのです。


Photo


細胞のアンテナ=糖鎖に異常があると、花粉を異物だと過剰に認識して、花粉をばい菌やバクテリア・ウィルスと同じように認識していまい、「花粉=異物」と免疫システムが情報を「糖鎖」によって免疫細胞に伝えます(細胞間コミュニケーション) 

【↑画面をクリックで拡大!】 過剰に反応した情報でもって免疫細胞は、異物と判断した花粉に総攻撃を始めるのです!


Photo_2


自己治癒慮力が働くことで、鼻水・くしゃみ・目のかゆみ、時には微熱などの症状が引き起こされる分けですね。そこで「糖鎖」が正常であれば、外部から侵入してきた抗原が、病原菌やバクテリア・ウィルスなのか?そうでないのか?の免疫システムが正常に働き、異物は異物であっても、花粉を「花粉」と認識することで、過剰な反応をせずに正しい情報を伝えることができ、花粉症は避けられるのです

0656


よく聞かれるのは「昔は花粉症なんてなかったはずだけど!」とお年寄りの方々がおしゃいます。つい十数年前までは、自己免疫疾患は30を数える程だったのに、最近では80を超えているそうです!例えば、関節炎・繊維筋痛症・多発性硬化症・ルーパス・糖尿病(IDDM)・喘患など、これら1つ1つの病気に冒されている人が5.000万人もいるのです!こうしたことは、食文化の多様化による食生活の変化や社会に於けるストレス・環境汚染などの原因によるものと・・・

≪この原因は活性酸素ではないかと≫

自己免疫疾患にならない為には、「糖鎖」の働きが重要なのですが、上記の原因などから正常に働かない環境を作ってしまっているようです

≪この原因は食べ物ではないかと≫

Image001_th

「汝の食物を汝の医薬とせよ、汝の医薬は食物とせよ」有名な、ヒポクラテス(医学の父・疫学の祖とも云われています)の言葉です!人間の体は食物によって作られており、60兆個の細胞で成り立っています。その一つ一つの細胞に「糖鎖」がついているのですね「糖鎖」が正常であれば花粉症をはじめとする多くの自己免疫疾患から遠ざかることができます。

Photo_3

まだ医師も栄養士も知らない新栄養素で、「糖質栄養素」と呼ばれる分類の栄養補完は非常に新しく、補完栄養補助食品を扱う専門家でも、ほとんどの人はまだ聞いたことがないか、聞いたとしてもその重要性を十分に理解していないのが現状です。健康な細胞を作るためにはビタミンとミネラルはもちろんのことですが、免疫システムを正常に機能させるためにも細胞間のコミュニケーションと免疫系のサポートに欠かせないのが、この「栄養素」なのです


Logo_2お問い合わせ・資料請求】⇒ 【コチラ】

人間の体は、常に自らが自らを治癒し、正していくものです。ただしそれは、体が本来の機能を果たすための“道具”をもっているときだけです。その道具とは、まさしく「糖鎖」です。これが正常に働くことで、健康な生活を送ることができるのではないでしょうか!

Photo_2

|

« ≪糖質栄養素≫【有用性のまとめ】 ≪免疫系の調節≫≪情報や本舗≫ | Main | ≪情報や本舗≫≪マクガバン・レポート≫≪OTA・レポート≫≪がん≫ »

【糖鎖】」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ≪情報や本舗≫≪花粉症≫≪糖鎖≫≪自己免疫疾患≫≪糖鎖の栄養素≫≪免疫システム≫:

« ≪糖質栄養素≫【有用性のまとめ】 ≪免疫系の調節≫≪情報や本舗≫ | Main | ≪情報や本舗≫≪マクガバン・レポート≫≪OTA・レポート≫≪がん≫ »