« ≪情報や本舗≫≪ゲイリー・フェスラー=Gary Ferstler≫Power Lifter – ASEA Athlete | Main | ≪情報や本舗≫≪「放射線被曝には、これ以下なら安全」といえる量はない≫≪米科学アカデミー≫ »

フィトケミカル

フィトケミカルは数千年間に渡って薬として使用されてきた。ヒポクラテスは風邪への対処としてヤナギの葉を処方している。現代に入り、ヤナギの樹皮から抗炎症作用を有するサリシンが単離され、アスピリンの開発へと繋った。

重要な抗がん剤であるパクリタキセル(タキソール)もセイヨウイチイの木から発見されたフィトケミカルである。

フィトケミカルは必須栄養素とは異なり、通常の代謝には必要ではなく、摂取しなくとも欠乏症が起こることはない。広義の意味では、植物由来の化合物や栄養素を指す。

工業化された国家に住まう人々に見られる多くの病気は、食事にフィトケミカルが不足しているためだ、と主張する者も少数存在する。論を俟たないとされるのは、フィトケミカルは健康に良い機能を多く持っているという点である。例えば、免疫系の機能を向上させたり、バクテリアやウイルスに対して作用したり、炎症を抑えたり、がんや循環器疾患などに対して治療もしくは抑制効果があるとされる。[要出典]


近年、フィトケミカルを豊富に含む野菜が開発・販売されている。
スプラウトとは、野菜の種子の発芽して間もないものを、食用とするもの。スプラウトの語では主にブロッコリーやマスタード、クレスなどが指される事が多いが、かいわれ大根やモヤシもスプラウトである。発芽野菜、新芽野菜とも呼ばれる。


フィトケミカルの多くは果物や野菜の色素や辛味成分であり、抗酸化剤としても用いられ、体内では抗酸化物質として作用する。 例えばルテインはトウモロコシの黄色、リコピンはトマトの赤、カロテンはニンジンのオレンジ色、アントシアニンはブルーベリーの青のもとである。色素や抗酸化剤としての機能は共役した炭素?炭素二重結合によるものである。

フィトケミカルには抗発がん性 (en:Anticarcinogen) を示すものも多くある。疫学的研究により、果物や野菜に含まれるフィトケミカルはがんの危険性を減少させるという証拠が得られている。


かつてアメリカ国立癌研究所 (NCI) によって2000万ドルの予算でがんを予防するために、フィトケミカルを特定して加工食品に加える目的で、デザイナーフーズ計画 (designer foods project) が開始された[3]。 デザイナーフーズ計画では、がんに有効性のあると考えられる野菜類が40種類ほど公開された。その後、デザイナーフーズ計画はなくなった[4]。

|

« ≪情報や本舗≫≪ゲイリー・フェスラー=Gary Ferstler≫Power Lifter – ASEA Athlete | Main | ≪情報や本舗≫≪「放射線被曝には、これ以下なら安全」といえる量はない≫≪米科学アカデミー≫ »

【知って得する話】」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference フィトケミカル:

« ≪情報や本舗≫≪ゲイリー・フェスラー=Gary Ferstler≫Power Lifter – ASEA Athlete | Main | ≪情報や本舗≫≪「放射線被曝には、これ以下なら安全」といえる量はない≫≪米科学アカデミー≫ »