« May 2011 | Main | July 2011 »

≪情報や本舗≫≪抗ガン剤では治らない≫≪ニュース23≫≪近藤誠医学博士≫≪文藝春秋≫パート②

02baner
     ≪知って!ガッテン≫ASEAの公開資料


                                    

03347840
ネット検索でこんなものを見つけました(この本は手元には無いので真偽はお確かめを!)「現代用語の基礎知識」の1999年版に抗がん剤についての書き込み⇒

「厚生省の研究班は、手術後に使う抗がん剤について、「延命効果、生活の質の向上効果がない」と指摘した。といって研究班は、それら抗がん剤の市場からの回収を提言したわけではないから、現場では使われ続けることになる。患者側としては自衛するしかないだろう」と、あった!

Aa_2

1999年の3年前ガン医療を告発した医師がいた・・・「患者よ、癌と闘うな」というベストセラー本を書いている近藤誠医師【慶応義塾大学医学部放射線科講師】である、


Logo34ニュース23


Ab

今は亡き「筑紫哲也」の「ニュース23」に出演して「抗がん剤治療の90%は無意味」「手術はほとんど役に立たない」「がん治療は百害あって一利なし」と


2010年の月刊「文藝春秋」11月号の特集「医療の常識を疑え・・・CT検査でガンになる」年が明けて

News78178_pho01

2011年の月刊「文藝春秋」1月号では戦慄レポート 氾濫するがん特集では触れられないタブー「抗がん剤は効かない」というレポートを書いている!


なんでも「固形がんで抗がん剤を標準治療とするのは間違いで、抗がん剤には患者を延命させる力はないのです」と・・・・

Aaaa5f78be

2011年1月20日号の週刊文春に「『抗がん剤は効かない』は本当か」についての反論記事が掲載された!記事を書いたのは、国立がんセンター中央病院の勝俣範之氏とテキサス大学MDアンダーソンがんセンターの上野直人氏という腫瘍内科医です

Az【コチラで全文読めます】
腫瘍内科医「上野医師」が、この反論の「文春」記事を、許可を得て、自身のブログにリンクを貼っているので、ご覧下さいhttp://dl.dropbox.com/u/5155293/Kondou/Ueno_Katsumata_Bunshun_012011.pdf


Logo34_2

なんと今度は京都大学の武田俊一教授や広田耕志准教授らが、スイスのチューリヒ州立大学などとの共同成果で、抗がん剤が効かなくなる仕組みを解明したのです!


News2

■⇒【日本経済新聞】2011年4月5日の記事ですが⇒期限切れ・・キャッシュ機能で読むか!下記のサイトから ↓

≪コチラで読めます≫「がん治療のニュース」

週刊文春の反論記事か?と思いきや、「シスプラチン」と言う代表的な抗がん剤が、がん細胞に効き難くなる⇒仕組みを解明したことから、薬効が落ちない抗がん剤の開発につながる成果で・・・

8d5d8ccbthumbnail2


いざ鎌倉!と意見・見識が飛び交い、いつまで続くか?小田原評定ですかね・・・効く!効かない!はてさて、やはり、さらなる抗がん剤作りに励むということなんですね???

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪放射線≫≪放射能≫≪放射性物質≫≪内部被曝≫≪外部被曝≫≪自然被曝≫

Barner_2


もっと続きを読む糖鎖情報や本舗←こちらをクリック!

Btn_play_movie新作上映中!「糖鎖の働きをアニメで!」
今すぐ観る!ここをクリック!【4分44秒】                                    
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


Aao0640048011107951579_2


2011年3月11日の未曾有の大地震!大津波!その後の原発事故!と人にとって、計り知れない負の連鎖が・・3ヶ月たった今なお、人がつくり、人使うものは、正の試算には向かっていない!そして余震は続くとは言え自然により破壊された負の連鎖は、少しづつ徐々に、正の試算に入りつつあるようです


Aaaaimages


この大震災の三日後に東大医学部で放射線治療を担当する医師&原子力工学、理論物理、医学物理の専門家らが、急遽!原発事故に関して正しい医学的知識をと・・・ツイッター&【ブログ開設】をして解説していました

Ascao9a3o1_3

今回の福島原発事故で、放射性物質(=ヨウ素・セシウム・ストロンチウム・プルトニウム)が飛散しているのですが【放射性物質とは、放射能を持つ物質をそう呼び、放射能とは、放射線を出す能力のことだと・・・・≪補足:放射線とは電離を与える光や粒子のこと≫

Aq2_2放射性物質(=ヨウ素・セシウム・ストロンチウム・プルトニウム)の半減期


Asdca01q2nz_2

これは放射性物質の飛散は、大きな杉の木から花粉が飛散している状態と似ているのですが、大きな違いは、放射線は、ものを通り抜ける能力を持ち、放射性物質は目に見えないということです。


Camwuber_2


花粉同様に、体の中に取り込む可能性もあり、体内から「被ばく」する事を「内部被ばく」と言い、体の外からあびることを「外部被ばく」という・・・・■東大放射線科のチームは、深刻なのは「内部ひばく」の方だと警鐘しています!

Aaa41sudnwybtl

≪20年も経ってチェルノブイリの子ども達がセシウムの体外排出のために、りんごペクチン(アップルペクチン)摂っているのは、この理由なのか!≫

180pxsundown_and_cross_section_2参考記載記事はコチラから


■東大放射線科のチームは、そもそも放射線の被ばくがあるか?ないか?という議論は無意味なのだと、なぜなら、ふつうに生活を送っているだけで、私たちはみんな“被ばくしている”からです・・・と


Cavhhgob


国や地方によって違いはあれ、我々は日常生活で大気や大地宇宙・食料等から発せられる放射線を、浴びているのです【補足:世界平均で受ける自然被爆は、1年間に2.4mSv「ミリシーベルトという量だそうです】

A0028694_5521099

こうして放射線から受ける被ばくを「自然被ばく」と言い、mSv⇒ミリシーベルトと呼び、放射線が人体に与える影響の単位!【補足:1 mSv(ミリシーベルト)=ミリ(m)はマイクロ(μ)の千倍だから、 1000 μSv(マイクロシーベルト)】

この放射線量が医学的にどの程度の影響を持つ量なのか?ということが東大放射線科のチームのブログに詳しくアップされています

Aq2_3 【続きを読む】 

■team nakagawa≪チームナカガワの面々!≫


A021063420110326121700_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪オーランチオキトリウム≫【たかじんのそこまで言って委員会】≪ボトリオコッカス≫【渡辺信教授】≪代替石油≫

Baner
   (筑波大学ー環境・生物多様性研究室WEB内写真より)
                                         【たかじんのそこまで言って委員会】で昨年来勝谷誠彦氏が、ことある毎に「オーランチオキトリウム」といって石油と同じ物を作る「藻」が自然再生エネルギーで凄いのだと!・・・・

A200511_img_8

≪番組の大御所?「三宅久之」さんが、この「オーランチオキトリウム」の事を「オーランチキチキ」と言った言葉が、ヒョットして⇒≪今年の流行語大賞≫になるかも?と≫

A6b8a1e8bebae69599e68e88

この「藻」は沖縄の海に生息する昆布やワカメの仲間なのだが、光合成をせずに有機物を食べて生きているそうだ!そしてこの「藻」を発見したのが筑波大学の「渡辺信」教授
が発見した物だそうだ

Aaaaaaoranntiオーランチオキトリウム

≪多くの藻類は太陽光を利用して光合成を行うのだが、「オーランチオキトリウム」は有機物を取り込み太陽光を必要としないそうだ!葉緑体を持たない従属栄養生物で、周囲の有機物を吸収して生育する 炭化水素を作り出す藻類なのだ≫

PhotoTBS「夢の扉」で、世界がビックリ仰天の大発見!以前から注目されている「ボトリオコッカス」の10倍以上の石油生産する能力を持っているといわれている≪沼や田に油がよく浮いているのは、こうした藻の為せることだそうだ≫


20110225_02⇒■ボトリオコッカス

渡邉教授のチームは重油に相当する炭化水素を産生する「ボトリオコッカス」の研究を進めていたのですが、弱点が⇒培養時間が遅く、コストが高くつくと・・・ところが、なんと、この弱点を解決する、新発見があったのですね


Aaaaaa0205021011234767920


渡辺信教授が、2009年に沖縄の海から採集してきた藻類200株のうちのひとつが、その「藻=オーランチオキトリウム」」で、なんと驚きはその増殖スピードだったのだ比較すると、オイルの生成量は1/3だが36倍の速さで増殖するため、オーランチオキトリウムのオイル生産効率は、ざくっと計算してボトリオコッカスの12倍と云うから驚きだ!

そんなわけで、「オーランチオキトリウム」と「ボトリオコッカス」のコラボで生産するオイルは容易に燃料化でき、石油会社が持っている技術を利用すれば化学製品の原料にすることも可能だということ

Aranns

[渡邊教授]が発見したオーランチオキトリウムはアメリカで数兆円の予算を組み先頭をきって研究を行っていますがアメリカをも脅かす素晴らしいものなのです。

B816654be119ec303e3039ec63983d14


教授は、沖縄のマングローブの根っこで発見したらしいですが、詳しい発見場所は当然なことながら極秘です!


| | Comments (0) | TrackBack (0)

≪情報や本舗≫≪セシウム≫≪リンゴ≫≪放射能排出≫≪ペクチン≫≪原発事故≫②

02baner
パート③は【こちら】 大豆にはカリウム・カルシウムが豊富に・・・・


180pxsundown_and_cross_section_2


先に書き込みの ≪セシウム≫≪リンゴ≫≪放射能排出≫≪ペクチン≫≪原発事故≫ では、ヴァルター 内科開業医が、ウクライナの病院での現場臨床から「りんご」に含まれる「ペクチン」が、身体に取り込まれた放射能を排出するのに効果的ですと、スイス放送協会のニュースでしたが!

Radiationimg09


今回は、もう一件「ペクチン」の有用性を示すニュースが⇒それは、1996年にネステレンコという博士が、国立ゴメリ医学研究所のバンダジェフスキー教授と協力し、低レベルのセシウム137でも生体に損傷を与えることを示し、今まで無視されていた放射線発病の予防法の研究を開始したと・・・・

Photo

その年に、ネステレンコ博士はウクライナ厚生省推奨でセシウム137を吸収するりんごペクチンを服用すると1か月で子供の体内放射能が急減することを確かめ、西側のNGOの資金援助によりベラルーシの7万以上の子供にベルラド製のペクチン製剤を与え、

Redoxtitration

2007年までに160.000人を超えるベラルーシ(Belarussian )の子供たちに18日から25日の期間に亘り、「ペクチン」添加食品物(1日に5グラムを2回投与)を治療目的で服用させたということです16日間に渡って、セシウムの多かったグループ2と3の子供たちにアップルペクチンを服用させました。

5794556888_7ebacd0db8_b


その結果、アップルペクチンの服用はグループ2の子供たちの体内セシウム量を39% 減少、グループ3の子供たちにおいては28%減少させました(図1) 【クリック!拡大画面】

Photo_2

国の厚生省が以前に検査した45の村の子供の放射能を測定したネステレンコ教授は、政府発表の汚染度は1/6から1/8に低くしてあると1999年4月に発表し、

Moneybss_2


バンダジェフスキー教授は、ルカシェンコ大統領に報告書を送り、チェルノブイリ事故による健康被害の研究で国は160億ルーブルを無駄にしていると指摘しました。ところが大統領の命令で彼は7月13日に逮捕投獄されました

Button_switch_now≪補足情報:2000年になってロシアの厚生省は医者でないものが医療活動をしていると称してベルラドの体内放射能測定を禁止しました。ネステレンコ教授は承服せず抗告し、測定は医療行為でなく物理的行為であるとの裁定を得ました・・・・ネステレンコ教授は物理学者だったようです≫

Camera

■NHKで放送のチェルノブイリ原発事故その10年後

上記の事を、富山医科薬科大学”田澤賢次”名誉教授がチェルノブイリ地区の放射性物質からの開放について、コメントとして推奨できること」と要約をネット公開しています!そしてチェルノブイリの事故から子ども達のために尽力を惜しまない「ネステレンコ」博士のセシウムを縮減できるというペクチンの「臨床データつきの論文を訳文PDF」でコチラも紹介掲載していました

Photo_2


≪今でもベラルーシの子どもたちは、「ビタペクチン」という≪ペクチン≫に≪ビタミン≫を加えた物を食べているそうです・・・

リンゴを一個から2個食べることでも、かなりの効果があるのではないでしょうか?


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

Photo_7

【食物繊維「ペクチン」の有用性】
ペクチンは、あまり熟していないりんごや柑橘類の果皮に含まれる成分で、果物に豊富な食物繊維で、植物の細胞間の粘着物質で、不溶性と水溶性とがあります。不溶性のペクチンは未熟な果実に含まれており、熟成する
につれて水溶性に変わる特徴があります。

水溶性ペクチンは血糖値の急な上昇を防ぎ、コレステロールの吸収を抑制する作用があります。糖尿病や高脂血症、動脈硬化、胆石などを防ぎます。一方、不溶性のペクチンは、腸内の有害物質を吸着して排泄させる作用が
あって、とくに便秘や大腸ガンの予防効果があるとされます。≪ペクチンは、加工食品の添加物・胃腸薬にも活用されてもいます≫

Photo_3



| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2011 | Main | July 2011 »